« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月31日 (水)

吉野川と月

_dsc3617_2


おとといのお月さんは満月ではないですが、綺麗に見えていました。

出先から帰る途中、吉野川の土手の下に車を止めて撮ってみました。

先日プリンターが前触れもなく壊れたので、少し不便な思いを

してましたが、安いのを購入しました。

プリンタードライバをインストールするのに少々、手間取りましたが

どうにか使えるようになりました。

取説をろくに見てなかったこともあり、回り道をしてしまいました。

Photo

紅葉シリーズ② 奥槍戸

_dsc3520

徳島市内から木沢の奥まで行くのは、少し大変ですが
いったらそれなりに素晴らしい景色に出会えます。
今の時期は平日でも人が来られるので、細い道の運転は
注意が必要です。
でも、ほとんどの道が舗装されているので悪路で大変と
いうことはありません。(写真上:にくぶち滝)

_dsc0109_7

▲山肌がむき出しになっても、たくましく生きる。

_dsc0106

_dsc0131

2012年10月30日 (火)

紅葉シリーズ① 奥槍戸

_dsc0010_4

_dsc0015_4

_dsc0045_3

_dsc0092_3

本日から数回に分けて木沢、神山の紅葉を紹介します。

徳島の紅葉は剣山から始まり、だんだん下におりてきました。

木沢の奥槍戸あたりは、とてもきれいに紅葉してました。

今週末から来週にかけて最高の見ごろを向えそうです。

いい所がたくさんあるので、道草ばかりして目的の場所になかなか

たどり着かないぐらいです。happy01

2012年10月29日 (月)

眉山夕暮れ

_dsc3325


昨日の日曜は思っていたほど雨が降りませんでした。

家の近所で毎年行われている、住吉センターストリートフェアは

はやばや中止になりましたが、やればできた状況でした。

でもイベント物は中止にするか行うか判断が難しいですね。

ひとえに主催者が晴れ男か雨男かにかかってる!

 


とくしまマルシェは予定通り行われたので、撮影を頼まれたことも

あり出かけていました。ボードウオークの賑わいはこの日ぐらいで、
普段は閑散として市の中心部とは思えません。寂しいもんです。

 

 

 

2012年10月27日 (土)

LEDアートフェスティバル

_dsc3355a_3 _dsc3367_5


LED
アートフェスティバルが昨日から始まったので、

散歩をかねて徳島中央公園に出かけてきました。

写真は「虹の雲」といわれる催しで赤、緑、青の

LEDで光の三原色を巧みに使い、雲を発生させ

虹の演出をしていました。

これは写真で見るより、現地で見るほうがよっぽど

エエと思います。happy01

その他、鷲の門広場は「ひかり場」に

城博の前では野外ダンスが行われていました。

 

2012年10月26日 (金)

光のシャワー

_dsc0042_4


▲六條大橋たもとより吉野川と潜水橋を写す。

 

 

今年はいろいろモノが壊れる年です。

 

少し前にプリンターが突然電源が入らなくなりました。

 

直前まで2Lで印刷できていたのが、画面に「プリンターは

 

オフラインです」の表示が現れ、いろいろ試してもウンともスンとも

 

作動しなくなりました。あれ~。

 

そして先日はPCが電源いれると「カタ、カタ」という異音を

 

何度かたてたあと、立ち上がらなくなりました。こちらも

 

どうやら故障して使い物にならないようです。あちゃ~。

 

両機とも78年は使ってる古いもので、故障してもおかしく

 

ないのですが、急に壊れるとね~、困りますね。特にデータとかが。

 

ということで昨日よりブログの体裁が少し変わりました。

 

Win7に変わったので、少し不慣れですが徐々に慣れて

 

いけばと思います。

 

 

 

 

 

2012年10月25日 (木)

真夜中の架設

_dsc0034_6

_dsc0011_6



阿波しらさぎ大橋につながる高架道路の一部で

 

2年も3年も空いたままになっていた橋の

 

架設工事がきのう(2322:00~翌朝6:00)行われました。

 

僕が行ったのは真夜中の2時で、すでに橋は大型の運搬車で

 

運ばれ、ほぼ設置され後はゆっくり降ろしていく途中でした。

 

それにしても真夜中だというのに、ギャラリーの多いことhappy01

 

10人ほどの方が見学されていました。

 

僕もそうですが、道路の真上を横切る桁をどうやって

 

架けるのか皆さん興味があったようです。

 

片側18輪もある運搬車両初めて見ました。凄いものです。

 

まずは無事に架けられよかったです。

 

 

 

 

 

2012年10月24日 (水)

人工滝の美 Ⅱ

_dsc3169

▲この堰の写真を撮ってると、なにか面白いものがあると
 思い、数台の観光客の車が眺めていきました。

_dsc0094

▲水の色が綺麗です。11月になれば周囲の山は紅葉して
 また趣が変わることでしょう。

人工滝と言うより堰ですが、川のある
田舎のほうに行くとよく見かけます。
本日は東祖谷の人工滝(堰)を紹介します。
堰はもともと治水や利水、防災のために作られた
ものでしょうが、それぞれ長さ、段数、形が異なり
なかなか興味深いものです。

車を走らせているとよく目にするのは、
祖谷川や穴吹川、鮎喰川の上流に堰が多い気がします。

2012年10月23日 (火)

落合峠周辺

今朝はどんよりした天気で風も少しあります。
二度寝をしたようで、どうも頭が冴えません。
(まあ、いつも冴えていませんがhappy01

本日も落合峠周辺の写真です。
峠には色々ストーリーがあるように思われます。
徳島は山が多いので、沢山の峠がありますが、
その中で面白いものを少し調べてみました。

【山越え苦労編】
伊座利峠(阿南市椿町~美波町伊座利)
四つ足峠(那賀町日和田~高知県物部村)
ヤレヤレ峠(牟岐町奥谷~海陽町)
杖立峠(神山町上角~上勝町正木)
【ロマンチック編】
恋人峠(穴吹町口山~穴吹町古宮)
星越峠(那賀町出原~海川)
霧越峠(那賀町海川~海陽町小川)
倉羅峠(吉野川市美郷~神山町上分)

_dsc3199 _dsc0017

▲右:落合峠までの道中の橋から。へんなヤツが写真撮ってるぞ~。あー、俺だ。

2012年10月22日 (月)

集光ドア

_dsc2620

先日、市内へ車で出かけて帰ろうと新町橋の
地下駐に下りる際、光がドアの方向に長く伸びて面白い
景色になっていました。
ドラえもんのどこでもドアかと思いましたが、
中はただの駐車場でした。ははhappy01

落合峠周辺の紅葉

_dsc0023 _dsc0044 _dsc0051 _dsc0069

この週末、落合峠(東祖谷)に紅葉狩りに出かけました。
東みよし町から深渕を経由し、どんどん山に入っていきます。
高度の低いところはまだ、紅葉が下りてきていませんが、
落合峠周辺は快晴の青空に赤、黄の紅葉が映えて
とても綺麗です。
落合峠は矢筈山への登山口にもなっているので、徳島ナンバー
以外に香川、愛媛、岡山の車が数台とまっていました。
峠から南の下を見ると、ススキが風に揺れなんとも秋を感じさせる
風情でした。

左上:落合峠までの道端で
右上:青い空のもとススキたなびく
左下:くねっとした曲線が美しい
右下:隆起した山頂部と紅葉の赤が目を引く

______

2012年10月20日 (土)

秋の空と海

_dsc3040 _dsc3045 _dsc3052 _dsc0170 

これから秋が深まり、空気が澄んでくると
お星さんがよく見えるようになりますが、徳島市内では
ちょっと無理です。やはり田舎のほうに行かないと。
田舎の町外れでは、なにコレというぐらいの星の数に驚きます。
先日、実家のある海陽町に向かい、少し星野写真撮ってきました。
そして夜明けをむかえる頃に海部川の河口に着きました。
いくぶん台風のうねりが残っていましたが、
相変わらず綺麗な海でした。

左上:大砂海水浴場の駐車場から西の空を見る。椰子の木が
    南国ぽくってGood!!
他3枚:海部川河口

2012年10月19日 (金)

百花繚乱

Photo

本日から平地の写真です。happy01
一の森からの帰り、神山町で見つけた一こまです。
この写真の右手に、僕が好きな桜の木と古ぼけたバス停が
あります。
色々な花々が道端に植えられ、信号で停まったドライバーは
癒されることでしょう。この花を植え、育てた人に拍手です。
パチパチ。

2012年10月18日 (木)

孤高の白骨樹

_dsc2981

物言わぬ白骨樹ですが、平家の落ち武者のように
鬼気迫るものがあります。
長年の風雪に耐え、折れたりひん曲がったり壮絶な
姿ですが、何かを訴えてくるモノがあります。

一の森から富士の池に下山途中で。

______

2012年10月17日 (水)

剣山紅葉

_dsc2892 _dsc2915 _dsc2880 _dsc2948

前日(10/13)相当くたびれたので、剣山に行くか
どうか思案していたのですが、目の前に旨そうな
ステーキを出されたら、食べない方がおかしいですよね。delicious
と言うことでいつものように、剣山、次郎笈に
行ったわけですが、今年は凄く綺麗で痛い足をひきずりながら
行ったかいありました。
やっぱり剣山の紅葉は徳島一や~。

2012年10月16日 (火)

一の森から剣山へ

_dsc2830

▲朝の次郎笈。いつ見ても男前です。happy01

一の森ヒュッテに撮影に関係ないものを
置かしてもらって剣山に紅葉の撮影に向いました。
最低限の装備にすると、いく分楽になりました。
これで無くっちゃ♪。
新聞にも載ってたように、剣山・次郎笈の西斜面は
今年は随分良さそうでルンルンで向いました。

_dsc2849

▲9月末の台風17号で山腹崩壊し、道路も無くなり
  木屋平方面から見の越に行くことは出来なくなりました。
  崩れた土砂の量は1万リューべ以上らしいですが、
  どれほどの量かピンときませんね。

一の森 早朝

一の森に行った狙いの一つがヒュッテ前の雲海ですが、
14日の朝は雲海にならず、ちょっぴり残念でした。
でも自然が相手ではしょうがないです。
前日はヒュッテの洗面所に氷が張ったとのことで
相当寒かったようですが、この日の気温は10度前後あり、
風も無く外に1時間余りいても凌ぎ易かったです。

_dsc2794

▲一の森山頂より東を望む。遠くに街の灯りはあるものの、
  ほとんど真っ暗。ピントを合わすもの無いので星に合わせて
  みたけれど…。

_dsc2798

▲一の森名物、白骨樹。ライトを当て浮かびあがらせてみた。
  右のシルエットが剣山、左が次郎笈。

 

2012年10月15日 (月)

天気快晴なれど…

_dsc0038 _dsc0051 _dsc0096 _dsc0075

話があとさきになりますが、一の森への登山直前の
様子と登山中にスナップしたものです。

左上:龍光寺の駐車場前で ススキが青い空に映えて
    長閑です。この場所でオニギリ食べました。
    美味しかったな~。delicious
右上:龍光寺の石段
左下:秋の空と松
右下:赤、黄、緑の落ち葉が綺麗ですが、この辺りで相当バテテました。
    両方のふとももがつり、辿りつけるか心配してました。coldsweats01

一の森夕景

_dsc0112 _dsc0126 _dsc0138 _dsc0162

ちょうど一年ぶりに一の森に行った。
たまには登るルートを変えてみようと、コリトリから
富士の池登山口にしてみた。
行き付けの居酒屋で、山好きの大将の話では、
「富士の池から上がればすぐ…」という言葉が耳に残って
いたからだ。
ふ~ん、すぐ上がれるのはエエこっっちゃ。
最近、ウエイトオーバーやし山登りしてないので、
出来るだけ楽したいと思ってた。
龍光寺横をすり抜けてイザ出発したが、いきなりの急登で
戸惑う。その後も、意外にきつい。
「話、ちゃうやん」と思ったけど、こうなればしょうがない。
息せき切らせて、喘ぎながら登る。カメラ2台、レンズ4本に加え
4キロ相当の三脚が堪える。何かあるといけないと
いつも必要以上にモノを持っていく悪い癖がアダとなる。
悪戦苦闘の末、ヒュッテに到着。あ~、しんどかった~。coldsweats01

左上:一の森ヒュッテ前 ポツンと1本だけ紅葉している木
右上:このフォルムも美しい次郎笈 
左下:夕暮れがせまる剣山山系
右下:剣山のバックが夕焼けに

______

2012年10月13日 (土)

勝浦町のコスモスとひまわり

_dsc2716

▲まだ一輪も咲いてないのに、これだけ咲いてました。
  おませさんです。

今朝早く徳島中央公園に歩きに行きましたが、
寒いこと寒いこと。
いつものように短パンで出かけて失敗したと
思ったのですが、引き返すのは面倒なのでそのまま
歩きはじめました。
今日の新聞見ると、剣山が色づいているとのことで
やはり山は本格的な紅葉シーズンを迎えたようです。

きょうは一の森に出かけてヒュッテ泊まりしてきます。
天気は良さそうなので、どんなドラマに出会えるか
楽しみです。(空振りの可能性もありますが…happy01

_dsc2683

▲休耕田にコスモスがいっぱい咲いています。その前を
  子どもたちが集団でお帰りです。

2012年10月12日 (金)

赤い灯台

Akatoudai

灯台の色って赤が多いですねー。たまに白い
のもありますが、圧倒的に赤が多い気がします。
たまには黄色とか緑とかあったら面白ですが…。
何か決まりがあるのでしょうか。

8日の体育の日にアスティとくしまで行われて
いた、吉田拓郎展を見にいきました。
「徳島拓郎会」なるものがあって、吉田拓郎グッズを
展示してました。まあ~、よくぞここまで集めたなー
というぐらい色々なものを展示してました。
レコード、本、ポスター、雑誌、Tシャツなどなど。
熱狂的な拓郎信者がいるんですね。徳島にも。
50歳ぐらいから上の世代だったら、どなたでも
一つや二つは歌を知ってるんじゃないかと思います。
好き嫌いは別にして…。
会場に吉田拓郎のそっくりサンまでいて、あれには
驚いたな~。思わず、サイン貰おうかと思ったよー。coldsweats01

_dsc2469_2 

2012年10月11日 (木)

大川原高原の秋模様

_dsc2630

▲夕日が北東の雲を赤く染めた。

一昨日の夕方、清清しい秋景色につられて、大川原高原に
出かけてきました。やはり想像していた通り、大川原は
平地に比べだいぶ気温が違います。厚手のジャンパーを持って
いって正解でした。
お月さんは8日が下弦なので、星空観察はバッチリです。
といっても途中、雲が出て星空が遮られることも
ありましたが…。

_dsc2652

▲夏のイメージが強い天の川ですが、今の時期は南西の
  空にあります。

2012年10月10日 (水)

眉山 花のカスケード

_dsc2483

昨日、眉山から見た徳島市内の写真がいるという
ことで久々に眉山にあがった。
たしか、蔵本側からは山腹崩壊であがれないと
思ったので、二軒屋側から行こうと思ったら、眉山
入り口の道路脇に「かんぽの宿から先、通行止め」の
看板があり、何だろうとそのままスルー。
かんぽの宿手前に、また同じ看板があったので、
よく見たら先週3連休にあった「マチアソビ」の
イベント看板の撤去が遅れてるだけだった。
イベント終われば、さっさとどけてね~。happy01

まもなくシーズン!

_dsc2467

▲二度見展望台より、次郎笈を望む。

剣山山系の山々ではまもなく、紅葉シーズンを
むかえます。本日掲載の写真は今年のではありません
のでご注意ください。happy01 でも今年は僕の予想ですが、
相当綺麗なんじゃないかと思います。行かれた方は
レポートお願いします。

_dsc2508

2012年10月 9日 (火)

小神子の太刀魚釣り

_dsc0047 _dsc0058

三連休最後の日の昨日、小神子の海岸に行ってみました。
普段はガラガラの駐車場(駐車場と呼べる立派なモノでは無いですが…)
に多くの車が止めてありました。
今の時期、この浜では太刀魚がよく釣れるので10人ほどの釣り氏が
来ていました。夜明け前が一番釣れるらしいです。
太刀魚はぶつ切りにして、塩焼きで食べたり、煮付けで食べたり
したら旨いですが、チマチマした小骨が沢山あるので食べるの結構
めんどくさいです。bearing 釣り好きの人は魚さばいたり、料理したり
もちろん魚好きの人が周りには多いです。みなさんマメですね~。

2012年10月 8日 (月)

日和佐 八幡神社秋季例大祭

_dsc0415_2 _dsc0292_2 _dsc0341_2 _dsc0185_2

日和佐の祭り、ちょうさに行ってきました。
町内に八つのちょうさがあり、それぞれ30~40人の担ぎ手と
太鼓を叩く子どもが4人で構成されています。
昨日は天気もよく絶好の祭り日和で、担ぎ手の氏子さんは
朝からお神酒をいただき(うらやましいdelicious

テンションは上がる一方です。
拍子木の小気味よい音と太鼓の勇ましい音で、男の野生が
蘇ってくるようです。あ~あ、写真やとっとらんと、
担いでみたいと思いました。燃えるやろなー。

でも、次の日はからだガタガタ 見えとるな~。happy01

2012年10月 6日 (土)

遍土滝 下見

Taki

木沢(那賀町)に美滝があるというので、あるグループの
ツアーに参加させていただきました。
車を止めて歩くこと約40分で目的の滝に到着。正面、側面とも
美しい滝で一目ぼれしました。
僕の滝を見る基準は
①水量が豊富かどうか。
②滝を取り巻く状況はどうか。
③滝が醸し出す雰囲気があるかどうか。
④滝の形・大きさはどうか。
など、ほぼ満足できる内容で今後、雨が少なくなれば滝が細る
かも知れない心配はありますが、紅葉する木も多そうなので
楽しみではあります。happy01

2012年10月 5日 (金)

美馬のそば畑

_dsc0022 _dsc0030 _dsc0043 _dsc0048

美馬町の重清北地区にそばの花が咲いています。
この辺りは葉タバコ作りが盛んだっところで、今は
10軒ほどの農家がソバを植えています。
今年から赤ソバも栽培するようになったとのことです。
赤ソバはこの前の台風の影響で少し、倒れていましたが
白いそばの方は影響が少なかったようです。
まだ暫く花を楽しめると思いますので、行かれる方の
ためにアクセスを書いておきます。

※美馬IC→R438を北(香川)三頭トンネル方面に→
  野田ノ井トンネル手前を右に

______

2012年10月 4日 (木)

うろこ雲

_dsc0003

空にうろこ雲が出てすっかり秋の気配です。
季節は確実に動いているようです。
うろこ雲、さば雲、いわし雲などは秋によく見られる
筋状の雲で、どの呼び方でも間違いは無いようです。
あえて言うと形で呼び名が変わりますから、
本日の雲は「さば雲」ということになります。

柿泥棒に間違われるdelicious
さば雲が出てたので、柿と組み合わせて
写真を撮っていたら、背後に人の気配がしました。
振り返るとおじさんがいて、「なんや~、写真撮りよったんでー」
「わしゃ、てっきり柿泥棒とおもた」となんとストレートな
お言葉happy01 あやうく柿泥棒と間違われるとこでした。coldsweats01
写真を撮る人間は真夜中だろうが、早朝だろうがどこにでも
現われるので、一般の人には理解されにくいこともあります。
だから撮影する時はルールを守り、相手の立場に立って物事を
考えなければいけないな~と改めて思いました。
それと身なりはキチンとしてないといけませんね。

_dsc0021

2012年10月 3日 (水)

小松海岸のサーフィン②

_dsc0290a _dsc0400a _dsc0488a _dsc0528s

昨日に引き続き小松海岸のサーフィンです。
台風17号が過ぎていったと思ったら急に寒くなりました。
撮影した日(10/1)は長袖のシャツにウインド・ブレーカーと
いう服装で海岸に立っていても風が冷たく感じました。
サーファーは真夏の格好ではありませんが、あまり寒さを
感じていないように見うけました。
やはり水温が高いのでしょうか。

吉野川の堤防ではあちこちで草刈車を使って、草刈をして
います。綺麗に草を刈ってくれて、走っていても気持ちが
いいです。昼間、車の窓を全開にしてると草の匂いが
車内に入ってきます。独特の匂いですが、嫌いな匂い
ではありません。あの匂いは草の切り口から発する
匂いなんでしょうか。

左上:波待ちのサーファー。会話が聞こえてきそうです。
右上:豪快にアタック。
左下:ボードを相当使い込んでいるようです。道理で上手い筈だ。
右下:大勢の人が一斉に。ぶつかれへんの?

2012年10月 2日 (火)

小松海岸のサーフィン

_dsc0018a _dsc0202a _dsc0099a _dsc0134a

昨日の朝は吉野川河口から和歌山が綺麗に見えました。
徳島市の中津峰山如意輪寺から高野山が拝めると、
聞いたことがあります。剣山山頂から大阪の夜景が見られる
ぐらいですから、はるかに近い高野山は条件が良かったら
見られるのでしょう。僕は見たこと無いけど…。
台風17号の余波があり、小松海岸では大勢のサーファーが
波乗りを楽しんでいました。その数ざっと数えても150人以上
いました。市内から近いのでお手軽なんでしょう。
出勤前にサーフィンしてる人もいるかも知れませんね。
都会の人から見れば、徳島は羨ましい環境が整っていると思います。

左上:雲の隙間から覗き見る和歌山。
右上:サーファーと漁師さん。
左下:凛とした女性サーファー。この位置に暫く佇んで波の様子を
    うかがっていた。
右下:和歌山港に向う南海フェリー。

2012年10月 1日 (月)

今年の紅葉は!?

Photo

昨日は台風17号が足早に四国をかすめて
通り過ぎていきました。最近は日本近海の海水温が
高く台風は勢力を落とさず、そのまま上陸するケースが増えて
いますが今日から10月なのでtyphoonサンどうか、もう来ないで
くださいね。お願いしますよ!!
強い風が吹いて葉っぱが擦れると、綺麗な紅葉に
ならないんです。たしか去年の紅葉はさっぱりアカンかったのを
思い出しました。

Photo_2

※2009年10月12日 東祖谷山村落合峠にて

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »