« [番外編] 世界遺産の森を訪ねる | トップページ | [番外編] 最東端の町 »

2012年1月18日 (水)

[番外編] 土ぼたるのプラネタリウム

Hotarus1

↑撮影禁止なのでイメージです。

土ぼたるを観察するツアーに参加しました。
ゴールドコーストより内陸に60㌔ほど入った国立公園内にある
ナチュラルブリッジという所です。
暗闇のなか足元だけを照らす懐中電灯をたよりに、遊歩道を
ガイドさんの案内で進んでいくと、森のなかに無数の光りが見えました。
機会があれば写真を撮ろうと小型の三脚を持参していましたが、
撮影は禁止されているということで、やむなく肉眼でしっかり目に
焼き付けることにしました。
滝が流れ落ちる洞窟内の天井には、星をちりばめたように無数の
青白い光りが輝きとても幻想的でした。
森の静けさと、ほのかな灯りを全身で受け止め心が浄化されました。

※きのうは昨年11月に亡くなられた写真家の荒井賢治さんの写真展を
見にいきました。受付には奥様の他、顔なじみの新浜写真クラブの皆さんも
応援に駆けつけていました。
5年の歳月をかけライフワークとして精魂こめた力作ぞろいの作品展に
在りし日、一緒に仕事させていただいたことを懐かしく思い出しました。
奥様によると、もう一度インドに行きたかったらしく遺骨を
ガンジス川に撒いて望みを叶えてあげるのだとか… はや四十九日。
僕の中では大きな存在でした。どうか安らかに黄泉の国でお眠りください。

« [番外編] 世界遺産の森を訪ねる | トップページ | [番外編] 最東端の町 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« [番外編] 世界遺産の森を訪ねる | トップページ | [番外編] 最東端の町 »