« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月30日 (土)

朝の鳴門

Dsc_0055a Dsc_0014a

きのうの朝は久しぶりに鳴門にいきました。
これから先の一週間は曇りか雨のはっきりしない
天気なので、唯一の晴れを活かさなければ…。
夜明け前に現地に着き、しばらくすると東の空と
海が焼けてきて狙いに近いものになりました。
(12.6.29鳴門土佐泊で)

小野ヤスシさんが亡くなり、昨日は地井武男さんも
亡くなられました。その前にはザ・ピーナッツの伊藤エミさんも。
個性派の人が相次いで、70代前半でこの世を去っていきました。
最近、新聞の慶弔欄で見るのはもっぱら「おくやみ」の
コーナーです。happy01
「おめでた」や「およろこび」は殆どスルーです。coldsweats01
人の幸せを妬み、人の不幸を喜んでる訳では
ありませんが、つい目がいってしまいます。

2012年6月29日 (金)

蓮の花

Dsc_0168a

松茂町、鳴門市のレンコン畑に蓮の花が咲き始めて
いました。泥のなかから、よくもあんな綺麗な花が咲くものだと
感心します。「蓮は泥より出でて泥に染まらず」という言葉のとおり、

高貴で日本人に馴染みの花です。
仏教では美しい姿が智慧や慈悲の象徴とされ、様々に意匠されています。
また7月の誕生花であり、夏の季語にもなっています。
これから暫らくは紅白の蓮の花が道行く人の目を楽しませる
ことでしょう。
(12.6.29鳴門市大津町で)

一宇 久藪あじさいの里

Dsc_0030 Dsc_0122 Dsc_0113 Dsc_0076

アジサイで有名な大川原高原とか内妻とか
塩塚高原などは何度か足を運んでいますが、ここは初めてです。
知合いのコピーライター氏と早朝待ち合わせ(ほんとに早い時間なんですよhappy01)
山間の集落に広がるアジサイの里に行ってきました。
狙いは霧のなかに幻想的にたたずむアジサイですが、
ご覧のとおりの天気でした。
でも地形から想像すれば、霧(雲海?)が出てもおかしくない
場所でした。霧とアジサイの共演は今度の機会まで取っておく
ことにします。
そしたら、また行く楽しみが持てます。
(12.6.27つるぎ町一宇で)

2012年6月28日 (木)

台風一過の灌頂ヶ滝

Photo

以前撮ったフイルムの整理をしていると、大雨の
後の灌頂ヶ滝の写真がでてきました。
雨の季節ですから、少し前にも紹介しましたが、
再度掲載いたします。
この時は台風が通過した翌日で、普段とは比べようのない
水量で圧倒的な存在感の灌頂ヶ滝がありました。
やはり落差が70m余りあると水量によって見た目が随分
変わります。雨が少ない時はほんとに
チョロチョロなんですけど…。
(灌頂ヶ滝 上勝町)

A1

▲滝の全体

2012年6月27日 (水)

晴れ間

きのうは梅雨の晴れ間で雲が多いものの晴れました。
晴れたら晴れたで蒸し暑かったですね。
少し動くだけで、ジトッと汗をかいてきます。
汗をかくのは嫌いではないですが、冷や汗・生汗は勘弁して
ほしいですhappy01
湿度が高いと食べ物が傷みやすくなるので、これからの
季節ご注意ください。防湿庫を持ってないので、この時期
いつもキタムラカメラに行ってカビストッパーを買って、
レンズのカビ除けに使っています。そのうえ、水とり象さんも
あっちこっちに置いてます。この前買ったと思ったら、
はや1センチも溜まってる。いつの間に…。

_dsc0126_1364

▲吉野川河口より紀伊水道をのぞむ。

2012年6月26日 (火)

轟神社夏祭り

Photo Photo_2

徳島県に三つある日本の滝百選の一つ、轟の滝の
夏祭りが7月8日(日)に行われます。
滝近くのお寺(龍王寺)からお神輿がでる珍しい祭りです。
神事の後、信者に担がれた神輿が滝壺に入る滝渡御があります。

この轟の滝あたりはパワースポットじゃないかと
思っています。なにか大きなエネルギーが潜んでいる気が
するからです。訪ねて行って、目に見えない神秘の力を

感じてみませんか。
場所:徳島県海陽町平井
(写真は普段の様子。フイルムによる撮影です)

2012年6月25日 (月)

ちょこっと夕焼け

Dsc_0040a

綺麗な夕焼けがあった次の日、カメラぶら下げて
また阿波しらさぎ大橋をウオーキングしました。
前日とは比べ物になりませんが、ちょこっとだけ
焼けました。
悔しがったので、神様がちょっとサービスして
くれたのかもしれません。
ブログをするようになって、今まで以上に自然現象や
季節を強く意識するようになりました。
まだ一年たらずですが、これからも美しい徳島を
探し続けようと思います。
(12.6.22写す)

2012年6月24日 (日)

美粧園のアジサイ

Dsc_0009 Dsc_0045 Dsc_0015 Dsc_0025

勝浦町横瀬立川地区の個人のお宅で育てて
いるヒマワリが咲いていると思い伺ったのですが、
この前の台風にやられ、無残な姿になっていました。
せっかく楽しみにしていたのに残念です。それ以上に

このお家の方は残念なことでしょう。
ここは昨年秋に赤そばを見せていただいた家です。
畑一面に黄色に染まった、ヒマワリを想像していたの
ですが…。

また来年育ててくださいね。

そんな訳で少し奥にある、美粧園のアジサイを
見にいくことにしました。
ここも個人宅で一般開放しています。
さすがにアジサイのほうは何事もなかったように、
見事に咲いていました。
(12.6.23勝浦町で)

2012年6月23日 (土)

雨後の吉野川

Dsc_0048 Dsc_0021a Dsc_0032a Dsc_0038

今週は雨が沢山ふりました。
台風4号に続き、台風5号から変わった熱帯低気圧の影響で、
吉野川は濁った大量の水が流れています。
大きい川なので、濁りが取れるまで暫くかかりそうです。
第十堰はつい2週間前は堰を越える水は無かったですが、
今はご覧の通りです。
よく言われる四国の水瓶、早明浦ダムもこれだけ降れば
満タンになったことでしょう。

左上:六條大橋たもとより、潜水橋の高瀬橋をのぞむ。
右上、左下:第十堰
右下:六條大橋

2012年6月22日 (金)

やはり… 

先日お伝えした住吉ボウルのピンが本日、
取り壊されました。
この写真には写っていませんが、犬を連れた
年配のご婦人が感慨深げに、腰をおろし
見入ってました。

Dsc_0003

▲ちょっと分かりづらいですが、真ん中やや左に
  ピンが写っています。

朝日と夕日

Dsc_0006

このところ天気が悪いので、綺麗な朝日が顔を出しません。
少しまえの写真ですが、タンスの奥から引っ張り出してきました。
日の出はきょうあたりが最北端で、これから徐々に南へさがって
いきます。それと同時に日の出時刻が遅くなっていきます。
いまは5時前に日の出を迎えるので、よほど目的がないと
起きられません…happy01

おとといの夕日は今年一番といえるほど綺麗でした。
が、そんな日に限って阿波しらさぎ大橋をウオーキング中で
カメラ持ってない!! しかも反対の歩道。悔しいな~bearing 
吉野川全体を朱に染める壮観な光景だったんだけど…。

201206201921001a

▲ええ~い、この際携帯ででも撮っておかないと気がすまない。happy01

2012年6月21日 (木)

ランドマークが消える!!

Dsc_0004

当ブログの趣旨とは少し違いますが、町内ネタを
一つ紹介します。
徳島市住吉にある住吉ボウルが雨が降るなか解体中で今日、明日にも
象徴だったボウリングのピンが取り壊され無くなりそうです。
誰もが一度はここでボウリングしたことがあると思いますが、
いかがでしょう。
またこの建物、近所に住む者にとっては場所を説明しやすく、
いわばランドマークの存在でした。
「市民病院の前の道を東、市場の方にいくと住吉ボウルがあるけん、
住吉ボウル分かるな~」「分かるよ~」
「そこら辺よ~」などと言う会話ができました。
これが無くなったら場所を伝えにくくなります。
それとも新たなランドマークが出来るのかな~happy01
(12.6.21写す)

勝浦川 濁流

Dsc_0015_2

台風4号の被害は少なかったようで何よりです。
ただ、上流は雨がかなり降ったようで勝浦川はご覧の
通りの濁流でした。
普段は水草や木が茂る川原はすべて水没し、草木は流されまいと、
必死に耐えていました。
6月に台風が来るということは、今年は台風の当たり年なので
しょうか。
(12.6.20写す)

2012年6月20日 (水)

日和佐の棚田

日和佐~由岐間に高規格道路ができて、時間短縮
できるようになると古い道(国道55号)は
あまり通らなくなりました。
先日、高知から徳島市内に帰って来る時久々に古い道を通り、
棚田を見てきました。
畦はきれいに草が刈られ、手入れが行き届いていました。
しかし、この辺りも動物の被害があるのか畦道に
網が張られていました。
先日紹介した「笹見のムクノキ」の田んぼは
鉄線が張られ、注意を促がす看板があり電流が流れている
ようでした。うっかり触れると感電死 wobbly  するので注意が必要です。
(12.6.17写す)

_dsc8736

▲田植え前の水が張られた夕方から夜の写真も
  面白いかもしれません。

2012年6月19日 (火)

台風4号 通過中

Dsc_0001

▲晴れの日はこの橋の後方に綺麗な眉山が見えます。

typhoon4号が四国沖を通過中と見られる時間に吉野川橋の
アンダーパスに下りてみました。風雨はそれなりに強い
ですが、車が揺れるほどのことはありません。
このまま車並みのスピードで通過していきそうです。

最近このアンダーパスの道路が高潮時に浸かるので、
およそ50cmほどの高さのミニ堤防が約100mに亘って
作られています。
でも所々に隙間があるように見えます。あれは
塞ぐのか、あるいはそのままにするのか気にかかります。

アジサイ

Dsc_0020 Dsc_0011

アジサイの写真も食傷気味なので、少し変化を
つけてみましたが、老眼が進むとただのピンボケ写真にしか
見えないな~happy01  もっと工夫しないと…。

台風が来てますねー、しかも二つも。
今日は朝から大雨になってます。
4号の方は今のところ四国直撃コースのようです。
雨不足は解消されるか分かりませんが、
出来たらそれて欲しいですね。

2012年6月18日 (月)

まいったな~

日曜は父の日ということで家内の提案で
海陽町の両親を高知に連れて行き、親孝行しようということに
なりました。
徳島市を出たのは土曜の午前11時。徳島はそれほど雨は降っていなくて
快適なドライブ。だが、阿南あたりで電光掲示板に
「東洋町以遠の国道55号は雨のため通行禁止」という表示。
でも迂回路はあるだろうと、そのまま南下して海陽町に到着。
両親を乗せて一路、高知に向けて出発。
だが、高知に入り国道55号は通行禁止で高知市内への
迂回路も無いとのこと…。えーうそ。coldsweats02 ほんまかいなー。
信じられへん。

でも今更、中止はできず徳島市に引き返し、
徳島自動車道に乗り、高知に向いました。やれやれwobbly
結局、ホテルに着いたのは土曜の午後6時30分。
四国を2/3周するぐらい走りました。
それにしても迂回路がないなんて、どうなっとんangry
まあ時間はかかったけど、無事着いて良かったですが…。

_dsc8695

▲笹見のムクノキ(牟岐町指定天然記念物 12.6.17写す)

2012年6月16日 (土)

勝浦川 鮎解禁

きのう15日は勝浦川の鮎解禁日でした。
県内の主だった川は那賀川の上流を除き、ほとんどの
川で解禁になりました。

Dsc_0014_2

行きつけの散髪屋のマスターの話によると、
僕の故郷の川、海部川は今年天然鮎の遡上が多く、
かなりの釣果が期待できると鼻息荒く語っていました。happy01
たくさん獲ってね。べつにおすそ分けはいいから。smile
鮎は別名、香魚とも呼ばれ獲ったばかりの鮎は、
なんとも言えない良い香りがします。
子どもの時、手に取ったときのスベスベした手触りと
香りは今でもしっかり覚えています。

Dsc_0044a

釣り方はおとりを使ったものが多く、鮎の縄張り意識の
高さを巧みに利用し、おとり鮎に仕掛けた針で引っ掛けます。
釣氏いわく、ガツンとした手ごたえがたまらないのだとか…。
きのうはその魅力に、はまった多くの釣り人が竿を出してました。
(12.6.15勝浦町で) 

2012年6月15日 (金)

今年のホタル

もうそろそろホタルの季節は終わりでしょうか。
ホタルの乱舞で有名な美郷や佐那河内に足を運びましたが、
のけぞるような光景に今年は出会わなかったなあー。
時間が来てもチョコチョコって出てスーって居なくなる
感じでした。いったいどうしちゃったんでしょうか。

Dsc_0014a

▲6月11日 吉野川市美郷で

Dsc_0039

▲6月13日佐那河内村で  これでは星野写真ですねhappy01

この前、テレビで面白いこと言ってたなー。
同じゲンジボタルでも関西と関東では光る時間に差があるのだとか…。
2秒間隔で関西のホタルは点滅するけど、関東のホタルは
4秒とゆっくりらしい。
関西キー局の番組なので、すかさず司会者が
「そんなん、当たり前でんがなー。関西人はせっかちでっセー」
「ほたるも同じやー」と突っ込み入れました。ははhappy01 ホタルと一緒かよ~。

黄昏(たそがれ)時

Dsc_0002a

古くは「たそかれ」と言い江戸時代以降「たそがれ」と
なったらしいです。薄暗くなった夕方は人の顔が見分けにくく
「誰だあれは」という意味で「誰そ彼(たそかれ)」と
言ったことから、「たそかれ(たそがれ)」は夕暮れをさす
言葉となりました。

たそがれはボーっと気の抜けた状態のような感じで
受け止められたり、人生の盛りを過ぎた年代を例えて
言うようにもなりました。それって、まるで俺じゃん。coldsweats01
いやいや、まだまだ黄昏る齢じゃない。ガンバラネバ!!

2012年6月14日 (木)

櫛渕のアジサイ

小松島市櫛渕といえばヤマモモがすぐ思い浮かびます。
6月下旬になれば、この辺の山は赤紫に熟した実がたわわに実ります。
ヤマモモが店頭に並ぶ時期は短く、あっと言う間に終わってしまい
毎年食べ損ねています。今食べるとそんなに美味しいものとは
思いませんが、子どもの頃に食べ親しんだ味は懐かしい。
口のなかが紫になるほど、喰ってみたい。coldsweats01

Dsc_0040 Dsc_0068

Dsc_0002 Dsc_0019

さて櫛渕のアジサイですが、山すその田んぼの脇道横に
ズラッと植えられていて中々綺麗でした。もちろん、どなたかが
育てているのでしょうが、様々な色の種類があり山と田んぼと
アジサイの組み合わせはいい雰囲気でした。
まだ見られると思いますので、行ってみてください。
ただ、駐車場などはありませんから、周辺の迷惑にならないよう
注意が必要です。

[アクセス] 徳島市方面から 立江(南へ)→右折して県道28号(西へ)→左山すそ

2012年6月13日 (水)

力はいるわ!

ワールドカップ予選をテレビで見てたけど、
不可解な判定もあり、惜しくも引き分けに終わりました。
テレビで見るピッチの状態はボコボコ、芝はところどころで
剥げ、日本のパスサッカーには明らかに不利。
相手はロングボールを多用して、パス1本で攻略しようと
いうのが見え見え。先制点を守れず同点に追いつかれたけど、
アウエーという事を考えれば負けなかったのは
良かった。それにしてもWC予選でも
テレビに釘付けで肩に力入りまくりです。happy01

Dsc_0218

本日の一枚は10日日曜の最後に寄った場所です。
寄ったと言っても道路脇から見られる滝です。
この滝、名前は無いのかな~。案内看板などは
無さそうなので、名無しのゴンベーさんのようです。
(12.6.10神山町上分で)

2012年6月12日 (火)

剣山スーパー林道から見えたもの

Dsc_0034 Dsc_0067

たぶん今でも日本一長いダート道、剣山スーパー林道。
この一部を走ってきました。神山町から入って、土須峠経由の
高城山を少し過ぎたところまで走りました。
相変わらずオフロードのバイクは多いのですが、
スーパーカブを乗りこなす一団(およそ20台)とも遭遇しました。
徳島、鳴門、小松島などほとんど徳島の愛好家のようで
あの細いタイヤでダート道を器用に走破するのが
可笑しかったな~。happy01  こけそうになりながら上手に足で
バランスをとる人もいて、慣れているんでしょうね。
その他、僕みたいに途中で車をとめて写真撮る人や
長くてでかい網を振り回して、蝶を捕る人など休日の
剣山スーパー林道は色んな楽しみ方があるようです。
(12.6.10写す)

左:森のなかにポツンと一本の白骨樹が…。
   トナカイの角みたい。
右:高城山を少し過ぎたところ。この辺りだけ木が
   まばらになっていました。どうしたんでしょうね。

2012年6月11日 (月)

おおつく谷

Dsc_0155 Dsc_0206

昨日は渓流をもとめて那賀町木沢方面に
行きました。梅雨に入ったといっても昨日の
徳島は朝から上天気。渓流の撮影をするには晴れすぎの
天気でした。ほんとは曇りが良かったのですが…
わがままなこと言ってますhappy01

神山からスーパー林道に向う途中、珍しい動物に
会いました。道路の向こうからこちらにテクテク
やってきたのはキツネでした。
タヌキ、シカ、ニホンカモシカ、サルなどは比較的
よく見かけますが、キツネを見たのは初めてです。
昼間でも化かされないよう気をつけねば…coldsweats01
(12.6.10那賀町木沢で)

2012年6月10日 (日)

住友菖蒲園

阿南市の個人のお家でショウブを咲かせ、
一般に公開されている住友さん宅を訪ねました。
実は5月中旬にも伺ったことがあったのですが、
その時はまだ早く、花は咲いて無かったので、
庭だけ見学させていただきました。

Dsc_0019

▲麦わら帽子の方がここのご主人の住友さん(造園業)です。

昨日土曜は見ごろで色とりどりの
ショウブが咲いていました。
見学の人も多く、いいもの見せてもらいました。
園内にはショウブの他、アジサイや絶滅危惧Ⅱ類に
指定されている水生植物の「アサザ」がちょうど花を
咲かせていました。
6月20日まで一般公開されています。駐車場は
近くの八坂神社に止めるようになります。入園無料。

Dsc_0058

阿南市那賀川町江野島872-3 
[アクセス]阿南バイパスを南へ行きコーヒーワークスの
先の信号左折。案内板にしたがって東(海方向)へ進む。

Dsc_0071

▲アサザ 

2012年6月 9日 (土)

中尾山(なこやま)高原

_dsc0014_1230

▲池の周りを散策することができ、別荘地の雰囲気です。

中尾山高原(美馬市木屋平)はグラススキー場が
あることで知られています。過去には世界選手権が
行われたこともあります。
ほかにコテージやオートキャンプ場などの設備を備えて、
アウトドア派には人気のキャンプ場です。
コテージに宿泊すれば、小鳥の鳴き声で清清しい朝を
迎えられそうですが、残念ながらその機会に恵まれていません。
その内と思いながら、もう10年ぐらい経ちました。happy01

_dsc2402_1262

▲標高1000㍍ぐらいあるので、アジサイは平地より
  遅く開花します。(6月末~7月中旬)

2012年6月 8日 (金)

水飛沫たなびく灌頂ヶ滝

Dsc_0041

▲滝を横から見る。時おり風にあおられ、細かい水滴が降り注いでくる。

上勝町の灌頂ヶ滝は落差約80㍍の直瀑で水量の少ない時は
ほんとに細い糸のような流れです。そのため滝壺はなく、
風のある日は右へ左へ飛沫がたなびき、まるで生き物の
ような動きをします。
そして別名「旭の滝」とも呼ばれています。滝の横の石段には
小さな祠が幾つか祀られ、昔から信仰の対象になって
きたのでしょう。
そう思うと、滝の飛沫が龍の舞のように思えてきました。

Dsc_0031_2

▲滝の断崖にピンクの花発見(写真左) なんの花でしょうか?

2012年6月 7日 (木)

田んぼのアジサイ

Photo Photo_2

阿南市新野町の田んぼの畦道にアジサイが咲いています。
国道55号を南に車を走らせていると右手に見えます。
この日は少し雨が降り、アジサイも生きいきしていました。
やはり6月に咲く花は少し雨がふり、しっとりした感じが
似合います。

昨日は金星が太陽の前を横切る珍しい天体ショーが
ありましたがご覧になりましたか。

肉眼では小さすぎて、あまりよく分かわかりませんでした。
望遠レンズで撮っても、ゴミが写ってるの? って感じです。
ちなみに距離は別にして金星の大きさ、直径1万2000kmに対して
太陽直径140万㎞。地球1万3000kmだそうです。

2012年6月 6日 (水)

[シリーズ 札所の美⑤] 第15番札所 国分寺

シリーズ札所の美の5回目は徳島市国府町の国分寺です。
実はどうして国分寺かというと、先週訪ねた美馬市の
本楽寺で庭の手入れをされていた庭師さんのお話で
国分寺の庭が庭師の目から見るといいとおっしゃってたので
来てみました。
素人(僕)の目には庭の良し悪しは分かりませんが、
徳島産の青石をふんだんに使い、しかも豪快に組んで勇壮さを
現していることは分かります。
桃山時代の特徴が残ることから、織田信長や豊臣秀吉など
武士が活躍した時代背景が庭にも反映されているのでしょう。
力強く男っぽい日本庭園でした。

Dsc_0052

▲国分寺境内パノラマ 正面が本堂でその右に庭がある。 
  黒い部分は門の一部です。言わんでも分かるわな~。happy01

Dsc_0027

▲本堂と庭 豪快な石組みが特徴

2012年6月 5日 (火)

紫陽花(あじさい)の季節

町のあちこちに紫陽花が咲き始めました。
いつも思うことですが、紫陽花は咲いてる場所により
ブルーだったり、赤紫だったり、紫だったりします。
あれは何か不思議ですね~。
アントシアニンが関係しているとか、土壌のPHで決まるとか
アルミニウムイオン量で決まるとか様々なことが
いわれていますが、ほんとのところはどうなんでしょうね。

僕の好きな紫陽花の色は紫と赤紫が混ざりあってる
のが好きだな~happy01

7

▲塩塚高原の紫陽花 雲海がかかりいい感じに…
  もちろん今年撮ったものではありませんので、ご注意を。
  ここは標高が高いので、紫陽花は6月末からが見ごろ。

2012年6月 4日 (月)

緑の草原 神山森林公園

Dsc_0096

久しぶりに神山森林公園を訪ねました。
芝生が随分長く伸び、フワフワでした。休日の森林公園は
犬と戯れる人、子ども連れでのんびりする人など、
皆さん思い思いに過ごしていました。

神山森林公園には二つの大きな思い出があります。
ひとつは1989年5月21日の全国植樹祭で記念誌をつくるための
スタッフの一員として参加したことです。
この年は1月に昭和天皇が崩御され、元号が昭和から平成になり
現天皇陛下が初めて植樹祭に来られ、ご挨拶されました。
挨拶をされる天皇陛下を遠目に見ながら、式典の様子を
撮影していました。

それともう一つは植樹祭から15年後の2004年10月24日に
育樹祭に、今度は現皇太子殿下がおいでになり挨拶されました。
これにも参加させていただきスタッフの一人として
写真を撮りました。

植樹祭から23年。当時植えられた周りの木々が
大きく立派になっていました。
(12.6.2写す)

2012年6月 3日 (日)

花しょうぶに似合うもの

Dsc_0076 Dsc_0078

美馬市美馬町の休耕田を利用した菖蒲園に
いくつかの種類のしょうぶが咲いているとの新聞報道があり
見にいきました。
場所は吉野川北岸の寺町というところで、多くのお寺さんが
ある少し南です。
品種によって開花時期は違い、訪れたときは紫のしょうぶが
見ごろをむかえていました。まあ、そのままでも綺麗なのですが、
やはり晴れより、雨が似合う花だと思いました。
(12.6.1写す)

2012年6月 2日 (土)

本楽寺の日本庭園

久々の取材です。
美馬市穴吹にある真言宗のお寺、本楽寺を訪ねました。
国道192号沿いの高台にあり、境内から吉野川が見下ろせる
絶好のロケーションです。枯山水の庭は手入れが行き届き、
清清しい気分とともに、心穏やかにさせてくれます。
ぜひ訪ねてみてください。拝観料300円(木箱に)
(12.6.1写す)

Dsc_0027

▲これからの季節、吉野川に霧が出れば絵になります。

Dsc_0007

▲本堂裏に落ち着いた佇まいの庭園があります。

2012年6月 1日 (金)

梅雨の季節

1

早いもので今日から6月です。
沖縄はすでに梅雨入りしているようですが、四国も
まもなくジメジメじた梅雨の季節をむかえます。
毎日ちょろちょろ降る雨は嫌いですが、降るときはふって
止むときは止む、メリハリのきいた梅雨なら
そう嫌いでないです。
さて今年の梅雨はどんなものでしょう。

本日の一枚は2年前の6月終わりの写真です。
朝、吉野川に霧がかかりエエ雰囲気になりました。
ちょうどグランドゴルフするオバちゃんがいたので、
右端にポイントであしらってみました。

最近、吉野川橋を覆っていた足場やシートが取られ、元の姿に
戻りました。あのシート見た目によくなかったですが、
シラスウナギ漁の撮影時は、北西の風除けで随分助かりました。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »