« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月30日 (月)

市宇の棚田(上勝町)

Dsc_0179

市宇の棚田で田植えの準備が始まっていました。
「天上の楽園」というキャッチフレーズがぴったりくる
市宇地区は県道上那賀線から分かれ道をさらに上に上に
あがったところにあります。説明が微妙ですね。happy01
のぼり旗以外、これといった目印が無いので、
地区の場所を説明するのは難しいです。
昨年秋に上勝町であった「全国棚田サミット」が行われた
会場でもあります。
田んぼに水が張られ趣が変わり、なにか良い感じです。
こんな景色好きだな~。
(12.4.29写す)

Dsc_0195

▲市宇地区に来るまでにあった半鐘と八重桜。

   半鐘、めちゃめちゃ懐かしい。

2012年4月29日 (日)

朝の阿波しらさぎ大橋

Dsc_0008

今朝はどこか海のほうに朝の写真を撮りにいこうと
していたのですが、起きたのが5時ちょうど。
普通は遅くないのですが、日の出の時刻が5時14分なので
間に合いません。
こんな時に限って綺麗な朝焼けになりました。
またサボって自宅より。
(12.4.29写す)

大川原高原のカタクリ

Dsc_0112

佐那河内村の大川原高原にカタクリの花が咲いています。
カタクリは北海道、本州などに広く分布していますが、
四国と九州では稀だと言うことです。
およそ7㎝ぐらいの小さな花で何気に歩いていると、
見過ごすほど、ひっそり下向きに咲いています。
恥ずかしがり屋なのかも知れませんね。初ヤツhappy01
だが、スプリング・エフェメラル(春の妖精)と呼ばれるほど、
愛らしい姿で登山者に人気の花です。
カタクリは地表付近の温度が13℃を超えないと日中でも開かないと
いいますが、昨日は27℃を記録し暖かいと言うより
暑くてたまらん一日でした。
(12.4.28写す)

Dsc_0006

▲もう~、春を飛びこして夏だー。のんびり草を食む牛たち。

2012年4月28日 (土)

神光寺の藤

神山町、神光寺の「のぼり藤」が見ごろをむかえています。
今年は前の田んぼに菜の花が植えられ、紫色と黄色がコラボしています。
近づいてみると藤独特の甘い香りがしますが、この匂いに
誘われてやってくる熊蜂もたくさん飛んでいます。
この時期の熊蜂は刺すことはなさそうですが、耳元でブンブン飛ばれると
気持ちのいいものじゃありませんね。
「あっちへ行け~!angry」と追い払いたくなりますが、
手を挙げるとやばそうなのでそっと写真を撮りました。

Dsc_0025

▲上の方の花の付きがいまいちですが、部分的に見れば綺麗です。

Dsc_0047

▲そういえば、誰かが言ってたな~。仏さんは紫色が好きなんだって。
  だからお墓には紫の花を飾るといいんだって。

2012年4月27日 (金)

てくてく「阿波しらさぎ大橋」

Dsc_0056 Dsc_0003a Dsc_0051a Dsc_0012

4月25日開通になった阿波しらさぎ大橋を昨日の夜と
今朝散歩がてら歩いてきたのでレポートします。
その前に僕の住んでる住吉4丁目の前の通り、
住吉センターストリートが物凄く交通量増えたんですけど…coldsweats01
ちょっと近所まで車で出かけるのに、なかなか動きません。
早く落ち着いてくれたらいいんですけど…。sad

さて阿波しらさぎ大橋ですが、車道とは別に
自転車・歩行者専用の側道が設けられ緩やかですが、
結構長い道が橋につながっています。
橋の自転車・歩行者道は幅およそ4mぐらいあり、途中には
休憩用のベンチも置かれ、なかなか快適です。
ジョギングやウオーキングで疲れたらちょっと一服できます。
いずれにしても通行者が快適に歩いたり走ったり出来るよう

配慮がなされている気がしました。

お近くの人はぜひ歩いてみてください。
(12.4.26、4.27写す)

右上:吉野川の中洲 この角度で初めてみました。
右下:早速歩く人、走る人がいました。

みちのく福島旅③ (番外編最終章)

三春の滝桜は有名な桜の一つです。
山梨の山高神代桜、岐阜の根尾谷淡墨桜と並んで
日本三大桜と呼ばれています。
桜の種類は紅しだれ桜で、樹齢1000年を越える
そうです。また滝桜と呼ばれるのは桜が満開になった時に
滝が流れ落ちる姿を形容しているのかと思えば、
この辺りの地名らしいです。な~んだhappy01
訪れた日の前日に開花宣言が出されたので、まだ
2~3分咲きといったところでしたが、やはり風格はありました。
早朝とか夕方に行けば1000年の威厳とか神秘さをもっと
感じられるかもしれません。
(12.4.24写す)

Dsc_0354a

▲左からみた滝桜 斜面にはえているのでこの角度が
  綺麗だと思うんだけど…。

Dsc_0380

▲正面やや左下から見た様子。

Dsc_0412a

▲正面 滝桜をぐるっと散策できる歩道があります。
 平日にもかかわらず、大勢の見物客が来られています。
 日本人はほんとに桜が好きなんですね~。smile

 

2012年4月26日 (木)

みちのく福島旅② (番外編)

Dsc_0288a Dsc_0253b Dsc_0276a Dsc_0342a

福島市の花見山にやってきました。
山一面が白、ピンク、赤に染まり写真家の故秋山庄太郎が
「福島に桃源郷あり」と大そう気に入り、毎年やってきたと
いうのも頷けます。
花見山を彩るのはソメイヨシノ、モモ、レンギョウ、ボケ、モクレンなど
およそ12種類の花々です。これらの花々がほぼ同時に咲くので
それはそれは見事なものです。
もともとこの地方は養蚕が盛んで、蚕のシーズンオフに切花になる植物の
栽培をしていたということです。なるほど納得。

(12.4.24写す)

2012年4月25日 (水)

みちのく福島旅① (番外編)

きのうはブログ休みました。
と言うのも23日、24日と東北、福島に桜を追いかけて
行ってたからです。まあ、単なるツアーに参加した
だけなんですが…happy01

今日、明日と福島のご紹介をします。

Dsc_0120a

▲鶴ヶ城天守閣から見る会津若松市街。 
 遠くにまだ雪をかぶった会津磐梯山

Dsc_0147a

▲現在の鶴ヶ城(若松城)は昭和40年に鉄筋コンクリート造により
 復元された。内部は若松城天守閣郷土資料館として戊辰戦争などの
 歴史資料を残している。

2012年4月23日 (月)

吉野川のシラスウナギ漁 その三

4月末で今期のシーズンが終わる吉野川のシラスウナギ漁に
二晩に亘って行ってきました。

Dsc_0087_2

▲吉野川大橋南岸では川に浸かってシラスを獲る人と
漁船が約5隻とやや少なめ。大橋の上からではまったく
絵にならずここにやってきた。
(12.4.21 2:26)

Dsc_0228

▲この日は低気圧通過に伴う天気で大荒れ。雨は時おり降る
程度だが、風は非常に強くうねりがある中2隻の漁船がでていた。
南風(まぜ)が吹けばいいとは言うが強すぎる。
この日の二人は「勇者」だ。
(12.4.22 1:30吉野川橋 北岸)

2012年4月22日 (日)

嵐の記念大会 第5回とくしまマラソン

めちゃくちゃな風と横殴りの雨という、かつて無い
悪コンディションのなかで「とくしまマラソン」が行われました。
阿波しらさぎ大橋を通すため徳島市福島という異例の地点が
スタートになりました。
僕はスタートだけ撮ったら、すぐチャリで吉野川橋に向う
予定だったので、対抗車線から走ってくるランナーを
斜めに撮る変則な構図になりました。

_dsc0019

▲スタートの号砲とともに勢いよく飛び出すランナー。先頭の2人は

 パフォーマー!?(失礼) この頃はまだ小雨だったが…。

_dsc0037

▲吉野川橋のアンダーパスをトップで通過したのはこのランナー。

_dsc0054

▲第2集団。ここは追い風で走りやすそう。

_dsc8564

▲ここ橋の下ですが、まともに雨と風があたる。

_dsc8592

▲追いかけていって撮影したがレンズに水滴が…。ごめんよ~

まともな写真じゃなくて。

_dsc8607

▲いえ~い。

_dsc8601

▲これもとっさでピンボケ。失礼happy01

_dsc8615

ゲストの高橋尚子さんがスタートのあいさつで言ってましたが、

コンディションが悪い大会ほど思い出に残っているとおっしゃっていたが、

ランナーの皆さんまずはお疲れさん。

はな・はる・フェスタ2012 2日目

Dsc_0159

去年までは仕事で毎年行っていた、はな・はるフェスタ。
今年はいく用事は無くなったのですが、天気がいいので
ふらっと寄ってみました。
しかし、目的が無いと力はいりまへんな~。happy01
会場では旧知のカメラマンや広告制作会社の社長さんとざくっと
話をしただけで早々に帰ってきました。
今日は「とくしまマラソン」の当日ですが、このブログを書いてる
いまの時間(AM6:50)は風が強く、雨も降ってるようですが
開催が決定されています。
取材する予定ですが、これ以上雨も風も強くならないで欲しいですね。
ランナーの皆さんは大変だろうけど、無理しないでがんばってね。

Dsc_0173

[おまけ] 上記広告制作会社の社長がオーナーをしている
        「ラーメン店 どん」のラーメン食べてみました。
       この味、僕の口には合うな~。

2012年4月21日 (土)

田園と教会

A

このところ阿南に用があって3日連続で朝から
夕方までおりました。阿南バイパスを通るたびに気に
なっていたものがありました。
それはこの教会です。
田んぼの中にポツンとある姿がどうみても、
日本的じゃないんですよね~happy01 教会側から言うと
べつに日本的である必要もないんだけど…。
なんか田んぼと教会はミスマッチのようですが、
写真にするとしっくりするのは気のせいでしょうか !?
(12.4.18写す)

2012年4月20日 (金)

雲と田園

Photo

那賀川町を通りがかりに見た田園風景に
雲がたなびき何か惹かれる景色でした。

田植えの季節です。
いつの間にやら、ツバメが飛び交い巣作りに励んでいました。
一週間が早いどころではなく、ひと月があっという間の
今日このごろ。
(12.4.18)

2012年4月19日 (木)

北島チューリップ公園

久しぶりに北島のチューリップ公園にいきました。
園内には62品種、約45,000本のチューリップが植えられているそうで、
あまり見たことの無いようなチューリップもありました。
徳島は新潟、埼玉に次ぐチューリップの産地とのことです。
知らん買ったなあ~。happy01 なかでも北島町は年間約100万本の
チューリップを京阪神や徳島の花市場に出荷しています。
徳島のチューリップ栽培は戦後まもなくして始まったようで、
長い年月をかけて栽培ノウハウを蓄積して色の鮮やかさや
日持ちのよさなどの品質は高く評価されているそうです。

(12.4.14)

Dsc_0051 Dsc_0066

2012年4月18日 (水)

新緑シーズンを前に (フイルム編)

07512

桜のシーズンが終わると山々は一斉に若葉が芽吹き、
衣替えしたように鮮やかな緑に変わります。
そんな清清しい季節がもう目の前にきました。
新緑は生命力に満ちて、見るだけで元気をもらえます。

本日の写真は三好市山城町の殿野という高台にある
地区から吉野川の小歩危(こぼけ)を見下ろしたところです。
もうこの頃になると吉野川の急流をラフティングで楽しむ
人たちが増えて、本格的な観光シーズンの幕開けです。

[余談] この写真はフジフィルムのFORTIA SP(ISO50)という
期間限定で発売されたポジフィルムをペンタックス645Nで
撮影したものです。彩度が非常に高く風景向きのフイルムでした。
ポジはいい色出しますが、今となっては高値の花になりました。
(07.5.12写す)

2012年4月17日 (火)

高開の芝桜

Dsc_0016 Dsc_0036 Dsc_0030_2 _dsc0004_2

石を巧みに積み重ねて畑を作り、少ない耕作地を
効率的に生かした「高開の石積」先人は知恵を絞り、汗を流し
この石積みを作り上げてきたのでしょう。
春は芝桜、冬はライトアップで過疎の町に人を
呼ぶ工夫をしています。
15日の日曜に高開の石積を訪ねました。道路が混雑すると
思ったので朝早く出掛け、ゆっくり散策することができました。
色とりどりの花々が咲き誇って見ごろでした。
(12.4.15吉野川市美郷の高開地区で写す)

2012年4月16日 (月)

梨の花と菜の花

Photo_2

吉野川北部の松茂町、北島町、鳴門市では
梨栽培が盛んです。昔はかた~い長十郎梨をよく食べた記憶が
ありますが、今は幸水、豊水が主流になって甘くて瑞々しい
梨がお盆前から食べられるようになりました。
この時期は梨畑に白い可憐な花が咲いて農家は
家族総出で梨の受粉作業に追われます。
(12.4.14北島町で)

[追伸] 今朝の徳島新聞に鳴門の受粉作業が載ってました。

あの受粉作業を以前取材させていただいたことがありますが、

とても根気のいる作業です。

Dsc_0007a

(08.4.11 松茂町の梨畑にて)

2012年4月15日 (日)

大北のしだれ桜

Photo

ここのしだれ桜は風景写真を撮る人なら誰もが知っていると
言っていいほど有名です。
しだれ桜の手前に菜の花、水仙、芝桜が植えられ
とてもカラフルです。一昔前に比べると量が少なくなって
いますが、それでも脇役として主役を充分引き立ててます。
(勝手なことを言っていますが、毎年花の世話をしてくれている、
このお家の人に感謝しないといけませんねhappy01

厳かな感じを出したくて早朝に行ってみました。
長いこと続いた徳島の桜シリーズは今回で終わりです。
見ていただいた方々有難うございました。
(12.4.13美馬市木屋平大北で写す)

2012年4月14日 (土)

ふたたび桜堂のひょうたん桜

Photo Photo_2

今回の脇町、半田の桜撮影のフィナーレは10日に行った
桜堂(貞光)にまた行きました。
朝の青白く妖艶な姿もいいですが、夕日がサイドから当たる姿は
また格別です。いろいろ楽しませてもらいました。

右:西日が吉野川を赤く染める。

(12.4.12写す)

岡見堂のエドヒガン桜

Photo_2 Photo_3

つるぎ町半田紙屋地区にやってきたのは午後3時を
回っていました。あっちこっちで道草をして遅くなりました。
ここの桜を見るのは初めてです。小高い丘に2本のエドヒガンがお堂を
挟むようにそびえています。
逆光で木の部分が暗くなって分かりづらいですが、
2本とも相当な樹齢の桜です。丘の上から集落を見守るように
立つエドヒガンはこの地域のシンボルであり、誇りであるように
思えました。
(12.4.12写す)

2012年4月13日 (金)

脇町広棚の芝桜

Photo

八百萬に行ったら、次は広棚の芝桜と定番のコースを
今年もいってみました。
芝桜は少しまばらなところもありましたが、それでも
充分楽しめます。芝桜、菜の花、水仙、三椏、レンギョウ、桜と
春満喫のコースです。

この後、大滝山を下りてデ・レーケ公園のチューリップを

横目で見ながら半田に急ぎました。
(12.4.12写す)

八百萬神之御殿の桜

Dsc_0011 Dsc_0020 Dsc_0088 Dsc_0290

ここのが本来のソメイヨシノだと思う。
脇町の八百萬神之御殿の桜はピンクが強く、八重桜のように
花にボリュームがある。
こちらの官長さんいわく、「うちのは一年を通して大切に世話してるので
よその桜と違うでしょ」とおっしゃる。
たしかに違う。奈良の吉野桜を見たことがあるが、それ以上だと思う。
肥やしをやり、害虫駆除の消毒を年5回するのだとか。
このように大切に育てられた桜は見ごたえあるのは言うまでもない。
拝観料1,000円払っても見る価値はあると思う。今週いっぱい見ごろ。
(12.4.12写す)

左上:圧倒的な存在感で桜が迫ってくる。
右上:枝の先まで花が付き密度濃い。
左下:おしあい、へし合い。
右下:対面の大滝山より。およそ1万本の桜が植えられている。

2012年4月12日 (木)

貞光の桜

Dsc_0007a_3 Dsc_0049_6

きのうの雨と風で市内近辺のソメイヨシノは
だいぶ散りました。今年はほんとに見ごろが短かったです。
ジョギングをする近所の散髪屋さんの話によると、早朝徳島中央公園の桜が
道にビッシリ落ちて雪を敷き詰めたようだったと言ってました。
新雪のように誰も通ってない「桜の道」はごっつーい良かった
とのこと。あいたー。朝のとっぱちに行けばよかったな~。happy01その人が
走る前にsmile

本日の桜はつるぎ町貞光の桜堂ひょうたん桜(左)と吉良のエドヒガン(右)です。
ひょうたん桜は4~5年ぶりに行ったので、道が合ってるか心配でしたが、
道案内の看板で助かりました。5~6分咲きで来週初めまではいけそうです。
吉良のエドヒガンも5分咲き程度でこれも来週初めまでいけそうです。
(12.4.10写す) 

2012年4月11日 (水)

川口ダム湖の桜

Dsc_0029 Dsc_0050 Dsc_0046 _dsc0036

那賀川の上流、川口ダム湖の桜です。
ここも丁度見ごろを向えてました。国道を走ってると
すぐ目に付くので広場に車をとめ何人もの人が
写真を撮っていきます。
このダム湖から上流に桜並木が続き、とても風情が
あり好きな場所のひとつです。

[余談] このブログを書いてから、友達のライターさんのブログを見ると、

4枚中2枚が同じような写真でびっくり。目の付け所が一緒で笑ったhappy01

左上:川口ダムと桜。ヤマザクラも混ざっている。
右上:あいあいランドに渡る橋から。柵の曲線が美しい。
左下:ダム湖南岸。鯉のぼりは横に吊る!? のがこの辺の
慣わし? このお宅以外に2~3軒見たな~。
右下:ダム湖を彩る桜とレンギョウ!?

(12.4.9写す)

2012年4月10日 (火)

勝浦川の土手の桜

Dsc_0075 Dsc_0099

もう桜シリーズ飽きましたか。でも、まだまだしつこく
続きますよhappy01
新浜の勝浦川橋たもとの桜です。朝の光がきれいだったので
撮ってみました。背景が少しうるさいですが桜の木は
立派です。
もう1枚は勝浦川の朝の様子です。

日峰の桜

Dsc_0056 Dsc_0067 _dsc0031 Dsc_0005

津乃峰山(阿南市)、中津峰山(徳島市)、そして日峰山(小松島市)を
「阿波三峰」と呼びます。昔からこれらの山の位置関係から
航海上の目印とされていたようです。
その内の一つ日峰山の桜を取材してきました。しかも朝と夕方の2回happy01
ご覧ください。
(12.4.9写す)

左上:朝の日峰。眼下に大神子海岸が見える。
右上:ソメイヨシノにヤマザクラ、赤っぽいのは何か分かりませんcoldsweats01(朝)
左下:日峰中腹のヘヤピンカーブ。よくある手ですが、遊んでみました。(夕)
右下:夕方の日峰。柔らかい光が山肌を赤く染める。

2012年4月 9日 (月)

袋井用水の桜

ここの用水の桜は見ごたえあります。水面に映る姿も美しい。

袋井用水ができたのは江戸時代の中期。庄屋の楠藤吉左衛門が、
干害に苦しむ農民を見かね、1699年に水源地を掘削。
以来、約80年かかって島田、庄、蔵本各村に水路がはりめぐらされた。
水源地の三方を堤で囲み、袋から水が出るような姿だったため、
「袋井」と名付けられたと伝えられる。

昼の姿もいいですが、薄暮の迫る桜並木はなんとも妖艶です。
(袋井用水/徳島市鮎喰町)

Dsc_0015a Photo

きのうは昨年11月に亡くなられた写真家の故荒井賢治さんの
納骨を兼ねた記念碑の完成式に参加させていただきました。
奥様、由子様の呼びかけに、ゆかりの人約60人が参列しました。
佐那河内村の生家裏の小高い丘に建てられた記念碑に
檀家住職による法要のあとご遺骨が納められました。
おりしも荒井さん夫婦が結婚した年に植えたという桜が満開でした。

Dscf1370 Dscf1368

2012年4月 8日 (日)

変な天気の正体

Dsc_0003a

昨日の徳島は朝から冷たい雨が降ったかと思うと、
急に晴れたりとクルクル変わる天気でした。
西の方は雪が降ったようで、行こうと思っていた
山城、塩塚高原の野焼きは降雪のため中止となりました。

(12.4.7写す)

徳島中央公園の桜

お花見のシーズンには、いつものウオーキングコースを
少し変更して徳島中央公園の夜桜を見物していきます。
ざっくり見たところ、会社ぐるみの桜見物は減り
変わって若者グループや家族連れのほうが多いように思います。
まあ、こんな時代ですから会社も桜にうつつを抜かすなら
少しでも仕事をせよ、ってところですかね。happy01

まったく余裕を無くした会社にクリエイティブなことは
出来ません。しんどくても一年一度の桜見物しようという
心意気、お祭り精神が要りますね。

Photo_2

▲この位置で城跡を見ると角の部分が突き出して見えます。(早朝撮影)

Photo_3

▲宴の後。散った花びらと酒の匂いが…。

2012年4月 7日 (土)

市山煙火商会の桜

Photo

今朝、小松島の花火屋さん市山煙火商会さんの
夫婦桜を撮らせてもらいました。
あいにくのストレンジウエザーでカメラも本人も雨に
濡れながらの撮影です。

ここは以前自分が編集担当していたグラフ誌で
紹介させていただいたことがあり、懐かしくもありました。
相変わらず威風堂々とした風貌で、

暗い中でも存在感がありました。

(12.4.7写す)

バス停の桜

Dsc_0096

なぜか桜の咲く頃に、ここを通ると立ち止まり、
写真を撮ってしまうんですよ。
この古ぼけたバス停小屋と停留所の看板。しかも寄井東の文字
かすれてるし…。happy01
どうしてここに惹かれるか、よくよく考えてみると
「春→新しい生活→旅立ち」を連想させるからだと思います。
高校卒業ぐらいの時のことを思い出し、それぞれが新しい道に
進むため別れがあり、感傷に浸ったことを
心の片隅で覚えてるのでしょう。

Dsc_0056

車に乗ると松山千春の「青春Ⅱ」が頭に浮かび、口ずさんでいました。

ウンウンと頷いたあなた。相当なトシでんな~。smile
(12.4.5 神山町で写す)

2012年4月 6日 (金)

眉山の桜

Dsc_0010

眉山中腹から徳島市街を見た様子です。
徳島は1日に開花宣言が出されて、わずか4日で満開宣言されました。
「んな、あほな」こんな急に咲かれると、じっくり
楽しもうと思っているのに焦ってしまいます。coldsweats01

この写真の場所、実は霊園です。ここで撮影したあと
3年前に亡くなった年上の友達の墓参りをしてきました。
満開の桜の下でもう一回お花見したかったなー。
(12.4.5写す)

東照寺のしだれ桜

徳島市福島にある東照寺さんに朝からオジャマして、
しだれ桜の写真を撮らせてもらいました。
(早朝なのでお断りしていませんhappy01
夜、ウオーキング途中にライトアップしていたのを見て
やってきました。2本あるうちの本堂横のを撮らせてもらいました。
支柱で補強しておりますが、ご覧のとおり見事に咲き誇っています。
エエもん見せてもらって、朝から幸せ気分に浸りました。

まだまだ桜シリーズ続きますよ~。
飽きるまでお付き合いください。coldsweats01

(12.4.5写す)

Dsc_0014 Dsc_0030a

▲ホワイトバランス(太陽光)2枚とも

2012年4月 5日 (木)

薬王寺の桜

23番札所の薬王寺桜は昨日の時点でほぼ満開でした。
火曜日の強い風の影響も見られず元気に咲いてました。
見ごろは今週いっぱいでしょう。
(12.4.4写す)

Dsc_0042

▲やっぱりシンボルの「ゆぎ塔」入れないとね。

Dsc_0045

▲綺麗に掃き清められた参道

荒れ狂った春の嵐

Dsc_0103 Dsc_0382 Dsc_0123 Dsc_0376

おとといの低気圧は風が強かったですね~。
こんな時は普段と違うものが見られるんじゃないかと
興味津々で吉野川の河口に行ってきました。
(まるで子どもと同じだな~と言われそうですがhappy01

白い波頭があっちこっちで立ち、穏やかな吉野川の表情が
一変してました。時おり横殴りの突風が吹き、カメラごと
飛ばされるんじゃないかと思いました。
(これ冗談じゃなくホント。両足つっぱってないと持っていかれます)
堤防を歩いている人も風でこけた人もいました。危ない、あぶない。
でも面白い絵になったので、ちょっと満足。

(12.4.3写す)

2012年4月 4日 (水)

今年で見納めと言われると…

裁判所の桜が庁舎の建て替えで東側(国道側)の桜12本を
伐採すると昨日の新聞に載っていた。
「今年で最後」と言われると特別な思い出はなくても、なんとなく
記録しておく必要に迫られて出かけてきました。
しかも昨日は台風並みの暴風が吹くとのことで咲いたばかりの
桜が散るんじゃないかと急いで行ったしだいです。happy01

そういえば、東の角から2本目の木はいつも他の桜より開花が早く、
「ませた桜じゃ」と思っていました。昨日行ったときも
はや、葉っぱがチラホラ目立ち葉桜になりつつありました。
この「おませさん」も含まれているのかな~。
だとすると、少し寂しい気持ちになってきました。
(12.4.3写す)

Dsc_0026

▲ほぼ満開になった裁判所の桜。通りを歩く人も見上げていってました。

Dsc_0043_2

▲歩道橋の上から。

2012年4月 3日 (火)

台風一過のような…

Dsc_0071

本日の昼下がりは風は強いものの、東の空には
夏雲のようなモコモコした雲がかかっていました。
それにしても今日は変な天気でしたね。この時期に台風並みの
低気圧が日本海で発生して日本列島を縦断するなんて。
台風並みだったらスカっと晴れるのかと思えば今、風呂から出て
窓の外を見ると雨が降っています。やはり台風の出来そこないでした。

(12.4.3自宅マンションより)

明王寺のしだれ桜

Dsc_0012

1日の日曜に神山町の明王寺を訪ねてみました。
お目当てはもちろん境内に二本あるしだれ桜です。
遠めから眺めると随分咲いてるなと思ったのですが、
まだ3部咲きといったところで、もう一本のしだれ桜は
ほとんど咲いていませんでした。
今週土日が見ごろといったところでしょう。

この写真の場所で少し前から探していたものを
みつけました。それは「いでぼし」です。サツマイモを
茹でて干したものが転じていでぼしとなったものと思われます。
オーブンで焼いて食べてみましたが、意外に堅く
噛むのに往生しました。子どものころはよく食べた記憶が
ありますが、そしゃくする力が衰えたのかな~happy01

Dsc_0022

2012年4月 2日 (月)

一足早くお花見 Ⅱ (フイルム編)

Photo

本日の桜はつるぎ町貞光の桜堂のひょうたん桜です。
国道から山のほうに入り、クネクネした九十九折の道を上がると
立派な桜があります。
この時は平日でわざわざ会社休んで行った覚えがあります。
今はまだプータロウなので好きな日に行けますが、勤めてると
「桜が咲いたので会社休みます」とは口が裂けても言えませんcoldsweats01
家の用事でどうしても休まないといけないぐらいの
軽い嘘をついて行きました。
自由に日を選べるのは今年ぐらいと思いますので、
朝から晩まで桜三昧しようと思います。happy01

2012年4月 1日 (日)

春告げる阿波踊り乱舞

本ブログのテーマが阿波踊りと徳島の自然となっているのに、
阿波踊りが非常に少なく、どないかせなアカンな~っと思っていました。
昨日、アスティ徳島でケーブルテレビ徳島の開局21周年を記念した
イベントがあり行ってきました。
天水、娯茶平、阿呆、蜂須賀と名だたる有名連ばかりの演技を
久しぶりに楽しんできました。
他にタケカワユキヒデのコンサートやお笑いライブ、アンパンマンショー
など盛りだくさんのイベントをしていましたがすべてパスhappy01

阿波踊りだけ見てきました。smile

各連ともこの時期としては、よく鍛えられていて息のあった
演技を披露しました。はな・はるも近いのでそれなりに練習を
しているのでしょう。そこそこ見ごたえありました。

Dsc_0277 Dsc_0454

豪快な暴れ踊りの男踊りと艶っぽい女踊り。動きを出すために傾けてみました。(阿呆連)

それにしてもステージに置かれた黒いスピーカー bearing だなあ~。

Dsc_0107 Dsc_0025

相変わらず切れのいい踊りの天水連。

Dsc_0217 Dsc_0161

笑顔が少ないよ娯茶平さんhappy01

Dsc_0566 Dsc_0523

おとなしめの女踊りと笑顔溢れる男踊り。(蜂須賀連)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »