« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月29日 (土)

なにコレ!

_dsc0030

車を走らせていると突然目に飛び込んできた変なもの。
これは見過ごす訳にはいかんな~。happy01
と言うことで、車をおりてマジマジ観察。
まる~いフワフワしたような物体。もちろん植物ですが、
例によって名前が分からん! 
丸い感じが山犬嶽(上勝町)の石にこびり付いた苔のように見える。
でも苔じゃない。面白い植物でした。
こんなん山の斜面に一杯植えたら、何だろうと
人が一杯集ってくるかもね。僕みたいな好奇心旺盛の野次馬が…
(神山町で)

_dsc0034

2012年9月28日 (金)

勝浦の彼岸花

_dsc0026 _dsc2356

昨年も紹介した勝浦町、星谷運動公園裏の彼岸花です。
今年も見事に咲き誇っていました。
幅は目測で約120m、高さ約4mでこれほどスケールの
大きい群生地は他に知りません。徳島県内のどこかに
もっと大きいとこがあるのかも知れませんが…。

今年の夏はあちこちからビールをいただいて、
買わずに済みました。買わずにすんだのは良かった
ですが、あばさかって(徳島の方言でいちびる←あ、これも方言かhappy01
飲みまくったお陰で、お腹が凄いことになってます。
前に横にとせり出し、不恰好な体型になってしまいました。
まだ貰ったビールあるし、それが終わったらダイエットするか。

2012年9月27日 (木)

量り売りの店発見!

_dsc0013

昨日用があって街中に出かけました。
車で行くと駐車場に止めなきゃいけないし、
めんどくさいのでチャリンコでギコギコ行きました。
ギアが錆びて、ほんとにギコギコいいます。
うるさいな~、このチャリ。wobbly
用を済ませて帰る途中、レトロ感あふれる店が
あったので写真を撮らせていただきました。
通町の●●米穀店さんです。
店先に8種類の豆を並べ、量り売りしますと
書いてありました。この入れ物からして、
使い込んだ感があり、この店で何か買った覚えは
ありませんが、妙に懐かしさを覚えました。

______

2012年9月26日 (水)

毒があるから美しい!? 

_dsc2330

彼岸花を上から見ると、のし袋を結んでいる
水引のように見えます。結び目もよく似ていますが、
ぴょんぴょん跳ねた部分も水引そっくりです。
なんだか縁起のいい花かと思えば、
死人花(しびとばな)地獄花(じごくばな)幽霊花(ゆうれいばな)
剃刀花(かみそりばな)狐花(きつねばな)捨子花(すてごばな)
はっかけばばあなどと呼ばれて、ろくな異名がないようです。
それにしても「はっかけばばあ」はスゴイね~coldsweats01 ちょっと毒があるといっても
これ以上憎憎しい名前はないですねー。
なんで忌み嫌われるか分かりませんが、塊で咲いていると
絵になるし、何より秋を感じさせてくれる花だと
思うんだけどなあ…。

_dsc2355

2012年9月25日 (火)

小さい秋 ②

Photo Photo_2

小さい秋シリーズの第2弾です。
徳島市内からほど近い自然風景を求めていくと
佐那河内村、神山町、勝浦町、上勝町などの山間地に行く
機会が増えてきます。
本日の写真は撮影者でないと場所が特定できませんが、
紫の花(名前は知りませんhappy01)が咲いてる方は上勝の
野尻という集落で見つけた「小さい秋」です。
ここは彼岸花が咲き乱れる棚田があり、絶好の撮影スポット
でもあります。もし写真に興味なくても一度訪ねて
見てください。昔ながらの風景に出会える場所です。
ただ車の駐車にはご注意ください。道が狭いので
むやみに置かれると地元の方に迷惑かけるかも
しれませんので。
※野尻集落/上勝町役場裏の対岸道路を「久保の大杉」を
  目指して進む。

______

2012年9月24日 (月)

希少植物 水虎の尾

_dsc2236 _dsc2272

22日のお彼岸は田舎に帰ってお墓参りしました。
お寺は小高い丘の上にあり、前には川が流れています。
川の名前は長泉寺川(ちょうせんじがわ)と言います。
漢字初めて知りました。
子どもの頃は川幅3mぐらいの細い川でしたが、
今は拡張して8mあまりになります。
この川に環境省のレッドリストに登録される絶滅危惧種Ⅱ類の
「水虎の尾(ミズトラノオ)」という花が咲いていました。
なんでも花のカタチがトラのしっぽに似てるからという安易な
ネーミングです。happy01
こんなん小さい時は見た事無かったけどなー。

______

2012年9月22日 (土)

清流VS泥水 勝つのはどっち!?

_dsc0029

川口ダムが放流して茶色の泥水が那賀川を
覆い尽くしていました。対して左の赤松川は
きれいなコバルトブルーの川ですが、合流地点で
せめぎ合いの後、泥水になっています。
この現象、これからの日本と中国の関係を想像してしまいました。
政治問題を取り上げるのは好きじゃないですが、
中国はあの手、この手で尖閣諸島を乗っ取ろうとしています。
泥水が中国で何でもありの汚さです。日本は清流といえば
聞こえはいいが、要するに外交下手の腰抜け。
あまりのだらしなさに叱責したくなります。
日本は泥水に染まらず、毅然として一本筋の通った
流れでいてほしいです。

_dsc2194

2012年9月21日 (金)

小さい秋 ①

Photo

▲コスモスが秋風に揺れていました。

リ~ン、リ~ンと鈴虫が涼しげに鳴き、
秋を実感できるようになりました。
さて11月に催す個展の作品のピックアップを
ぼつぼつやってます。ヨンデンプラザ徳島は幅1mあまりの
パネルが43枚あり、フルに使おうと思っています。
ということは四季がテーマなので、それぞれのシーズン
10枚ほどの作品がいる事になります。
ざっくり勘定すると春17、夏9、秋13、冬12になりました。
春は桜のシーズンなので写真の数が足りていますが、
問題は夏だな~happy01 でも、もう夏終わっちゃたしねー。coldsweats01
どうすべえかな。

Photo_2

▲9月下旬なのにまだ紫陽花が咲いてます。

2012年9月20日 (木)

秋の夕暮れ

このところ随分秋めいてきました。
いつものようにパンツとシャツ一で窓を開けて寝てると、
今朝の寒いこと。せめてタオルケットでも出さんと
風邪ひいてまうhappy01
夕方はほとんど毎日、阿波しらさぎ大橋をウォーキングして
ますが、夏の盛りに比べると若干人が多くなったような
気がします。皆さん気候がよくなったので積極的に
運動されているのでしょう。気持ちのいい風が吹いて

最高でした。

Photo

▲夕暮れの吉野川橋

2012年9月19日 (水)

三嶺遠望

Photo

写真中央の三角形にとがった山が三嶺です。
徳島県と高知県の県境に位置し、徳島側では
(みうねorみむね)と呼ばれ、高知側は(さんれい)と
呼ばれています。
標高は1893mですが、登山リフトが整備された
剣山(1955m)のように、お気楽に登ることが出来ないお山です。
だからこそ手付かずの魅力を残している山ともいえます。
10月初旬から中旬にかけて、山頂のコメツツジが紅葉の季節を
向え三嶺は一層輝きを増します。
そういえばもう長いこと行ってないな~。山頂の池に
「ひめぼたる」が乱舞するという噂を確認に行ったのが最後かな。

(剣山中腹より)

_______2

2012年9月18日 (火)

佐那河内村の朝

_dsc0041 _dsc0089

台風16号が過ぎて行ったというのに、今朝も
はっきりしない天気です。こんな日は気分もすっきり
しませんね。
16日の日曜早朝に佐那河内村に出かけていました。
当初、大川原高原に行きましたが、例のごとくもの凄く
ガスっていてすぐ山を下りてきました。早朝の道路には
鹿やウサギ、タヌキなどが目立ちました。
特に鹿の数は多く、目の前に車が来てもすぐ逃げる素振りは
見せません。慣れているのか、なめているのか知りませんが
こちらに向ってくるのもいて「こら! 轢かれるぞ~!!」と吼えても
あまり効果がないようです。coldsweats01

山を下りて仁井田に向いました。
この辺りは山間に集落があり、棚田が広がるのどかな
村です。
写真では朝日が顔を出し、晴れて見えますが急に雨が
降るような安定しない天気です。今年は特に
ストレンジウエザーが多い気がします。

(12.9.16写す)

2012年9月17日 (月)

横峯の棚田

_dsc1976

どこの棚田でも農作業は大変そうです。
まして山間地の高齢化がすすんだ集落の田んぼは、
より一層の重労働をしいられます。平地の機械化された
稲刈りに比べ、ひと手間もふた手間も多くかかります。
そのためか非耕作地も目立ちます。
この横峯の棚田も一昔前は下の田から上の田までほとんど
米を作っていて、水が張られた田植え前や稲が黄金色になる頃は
それは見事なものでした。
それがいつの間にやら米を作らない、いや作れないと言った方が
正解なのか歯抜けの棚田になってしまいました。
でも、はで掛けしている水田はこれぞ日本の原風景とも
いえる哀愁が漂います。
(12.9.15上勝町横峯で写す)

______

2012年9月15日 (土)

潜水橋と吉野川

_dsc0010

潜水橋のある風景好きだなあ~。
高知では沈下橋と言うらしいけど、両方とも目的は
同じです。最近の潜水橋は両端が10cmぐらいかさ上げ
され、車が川に転落しないように配慮されています。
台風の後などに橋脚の部分にゴミなどが巻きついて
汚い橋脚もありますが、ここの潜水橋は綺麗です。
(阿波麻植大橋より)

2012年9月14日 (金)

美滝を探して

滝見物をする際、参考にさせていただいているサイトが
あります。以前も紹介しましたが「徳島の滝・風景写真のページ」
というHPです。
このなかで神山町上分に「東谷の大滝下1の滝」(仮称)というのが
あり、なかなかの美滝で一度見たいと思い、この前の日曜に行ってきました。
土須峠に向かう途中、道路がカーブしたところにある滝(出会い滝)の
横から山に入りますが、ごく薄い踏み跡は人がほとんど入ってないのを
証明しています。沢に沿って登っていくと幾つもの小さい滝が
あります。見上げると少し大きい滝がありますが、目当ての滝で
なく「東谷大滝下2の滝(仮称)」らしいのです。
「東谷の大滝下1の滝」(仮称)はもっと上流にあるようなのですが、
両サイドは急な斜面になっていて、これ以上進めません。
たぶん、他に道があるのでしょうが今回は断念することにしました。
次回はもっと調べて必ず行くぞー。
待ってろよ~、東谷の大滝下1の滝」(仮称)。それにしても長い名前だhappy01

舌噛むは!!coldsweats01

_dsc0011

▲これは「東谷大滝下2の滝(仮称)」らしい。目当ての滝はいったいどこにあるんだ~。

2012年9月13日 (木)

雨の渓流

朝はだいぶしのぎ易くなってきましたが、
まだ昼は暑いですね。

さて昨晩、写真をプリントしようと思ったら、
画面とまるっきり違う色で出てきました。しかも、
進行方向に対して横に白い筋がいっぱい付いていました。
「あれ~、おかしいな!」2~3日前まで正常やったのに…。
昨日から色々試していますが、何度やっても
同じ結果になります。古いプリンターついにお釈迦!?
最近、プリンターの値段は安くなっていますがインキが高いですね。
9~10色のプリンターなんてひと揃えで、小一万しますから
インキ代ばかになりません。
メーカーさんインキの値段もう少し安くなりませんかhappy01

_dsc0099

▲雨でテカテカになった石。沢谷川(那賀町)

2012年9月12日 (水)

雲海

111018

昨年秋に一の森に行った時の雲海の様子です。
一の森ヒュッテは毎年一度は訪ねて、もう12~13回は
泊まってると思います。
狙いは剣山の夕景と翌朝の景色と一杯beerることです。happy01
夕方の景色はこれまで、そこそこ綺麗なものに
出合えたことがありますが、朝はこれはという景色を
見たことがなかったです。
昨年初めて雲海を見たときは、壮大なドラマにのけぞりました。
だんだん明るさが増すにつれて、雲海の全容が見えた時は
ほんとに感動ものでした。また見たいな~。
雲海を見ると運開するかも。

(11年10月 ペンタックス67Ⅱで写す)

2012年9月11日 (火)

霧の中の風車

きのう夕方、少し時間があったので佐那河内村の
大川原高原に涼みに行きました。
山道を上るにつれて霧が深くなり、高原の駐車場は
完全にホワイトアウト状態。
外に出てみると、涼しいを通り越して寒かったです。gawk
南の谷の方から、次々に霧が吹き上がってきて、
切れ目がありません。こりゃ駄目だと思ったので、
カメラはしまいこんだままにしていましたが、
一瞬霧が途絶えた瞬間があったので、慌てて撮って
みました。

_dsc1883

▲真っ白な霧の中から突然現われた風車。まだ枯れずに
  咲くアジサイがぽつぽつあった。

2012年9月10日 (月)

気になる場所

_dsc1845

八重地の棚田の近くに古びた道路標識がありました。

ほとんど何が書いてあるか分かりませんが、目をこらせば

8トンって書いてあります。8トンってダンプじゃん!

この狭い道を昔はダンプクラスが往来していた。そんな時代があったんだ。

雨の棚田

_dsc1805 _dsc1836

きのうの日曜は上勝町の八重地の棚田に行きました。
晴れていたら稲刈りが出来るぐらい熟れていましたが、
生憎の雨ではどうしようもありません。
その代わり、しっとりした田園風景を見せてもらいました。
それにしてもこの辺りでは人っ子ひとり見かけませんでした。
と言っても3世帯ぐらいしか民家が無いんですけどね。
あぜ道に目をやるとはや、彼岸花がチラホラ咲きはじめて
いました。ええ~、もう秋なの。

(12.9.9上勝町で)

2012年9月 8日 (土)

お礼

申し上げます。きのう個展しますと
発表したら、たくさんのコメントいただきました。
ありがとうございました。
しかし、あれは冗談でした。んなこと言えば
袋叩きに合いますねcoldsweats01
もちろん予定通り行いますよ~。happy01

いろいろプレッシャーもありますが、構想練ってる
時が一番楽しいです。
これは旅行に行く前の感覚と似ているかもしれません。
いずれにしても、2ヵ月ぐらいアッというまに過ぎて
しまうので全力を尽くそうと思います。

_dsc1745

▲今朝も懲りずに小神子の海岸に行ってみました。
  珍しく漁師さんの船が近くにきました。今の時期は
  何が獲れるのでしょうね。 

2012年9月 7日 (金)

個展します!

皆様に背中を押され写真展を開催することにしました。
当初は実績がない僕が写真展をするなど、とても
おこがましく、ありえんことだと思っていました。
でも強く勧められる声にちょっとその気になりました。
拙い写真を皆様に見ていただくのは恥ずかしいですが、
ぜひ足をお運びください。そしてご批評賜ればと思います。
よろしくお願いいたします。

・とき/平成24年11月23日(金)~25日(日)
    10:00~18:00(最終日は16:00まで)
・ところ/ヨンデンプラザ徳島 徳島市寺島本町東

・入場無料

_dsc0043 _dsc0050_2

本日の写真は吉野川市鴨島町の田んぼの中にポツンと立っている
1本の木です。前からここを通るたびに、気になっていたのですが
昨日夕方、仕事の都合で西に行く機会があったので撮ってみました。
この木のまわりは稲刈りが終わっていたので、少し遠めから
撮影しました。

2012年9月 6日 (木)

阿波しらさぎ大橋の朝

第3回WBC(ワールド・ベースボール・クラッシック)に参加
するようになりましたが、当初選手会の方は参加拒否を
表明していたので、急に参加するようになったのは何か唐突な
感じが否めません。参加のための条件が整ったのでしょうが、
その間の過程が不透明なので「なに、それ!」って感じです。
まあ、一野球ファンとしたら世界の舞台で活躍する選手が
再び見られるので、いいのですが…。

本日の一枚は今朝の様子です。毎度お馴染みの景色で
申し訳ないですが、きょうは完全曇りとみていたので、
出かける予定もなく、新聞を取りに出ると見事な
朝焼けになってました。
(12.9.6写す)

_dsc0011

2012年9月 5日 (水)

まだ夏は終わらない!?

けさの天気予報によると、僕が学生時代に
住んでいた埼玉の熊谷が37℃の予報でまたしても
猛暑日になるとのこと。昔は(34年ぐらい前)は
そんなに暑くなかったと思うのですが、今や
全国一暑い町と逆PRして話題を集めています。
そういえば最近、人の集るところには冷たいミストの
噴霧器が置かれています。あれは気持ちいいけど
ズーッとそこに居るわけにいかず、離れるとまた
暑い。happy01 毎日、暑い暑いと言ってると急に
寒くなり、ちょうどいい時期が短くなっている気がします。

_dsc1617

▲月ケ谷温泉(上勝町)の前の川で遊ぶ子どもたち。

2012年9月 4日 (火)

たかが雑草! されど雑草!?

_dsc0027

今朝は久しぶりに小神子の海岸に行きましたが、
抑揚のない平凡な天気でした。
気分も乗らないので、早々に撤収しようとした時、
足元に白のふちどりをした葉っぱがありました
カタチが薔薇に似て面白いので少し撮ってみました。
葉っぱの中心に紫の花を咲かせ、そこら中に
咲いてました。普段なら見過ごすところですが、
雑草でも何かを訴えたかったのでしょう。
(12.9.4小神子海岸で)

2012年9月 3日 (月)

色づく棚田の秋

昼間は暑くても、朝はめっきり涼しくなりました。
今朝、半分開けた窓から気持ちのいい風が吹いて
きました。いつもなら背中から肩にかけて、じっとり
汗をかいているのですが、今日はサラサラの目覚めです。happy01

きのうは、ある仕事の企画で勝浦~上勝の県道沿いの見所を
取材した延長で八重地の棚田まで足を延ばしました。
早い田んぼでは稲が黄金色に色づき、収穫の時期を
迎えようとしていました。
今週から来週にかけて稲刈りが行われることでしょう。

_dsc1662

(12.9.2写す)

2012年9月 1日 (土)

明け方の内の海

_dsc1537

今日から9月です。早いものですねー。
「オリンピックじゃ~、阿波踊りじゃ」っと騒いでいたのが
はるか昔の出来事のように思えます。ありゃー、このスピードで
月日が経っていくとどうなる事やら…。
今朝は早くおきて内の海に行ってみました。狙いは満月が
海を照らし面白い景色になるかなーっと思ったのですが、
雲が多くて肝心の月は出ずじまいで空振りに終わりました。
でもまあ折角ですから、アップしておきます。happy01

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »