« [番外編 島根県] 神話の里 出雲 | トップページ | 鳴門の花火 »

2012年8月 8日 (水)

本のご紹介

_dsc0002a

▲阿波楽 A4判変形、116頁、オールカラー 980円

むかし同じ職場に勤めていた仲間に、最近出版した
本をもらったので紹介します。
2冊はいずれも阿波踊りをテーマとしたものです。
「阿波楽」は阿波踊りグラフ誌で徳島市や鳴門市、
そして東京高円寺の阿波踊りの様子を生きいき踊る
踊り子の姿を中心に名物連長の紹介、阿波踊り対談、歴史
など幅広い分野で阿波踊りを捉え、見ごたえある
グラフ誌に仕上げています。
一方、「流儀伝承」は6人の名物連長をモノクロの迫力ある写真と
阿波踊りとのかかわり、こだわりなどを赤裸々に引き出し、
読みごたえのある内容になっています。
興味のある方はぜひご覧ください。

_dsc0005

▲流儀伝承 四六判、中身224頁 1600円

« [番外編 島根県] 神話の里 出雲 | トップページ | 鳴門の花火 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« [番外編 島根県] 神話の里 出雲 | トップページ | 鳴門の花火 »