« [番外編 Canada③] カナディアン・ロッキーの動物たち | トップページ | 新緑の土柱を歩く »

2012年5月12日 (土)

[番外編最終章 Canada④] バンフ

Dsc_0234

▲サルファー・マウンテンよりバンフの市外を見おろす。
 正面の山はカスケード・マウンテン(2,998㍍)

カナディアン・ロッキーの南の入り口、バンフ。
日本人が経営する土産店、OKギフトショップやピカ・ビレッジなどが
あり英語が苦手な僕は日本語で喋れるだけで安心です。

このバンフで2泊してチェックアウトしようとすると、宿泊代金を
請求されました。フロントの金髪のねえちゃんが早口で喋っているのですが、
何を言ってるかさっぱり??? なのです。
紙に金額が書かれてあるのでお金の話で、これだけ払ってと
言ってるのは分かるのですが…。
「んな、あほな~」ホテル代は日本の旅行会社を通じて支払い済みの筈ですが…。
その説明も英語では出来ません。家内が機転を利かせ、
迎えにきてくれる現地の日本人ガイドに事情を話してホテル側に説明してもらおう
ということになりました。
ほどなく日本人ガイドさんが現れ、ホテルと掛け合ってくれましたが
どうも上手くいきません。このガイドさんは日本の旅行会社の委託を受けて
空港までの送迎を依頼されただけの人なので、宿泊代金の支払いが済んでいるか
どうかは判らないのです。
飛行機の時間もあることだし、とりあえず立替払いをしてホテルを後にしました。

帰国して旅行会社に電話すると、相手はミスを認め平謝りされました。
立て替えた宿泊代と朝食代は戻してもらうことにしましたが、
まあ、無事に帰ってこられたので、それ以上お咎め無しにしました。
今までトラブルに見舞われたことはなく、それが当たり前と思っていた部分があって、
現実には色んなことが起こることを改めて勉強しました。

Dsc_0278

▲バンフ・アベニュー 一番賑やかな通り。正面にバンフの象徴
 カスケード・マウンテンがそびえる。

Dsc_0296

▲パッカ、パッカお馬がいく。観光馬車のようです。

Dsc_0092

▲週末にはキャンプでにぎわう。でかい車ばっかり。

Dsc_0327

▲まるで北海道の雰囲気でしょ。北海道といえばケンメリ。
 ♪いつだって、どこに~だってー♪ 虹のむこうへー 出かけよ~う♪
 今が 通りすぎて 行くまえに♪ 
  あー懐かし。このCMソング知ってるアナタ  相当の歳でんな。coldsweats01

Dsc_0333

▲マウント・ランドル(2,949㍍) そんなに高い山には見えないでしょ。
 僕が立ってるここで1,400㍍ぐらいあります。

番外編カナダ特集これで終わりです。

見ていただいてありがとうございました。

« [番外編 Canada③] カナディアン・ロッキーの動物たち | トップページ | 新緑の土柱を歩く »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

釋護法さん コメントありがとうございます。
日本人はほんとに英語喋れない人多いですよね~。
通常会話は別にして(通常会話も??ですが…)、トラブルともなると
対処の仕方が分かりません。
最近のツアー旅行は現地旅行社に委託を丸投げしたり、
間にいろいろ入ったりで複雑なことになってるようです。
だから予期せぬことが起こるんでしょう。
釋護法さんも酷いトラブルに巻き込まれたんですね。
済めば笑い話で終わりますが、交渉中はどうなるか不安ですね。happy01

海外でこういうトラブルあると、流石に対応が難しいですね。
私達夫婦もチェックアウト時に多額の請求をされたことがあります。
どうも前に泊まった人が精算しないで帰ってしまったらしくて、盛大にプールサイドバーベキューをし大いに飲食したようです。おまけに海外電話をかけ放題。
幸い、その時に我々は山歩き中というアリバイがありましたが、交渉仕切れずにツアリーダーにお願いしました。

ひめこまつサン コメントありがとうございます。
英語、ほんとにダメなんですよー。家内が少し喋れるぐらいで…
いままでトラブル無かったのが不思議なぐらいです。


国のスケールの大きさとともに、体のでかさも感じます。
太くて大きい人ばかり見てると、これぐらい食っても大丈夫と
油断して帰ってヘルス・メーターに乗って唖然 !!think

hideさんは英語なんかペラペラちゃうん。
言葉の通じないところでのトラブルはもうなんだかって感じ。
そのうえお金払えにはこまりもんですね。
でも景色は日本では見られないスケールでホントに良かったですね。カナダ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« [番外編 Canada③] カナディアン・ロッキーの動物たち | トップページ | 新緑の土柱を歩く »