« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月30日 (金)

地蔵寺の大イチョウ

大山寺の大イチョウはすっかり落葉していましたが、
5番札所地蔵寺の大イチョウは黄色のピークでした。
そのうち、誰かがホイッスルを吹くといっせいに
葉を落とすことでしょう。しかし木によって落葉する
時が違うのは面白いものです。

_dsc0022
▲お遍路さんがお参りに訪れる。

_dsc0008_2
▲正面から見ると

2012年11月29日 (木)

大山寺の大イチョウ

昨日、午前中少し時間ができたので上板の
大山寺に行ってみました。境内には樹齢何百年にもなる
大イチョウがそびえています。
葉っぱはほとんどが落ち、黄色のじゅうたんを敷き詰めた
ようになっています。
朝の柔らかい光を浴びていい感じです。それに銀杏もなく、
あの嫌な臭いも無です。coldsweats01  あれを踏むと車の中がくさいので
いやなんです。
4~5人の年配のカメラマンの方が来られて熱心に
撮影されていました。

_dsc0055_2
▲フカフカで歩いていても気持ちがいい。

_dsc0077
▲山門裏のモミジ  


2012年11月28日 (水)

でかいサルベージ船

月曜の昼、マリンピアの入口にある馴染みのうどん屋さん、
さくら製麺所に寄った帰り、東の方角を見ると巨大な塔みたい
なものが立っていた。
今でも大きな車や特殊な作業車が好きなので、興味津々
近寄ってみた。
あたり一帯は立ち入り禁止になっているので、全体がどうなって
いるか、いまいち分からない。それでも見たいので、
昔の高速船のりばの所まで行って、やっと全体像が見えた。
でかい! 高さ推定70~80m、台船長さ推定100mもあると
思われる。吊り上げているのは鉄板のようで遠目には
ほとんど作業が進んでいるのか分からない。
そういえば阿波しらさぎ大橋の橋げた架ける時も
あんな、サルベージ船が来ていたな~。

_dsc0027
▲遠くに見える八個のコンクリートの塊。1個が縦10mぐらいある。

 それと比べると大きさが…。

2012年11月27日 (火)

瑞巌寺 秋模様

今日から写真付きです。happy01
写真展の前(11月21日)に東山手町の瑞巌寺を撮ったので、
いまは少し紅葉が進んでいると思います。
ちょうど見ごろかもしれません。
このお寺さんはいつ行っても静かな佇まいで落ち着きます。
眉山から湧き出る清らかな水が池に注ぎ風情もあります。
山裾の自然豊かなお寺をぜひ、訪ねてみてください。
庭園は拝観料(300円)が必要です。

_dsc0083
▲境内はしっとり落ち着いて

_dsc0094
▲山門付近 赤の服を着た人をポイントに入れて見たけど分かりますか。

_dsc0068
▲本物の竹を敷き詰めて

_dsc0042
▲眉山の湧水に集まる鯉たち。餌になるものがあるのかな~?

2012年11月26日 (月)

御礼

初の個展「徳島 四季の美」を11月23日~25日の三日間、
徳島市寺島のヨンデンプラザ徳島で開催したところ、ご署名いただいた方

226人のお客様にお越しいただきました。
それぞれの方に、お礼申し上げなければならないところですが、
ブログを見て下さる方限定でお礼申し上げます。
ようこそおいで下さいまして、ありがとうございました。

個展のきっかけは、ブログを始めたことで「大阪の友」さんが
背中を押してくれたことでした。
そして作品仕上げ、搬入を手伝っていただいた多くの皆様、
DMはがき、カレンダー、案内サインなどを作ってくれた
印刷会社の皆様、献身的に手伝ってくれた友達とその家族の方、
これらすべての人のおかげです。
無名の私を紹介していただいた徳島新聞、四国放送、FMびざんの
関係の方々にもお礼申し上げます。

写真展を開催して分かったことは、花の咲く場所や滝の場所、時間帯
などを尋ねられることが多くあり、皆様それぞれ徳島の自然に興味を
お持ちなんだな~と思いました。
また、すべて徳島で撮影したものだというと驚かれる方が、
何人もいらっしゃいました。早朝や夕方、深夜など自分が見たこと
ない時間帯のものはやはり、珍しいのでしょう。
まだまだ、徳島も捨てたものじゃないと思います。
今後も徳島の四季の表情を追っていきたいと思います。

2012年11月25日 (日)

最終日

二日目の昨日、ヨンデンプラザに着くと玄関前に大きな
三脚とテレビカメラが置かれていたので、もしやと思ったら
もしやだっだ。happy01
四国放送の関連会社の人がすでに待機してくれていた。
女性ディレクターの方に放送するお勧めの作品や点数、
撮影裏話などを一通り説明させていただいた。
男性カメラマンが熱心に作品の撮影。11時35分の徳島新聞
ニュースで放送するとのことで、親に急遽連絡。
大阪の友にも連絡を… あ、アカンは徳島だけじゃ。

10時開店ガラガラと共にお客さんがおいでになった。
案内を出してなかった旧知の人もおいでてくれた。新聞に
載ってたので着たとのことで、新聞の訴求力はやはり凄い。
その後、お昼ごろには少し客足がとだえた時間もあったけど、
午後から続々と来ていただいて、記帳に時間がかかっていたので
芳名録を増やした。
沢山の人で会場が混雑するなか、ひとつ失敗したと
思ったのは初日にしていた名札を忘れたこと。
いくらスーツ姿とはいえ、主催者と思われなかったケースが
あった。coldsweats01
二日目の方が初日より時間が経つのが早い気がした。
もっと話をしたいと思ったけど、話せなかった人がいた失礼。

いよいよ今日は最終日。どんな出会いがあるか楽しみhappy01
接客してたので写真撮れてな~い。

2012年11月24日 (土)

2日目

写真展2日目の朝です。
昨日、朝のはよから知り合いから電話がかかり、
「ヨンデンプラザの前におるんやけど写真展しよらんの」と。
あーた、まだ9時でっせ!! 「開館は10時からです」と応える。
なにか大きな期待されているのが分かり、ちょっとプレッシャーcoldsweats01

真っ先に駆けつけてくれたのは、会社時代の上司で画家のF氏。
その後ぞくぞく友人、知人、通りすがりの人が来てくれた。嬉しいな~。
少し天気も悪いのに…。ほとんど途切れることなく訪ねてきてくれた。感謝!
おかげでご飯食べる間もなく接客した。(途中ででおにぎり詰め込みました)
色々な人と色々な話をさせていただいて、勉強になった一日。
今日も来てくれるかな~。

_dsc0001
▲徳島新聞に載せてもらいました。happy01

2012年11月23日 (金)

いよいよ

今日から写真展開幕です。
天気は?ですが、ぜひお越しくださいね!

_dsc3712


お待ちしています。

2012年11月22日 (木)

眉山夕焼け

_dsc0018_2


一昨日の眉山は久しぶりに綺麗な夕焼けでした。
徳島新聞に吉野川を入れた写真が掲載されていましたが、
写真記者が偶然その辺りにいたのか、それとも狙って行ったのか!?
そのあたりを聞いてみたいものです。
狙って行っても本社から車で10分ぐらいかかるし、
夕日のピークは短くせいぜい5分ぐらいが見ごろです。
新聞に5時7分撮影とありましたが、掲載している写真も
5時7分07秒と同じ時間です。
ただし僕のはいつもの、ベランダからの手抜き撮影です。happy01

個展まであと1日
Photo_2

2012年11月21日 (水)

柿黄(かき~)

_dsc0095

柿の実が熟して、里山は黄色が目立つように
なってきました。そのうち黄色の代表格、イチョウの
名木も色づき始めることでしょう。
ここ上勝町では柿は実ではなく、葉っぱの方が重宝されています。
いわずと知れた「いろどり」です。
数年前の話で柿の木1本、数万稼ぐという話を聞いた
ことがあります。まあ、なんともうらまやしい。
いや、羨ましい話です。

_dsc0079
▲水ちょろちょろの灌頂ケ滝と紅葉

_dsc0068
▲慈眼寺と紅葉

個展まであと2日

Photo_2

2012年11月20日 (火)

プレゼント用カレンダー完成!!

_dsc0130

個展に来ていただいた人に、何か感謝の気持ちを
表わせないだろうかと思い、ささやかですがカレンダーを
差し上げることにしました。
しかも漏れなくです。happy01 
ぜひおいでください。

・サイズ/B3(364㍉×515㍉)


Dscf1641a
▲カレンダーを一人巻き巻きする。ムニュ、ぼーっと見とらんと手伝え。

個展まであと3日

Photo


2012年11月19日 (月)

作品仕上げ完了

金曜日に個展に出す作品の最終仕上げを、お世話になっている
方の事務所でおこないました。
春夏秋冬のメインは全紙(447×550㍉)で4枚、
それ以外は半切(343×417㍉)で33枚を僕以外に3人の方に
手伝っていただいて完成させました。お世話になりました。
皆さん手慣れたもので、ぱっぱと仕上げていきます。
一番もたついていたのは僕です。coldsweats01ハハ
約1時間ほどで完成して、後は搬入の日を待つだけです。
当初予定していた22日の搬入を一日前倒しして、飾り付けする
ことにしました。あ、別にお手伝いに来てという
サインではありませんよ。smile

_dsc0010
▲久しぶりに行った歩危峡(那賀町木頭)

_dsc0033
▲もう使われなくなった農村舞台

2012年11月17日 (土)

ラジオに出ました!

きのうFMびざんの「ドレミファ曽谷のどどんんがドン♪」と
言う番組に出させていただきました。
出演のきっかけは、前の職場で一緒に働いたことのある女性の
お誘いでした。「写真展するんだったらラジオでPRしませんか」
ということなので、喜んで出させていただきました。
なんの打ち合わせもなく、僕の案内はがき1枚で次々トークが
展開されていきます。僕が応えやすいように振ってくれるので、
なんとかお喋りすることができました。coldsweats01
さすがはプロのパーソナリティは違いますね~。
いい思い出の一つになりました。ありがとう。

_dsc0016
▲剣山スーパー林道より釜ケ谷川を写す。

_dsc0086
▲赤、緑、黄が1本の木で見られ綺麗です。

歴史は繰り返す!?

大げさなタイトルで恐縮です。coldsweats01
昨日(2012年11月16日)も大神子にだるま撮影に行ってました。
天気もよく水平線に雲がなく、だるま朝日になるのは確実でした。
しかし、朝日が昇る時刻に合わせたかのように、貨物船が前を
横切りました。あれ~、去年もそんなことがあったな~と
思ったので調べてみると、なんと昨年の11月16日に貨物船が
横切ってました。沖を航行する船の数はそう多くないので、
偶然の一致ですね。だるまよりこの方が珍しい!?

_dsc0025
▲せ~の、船がタイミングを見計らっているようですhappy01
            ↓

_dsc0031
▲ドンぴしゃ。通過中ー。
            ↓

_dsc0036
▲通過後。祭りの後状態happy02



_dsc0046
こちらは2011年11月16日の様子

2012年11月16日 (金)

大神子の初だるま

15日の朝、一年ぶりにだるま朝日狙いで大神子に
でかけました。
三脚にセットして試し撮りしたところ、デモモードの表示が…。
「しまった~~wobbly」メディアの入れ忘れじゃーーー。
朝、ふと思い立ってカメラとレンズだけ持って急いで
出かけて行ったからです。「あ~あ、なにしよんな俺は…」
せっかく綺麗なだるま朝日になりそうなのに…。
あまりにも悔しいので、さっさと帰ろうと車に戻ったところ
サブのバッグにコンパクトフラッシュが一枚。やったー。smile
やっぱり、前日からの準備が大切なようです。反省。

_dsc0048
▲離脱。ぶち~っと切れる音が浜に響き渡ります(嘘)
  太陽にもっと色がつくと思ったけど、少し飛び気味になっちゃいました。

紅葉シリーズ⑬ 大轟の滝(那賀町)

_dsc0060

滝と紅葉の組み合わせではここが一番好きで、もうかれこれ
20年は通ってます。その割には変わり映えしませんが…coldsweats01
ここの撮影は朝10時までか、曇りもしくは小雨の日がいいようです。
しっとりした感じになるのでGoodです。道端にあるのも
楽でいいです。happy01
今が一番の見ごろでしょう! ぜひどうぞ。

_dsc0023_3
▲いつもこのアングルで定点撮影していますが、
 だんだん木が成長して滝が見ずらくなってきました。

_dsc0035
▲大轟の滝正面

2012年11月15日 (木)

みじかな秋 徳島中央公園

_dsc0040a

少し前から公園内にツワブキの花が咲いています。
この公園をよく歩くのですが、山の斜面や木の根元の
背景が暗いところに咲くツワブキはハッとするほど
目を引きます。それと同時に気持ちが晴ればれします。
不思議な魅力を持つ花です。

_dsc0022
▲すっかり寒くなりました。子どもも背中を丸めて通学しています。

_dsc0019
▲イチョウも黄色に色づいて。



紅葉シリーズ⑫ 神山の紅葉

_dsc0193

▲土須峠を神山側に下る途中に綺麗に紅葉した木がありました。

_dsc0175

▲上の写真の横



ここしばらく更新していませんでした。失礼!
2~3日前に突然インターネットに繋がらなくなり、
困っていました。
インターネットでの情報の収集、メールのやり取り、
ブログの更新などが出来ないのは、ただちに生活に悪影響を
及ぼすものではありませんが、なければそれなりに困るものです。
昔はそんなもの無くても普通に生活できましたが、
いったん便利なものを知ると、先祖がえりはできません。
PC依存症とは知らず知らずに蔓延ってきたんですね。
この先のことを考えると、少し心配になります。

2012年11月13日 (火)

紅葉シリーズ⑪ 大釜の滝(那賀町)

_dsc0132

日本の滝百選の「大釜の滝」は近年ないぐらい
綺麗に紅葉していました。この時期、周辺の道路は
混雑するのですが、やはり渋滞していました。happy01
3~4台の駐車スペースしかないので、上手にとめないと
人に迷惑かけてしまいます。気をつけたいものです。
大釜の滝に下りる遊歩道前は、今年もすっきり木が刈り取られ
滝鑑賞が楽しめます。整備された方々に感謝です。

2012年11月12日 (月)

紅葉シリーズ⑩ 遍土滝

10月初めにロケに行った木沢の遍土滝に再び行きましたが、
期待したほど色づいていませんでした。前回訪れた時は
水量も多くて、かなり期待していたのですが…。
そう上手くいきませんね。まあ、それでも探せば見どころは
あるものです。

_dsc0063
▲本滝を横から見ると…。この場所斜面になってるので、
 三脚立てるの大変なんですhappy01

_dsc0043

▲水量が少ない分、近くまで寄れます。また葉っぱクルクル撮ってみました。


_dsc0051
▲鹿の角のように見えませんか? 



Photo

2012年11月10日 (土)

紅葉シリーズ⑨ 殿川内渓谷

最近、どの温泉施設も町内の観光地巡りを行い、利用客の
向上を目指しているようです。
殿川内渓谷にも、月ケ谷温泉のバスが紅葉狩りの
お客さんを乗せてきていました。
高齢の方や山道の運転に不慣れな人は、こんなバスを
どんどん利用したらいいと思います。
車窓から紅葉を眺めるだけでもいいし、バスを降りて付近の
散策を楽しむのもいいと思います。自然の中に身をおくと
リフレッシュできます。
帰りは温泉で温まり最高ですね。

_dsc0061_2
▲天気は最高

_dsc0072
▲平家伝説の場所で

_dsc0048
▲ぽつんと一本

2012年11月 9日 (金)

紅葉シリーズ⑧ 殿川内渓谷

上勝の殿川内渓谷に紅葉を求めて行ってみました。
やや早い印象ですが、木によれば充分色づいていました。
ただ、天気が良すぎるので葉っぱがパサパサした感じで、
艶っぽさがありません。
人間も艶っぽさが無くなるとイケませんね~。


今日の徳島新聞に高の瀬峡の紅葉が載っていましたが、
僕はここと相性が悪く、綺麗に紅葉した時に出会ったことが
ありません。7~8年前になると思いますが、てんとう虫が
大発生したときがありました。カメラにとまったり、メガネに
引っ付いてきたり追っ払うのに大変でしたが、
日陰に移動すると不思議といなくなりました。
てんとう虫の和名「天道虫」は太陽に向かって飛んでいく
ことから太陽神の天道からとられたそうです。なるほど。


_dsc0018
▲カーブミラーをいれて撮ってみた。


_dsc0024
▲ど~も綺麗に渦をまかないなー。


_dsc0030
▲少し早いようですが、緑があって赤が引き立つんです。
  横に滝があるの分かりますか。

_dsc0044
▲斜面に光が当たる。

2012年11月 8日 (木)

ゆれるコスモス

_dsc0008_2


吉野川の土手道をオジさんがポケットに手を
突っ込んで散歩中。夕方になって急に風がでて、
コスモスが右に左に…。

僕の髪の毛も右に左に…。
この土手の下で個展に使うポートレート写真を
レリーズを使って一人で撮影。
散歩の人は何してるんだろうと思ったはず。
会社時代の大先輩がよろよろ走り抜けていったが、
気づいてなかった。
あの人は、また来年のとくしまマラソンに出るんだろうな~。
元気な人です。

2012年11月 7日 (水)

紅葉シリーズ⑦ 釜ケ谷峡谷

大釜の滝の上流、釜ケ谷川におりて紅葉を
撮影してみましたが、上流に行くほど大きな石が
ゴロゴロしていて沢伝いに歩くことはできません。
もちろん長靴は必需品ですが、川を渡れない所も多く
あります。
川におりると誰一人いなくて、景色の独り占めという
ことがよくあります。これはこれで贅沢なことでしょうが、
足を滑らして怪我をしてもいけないので、危険なところに
無理していくのは禁物です。

_dsc0156
▲ところどころに紅葉した木々が。

_dsc0163
▲まだ緑のモミジ。

_dsc0087
▲紅葉が川に映って。

2012年11月 6日 (火)

早朝の田井の浜

_dsc0012
▲街灯の明りが海面に映り込みました。

夏は海水浴で賑わった田井の浜も今は閑散としています。
地元の人が散歩しているぐらいで、人通りはほとんどありません。
これから12月から1月にかけては、だるま朝日狙いのカメラマンが
来られるようになります。左の半島と中央の島の間から
朝日が上がるようになれば狙いです。
それにしてもこの遠浅の浜辺は透き通っていて美しいです。

2012年11月 5日 (月)

紅葉シリーズ⑥ 釜ケ谷峡谷

週末の木沢、釜ケ谷峡谷はまずまずの天気で紅葉の
ほうは少し早い気がしましたが、部分的には紅葉が始まって
いました。
コンビニおにぎりでも、この自然の中で食べると美味しい
ものです。でも、一番は家内の作ってくれる弁当ですが…。
(よいしょ、しとかんと今後作ってくれんようになるからな~。coldsweats01

_dsc0092
▲流れの先に紅葉が見える。

_dsc0011
▲釜ケ谷橋周辺 この橋の付け根、コンクリートが爆裂している。落下の心配ないのかな~。

_dsc0049
▲大釜の滝周辺

_dsc0130
▲沢谷川におりて

※注意:大釜の滝近辺にサルの群れがいて逃げる際、

偶然落ちたのか、あるいはサルが投げつけたのか分かりませんが、

大きな石(約30㎝)が落ちてきました。この辺りを通過する場合は

サルにご注意を。あ~びっくりしたな。あんな石当たったら大変や~。

_dsc0019
▲こいつがボス猿!? いつまでもうるさく吠えていた。

2012年11月 3日 (土)

八重垣姫と弁慶

_dsc0005a_2


いつもは徳島の自然風景の写真がほとんどですが、たまには
ジャンルの違うものも、いいかなと思いご紹介します。
この木偶頭は三年前に亡くなられた人形恒(田村恒夫さん)が
制作されたものです。
「徳島は人形浄瑠璃の国」といわれるほど浄瑠璃が盛んな土地柄です。
太夫や三味線、人形使いを影で支える人形作家はあまたの人たちがいる
なかで、阿波木偶保存会の会長として伝統文化を守り続けて
こられました。
人形恒さんのご自宅で息子さん立会いのもと、貴重な木偶頭の写真を
撮らせていただきました。いい経験をさせていただきました。
そういえば、今日は文化の日で徳島のあちこちの農村舞台で
人形浄瑠璃が上演されていることでしょう。
そのなかには人形恒さん制作あるいは修理をされた頭も
あるかもしれません。

紅葉シリーズ⑤ 神山

木沢で紅葉を楽しんだあとは、土須峠経由で帰りました。
雲早トンネル抜けると、雄大な景色が広がり山の斜面は鮮やかな
紅葉に彩られていました。

_dsc3584
▲ライダーがいく。

_dsc3556
▲一部の山が西日に照らされて

_dsc3600
▲杉林の中に点在する紅葉

2012年11月 2日 (金)

眉山 スポットライト

このところ随分日が短くなりました。
5時過ぎには暗くなりはじめるので、もう晩酌はじめて
ええんかな。と、ふと思ったりします。(でも、しませんよhappy01
僕の性分は明るいうちに、お酒を飲むのは極道もんという感じを
持っていて、いくらbottle好きといってもどうも憚られるのです。
でも、夏の暑いときは昼、beerを1本ぐらい飲んだりするときは
ありますが…。
なんだかんだと理由をつけて一杯飲む。やっぱり酒飲み
なんだと思います。随分弱くなりましたが…。

_dsc0022
▲昨日の眉山 スポットライトが当たってるようです。

紅葉シリーズ④ 奥槍戸

このシリーズも飽きてきたところでしょうが、
もう少しお付き合い下さいね。

_dsc0246
▲背景の緑とマッチして美しい。

_dsc0186
▲谷から流れ落ちる水が円を描いてた。

_dsc0264
▲もう誰も住んでいない廃屋。

_dsc3495
▲青い空と雲と紅葉


お礼
10月30日、31日にかけて写真展の案内「徳島 四季の美」の
ハガキを郵送させてもらったところ、多くの人たちから
電話あるいは当ブログにコメントをいただきました。
ありがとうございました。
俺んとこに、あるいは私のとこにハガキ届いてないぞ~
って人には失礼しました。happy01
この場でお誘いいたします。よろしかったら11月23日(金)~
25日(日)、徳島駅横、ヨンデンプラザで個展を行いますので、
ぜひお越しください。お待ち申し上げています。

2012年11月 1日 (木)

紅葉シリーズ③ 奥槍戸

_dsc3508_2


最初の写真はきのうも紹介した「にくぶち滝」です。
この滝は道路から見られるので、無精者の私には丁度いいです。
滝王国木沢には無数の滝があり、ひょっとすると誰の目にも
触れていない超・美滝があるかもしれませんね。

_dsc0172_5

▲整然とした杉並木が美しい。

_dsc0220

▲ススキと紅葉のコラボ

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »