« [番外編] 最東端の町 | トップページ | 冬の蒲生田岬 »

2012年1月19日 (木)

[番外編 最終章] アルパカ

Dsc_0032

オーストラリアの動物といえば、コアラやカンガルーが
有名ですが、コアラを抱っこするツアーに行かなかったため
姿をまったく見ていません。ゴールドコースト周辺はコアラの
好きなユーカリの木が多くあるため、野生のコアラも沢山
いるらしいのですが…。コアラは「寒がりで暑がり」
わがままな動物らしくcoldsweats01、この夏の時期は木の根元の
涼しい場所でじってしているそうです。
だから車で走っていては見つけられないとのことです。
ちょっと残念でした。
変わりにアルパカの紹介をします。南アメリカのペルーや
ボリビアが原産のラクダ科の動物で、良質の毛が採れる
ので古来から衣服の原料として飼育されてきました。
ツアーの途中で立ち寄った牧場でアルパカの頭を
撫でてやりましたが、ほんとに柔らかくフサフサしてました。

Dsc_0043

※上写真:夏前に頭以外の毛を刈られてスリムになっています。おとなしくて
この位置に立ったまま、みんなに頭を撫でまわされていました。wobbly

※下写真:元々、海抜3500~5000mに暮らしていたので、暑がりなんでしょう。
ほとんど木陰に集まっていました。

番外のオーストラリア編はこれで終わりです。
見ていただいてありがとうございました。ペコリ

« [番外編] 最東端の町 | トップページ | 冬の蒲生田岬 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« [番外編] 最東端の町 | トップページ | 冬の蒲生田岬 »