« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月31日 (月)

大晦日

朝、町内をぐるり歩いてみました。
さすがに町は休みモードに突入していて、人通り
車どおりは少なくゴーストタウンのような雰囲気も
感じられました。
そしてメチャ寒い。一昨日の温かさはどこへやらって
感じです。でも一時間も歩くと背中にジワっと汗を
かいてきます。

きょうは午後から里帰りします。
両親、弟夫婦とその子ども二人。そして私たち夫婦で
一杯飲みながら、大晦日の夜を過ごします。
皆様、良いお年をお迎えください。そして来年も
当ブログをよろしくお願いします。

_dsc0040
▲マリンピア沖洲の突堤より。

2012年12月29日 (土)

温かい朝

今朝の田井の浜の様子です。随分温かい朝でした。
厚手のタイツ、ジャージ、その上に綿入りのウインドブレーカー
というこれ以上ないぞーというぐらい、下は着込んで行ったのに
全然寒くない。逆に着すぎでモタモタする感じでした。
少し前に雨が降り、気候が入れ替わったようです。
さて、2012年も残り二日になりました。皆様はどんな
年だったでしょうか。僕は11月に初の個展をするなど思わぬ
展開になりました。色々な人たちに手伝ってもらって、
有難い感謝の年でした。

_dsc0017
▲右下に板に乗って、沖に漕ぎ出す人が二人。どうやらサーファーらしいが、

  南洋の原住民みたいhappy01


2012年12月28日 (金)

年末の夕暮れ

今日はもう28日。勤め人は今日で最後という
人が多いのかもしれません。年末年始は日のまわりが
よく、1月4日の金曜を休むと9連休という大型連休
です。そりゃ、ようござんした。happy01 こちらは勤め人では
ないので、あまりピンときませんが。
完全オフといっても休みは早く過ぎるので、有意義な
お休みにしてください。

_dsc0014
▲吉野川に架かる六條大橋から潜水橋を望む。

_dsc0030
▲冬の空と鉄塔

2012年12月27日 (木)

[番外編]神戸南京町で立ち食い

クリスマスイブの24日、神戸の南京町にいた。
街はイブで大勢の人だかり。中華街も人出は多いが、
2月の春節祭ほどではない。昔、春節祭に行ったときは
身動きとれない大混雑。ほとほとまいった。
行列のできる店で「焼小龍包」をいただいた。
まずまず旨かったが、香港で喰った小龍包が強烈に
旨かったのであの味に比べると、少し物足りなかった。
それより、焼小龍包を食べた後のプラのパックを
どこかに捨てようとしたが、街中どこにもゴミ箱がない。
みんなどこに捨ててるのかな~。気になる。

_dsc4008
▲南京町の広場。春節祭の時はイベント広場になる。

_dsc4011
▲この店で焼小龍包をいただいた。行列ができる店だった。

2012年12月26日 (水)

サンタが船でやってきた!

_dsc4068
▲住吉のF氏邸でクリスマスプレゼントを配った後、

  どこかへ向かう。

クリスマスも終わったので、クリスマスネタは
早う出さな。happy01
きのうウオーキングの途中で出会ったサンタです。
というか、サンタがクリスマスプレゼントを
配るところを撮りに出かけたのですが、
一歩遅かったようです。
着いた頃にはすでにプレゼントを配り終えて、
次の目的地に向かうとこでした。

[番外編]但馬の小京都 出石(いずし)

○○銀座というのはよくある。それに次いで、
○○の小京都と云われる地区は全国に沢山ある。
兵庫北部の出石も「但馬の小京都」といわれるぐらい
歴史ある、かつての城下町。
重要伝統的建造物群保存地区という長ったらしく、
固い名前の町並みとして、国から選定され保存されている。
確かに古い街並みが続き、おもむろに散歩するのは
いいのだが、やはりここでは「出石そば」が有名なので
こいつを喰っとかないとなあ~。
なんでも信州から殿様を迎えた時に、蕎麦職人も一緒に来て
蕎麦が広がったのだとか。
小皿5枚を薬味のネギ、しょうが、刻みのりをカツオと昆布の
ダシがきいたつゆで食べる。「う~ん、旨い」欲をいえば
橋本の生そばのような、だし汁が温かいともっと良かったなー。
なにせ外は、雪の塊が融けずに残るぐらい寒かったから。

_dsc3959
▲辰鼓楼(しんころう) 昔も時を告げる時計台だった。

_dsc3961
▲地元の特産品を販売する土産店

_dsc3976
▲大塚の古い看板。田舎の廃屋でも、見んようになった。

_dsc3970
▲カラフルな傘が並ぶ。

2012年12月25日 (火)

LEDのお膝下

日~月と兵庫は丹波、但馬方面に出かけてたので
ブログはお休みでした。べつにスキーに行ったのでは
ありませんが大雪でした。きょうも日本海側から北海道は
大荒れのようです。
さて、本日の一枚はLEDの本場、阿南の日亜化学の
近所に設置されたイルミネーションです。
22日夕方、美波町にキャンドルライトの撮影に出かけたのですが、
あいにくの強風でロウソクが点かずイベントは中止になりました。
楽しみにしていたのですが、少し残念でした。
美波町に行った帰りに撮りました。

_dsc0008
▲右の塔は今年オープンした東京スカイツリーのようです。

  後ろのビルが日亜化学です。

2012年12月22日 (土)

石井町のイルミネーション

石井のイルミネーション「ほなけん石井イルミネーション」に
行きました。意外と言っては失礼ですが、ベリー綺麗でした。happy01
いしいドームのある飯尾川公園一帯が飾り付けられ、近所の
お子たちがジイ、バアに連れられテンション上がりまくりでした。
ここのは赤、黄、緑、青と色が豊富でデコレーションも工夫
されていてエエ感じでした。
1月3日まで点灯されるようなので、お近くを通った際には
覗いてみてはいかがでしょう。
・石井町高川原字高川原 飯尾川公園
・17:00~22:00
・駐車場は広い(無料)

_dsc0039
▲広々した会場で子どもたちが遊ぶ。

_dsc0029
▲ペリカンとか恐竜のイルミもある。(組み合わせがよう分からんが…happy01

2012年12月21日 (金)

だるま朝日の北限

を調べると、以前ブログに書いたので徳島の北の端
孫崎(鳴門)に行ってみた。
12月18日から25日まで日の出の方位118度と、一年で一番
太陽が南から上がる。つまり和歌山紀伊半島沖の海上から
朝日が上る。
だが、孫崎では「だるま朝日」を見ることができない
ことが判明(写真)した。残念happy01
ちゅうことはもっと南、月見が丘(松茂町)あたりかもな~。
調査は続く。

_dsc0068
▲夜明け前の鳴門海峡。

_dsc0125
▲淡路島の向こうから顔を出した朝日。

2012年12月20日 (木)

ケンチョピアのイルミネーション

また、きのうの晩も出勤しましたよー。
ケンチョピアを対岸から見た様子です。10年ほど
前に比べると随分寂しくなりましたが、やはり県都を
彩る灯りは必要ですね。県庁とか暗いと何か、しょぼくれて
いるようでいけません。
ここのイルミネーションを見ると気持ちが明るくなって、
クリスマスがもうすぐ来るなあと、オッサンながら、
ワクワクします。happy01
もっと眺めていたかったのですがこの後、急な雨で撤収
してきました。天気予報に雨降るってあったっけ。

_dsc0043
▲川面を彩るイルミネーション

2012年12月19日 (水)

Kamome

最近、徳島市内の川にカモメが増えた気がします。
「かっぱえびせん」持って出かけましたが、必要ない
ぐらい一杯いました。happy01

_dsc8086a
▲新町川の中洲市場周辺 市場だから、おこぼれ貰える!?

2012年12月18日 (火)

市内の夜景

_dsc0049_2


眉山のクリスマスイルミネーションを撮影した後で、
少し移動して徳島市内の夜景を撮ってみました。
上から見る徳島市街は、もやって霧がかかっているように見えました。
きのうは気温がすこし高かったせいでしょうか。
ケンチョピアのライトアップが始まったのを、眉山から
確認できました。(12.12.17)

Photo_3
▲夜景つながりで香港夜景。ビクトリア・ピークより

2012年12月17日 (月)

青とオレンジのせめぎ合い

12月も早いもので、もう中旬になりました。
クリスマスまでの一週間、イルミネーションの写真が
多くなると思います。なぜなら県内のイルミネーションの
撮影依頼を受けてるからです。
冊子に使わない捨て駒をアップさせてもらおうと
思います。

_dsc3884
▲太陽の沈む位置がだんだん北寄り(右)になり、

  眉山の真後ろに沈むのは2月9日前後になります。

   (うちから見ての話です。)

2012年12月15日 (土)

薄暮

一昨日の夕方です。
南海フェリーが和歌山に向けて出航していきます。
この写真の反対、西の空は濃いピンク色に染まって
鮮やかですが、東の淡い色も自分的には好みです。
この後、すぐ夕闇に包まれていきました。

_dsc0019


※かなり申し遅れましたが、10万ヒットを超えました。
  見ていただいた皆様のおかげです。有難うございました。


2012年12月14日 (金)

蟻の大行進!?

_dsc0018


_dsc0032_4


小松島和田島のシラス漁船団が勢いよく
出港しているところです。津田の突堤からは
はるか彼方に見え、まるで蟻が大行進しているかの
ようでした。しかも、浮いて見えるし。happy01
昨日の朝は津田の突堤に行きました。天気がよく、
すごく眩しくて、だるま朝日も白飛びしてしまいました。
(12.12.13写す)

2012年12月13日 (木)

初冬の幸町公園

徳島新聞の今日の運勢、10月生まれ「一発勝負が大きな利に。」
とあったので「これは年末ジャンボ買わなアカン!!」と思い、
名前の縁起も良い、幸町の宝くじ売り場に年末ジャンボを買いに行った。
一発勝負が宝くじで何を指しとるか、よう分からんがともかく
買った。当たりますようにと売り場のお姉さんが声をかけてくれた。
買った客に同じことを言ってる筈だが、それはそれでチョット嬉しいhappy01
これで年末までの間、夢が見られる。夢が現実になれば、なお良いが
そう上手いこといかんだろー。

_dsc0067
▲まだまだ綺麗な幸町公園の紅葉

_dsc0038
▲犬の散歩の人もしばし眺める。

_dsc0121
▲公園のモニュメントも市役所の窓もすべて紅葉してる!?

_dsc0138
▲この公園とにかく明るいのがエエhappy01

2012年12月12日 (水)

12.12.12の日

_dsc0096

きょうは掛け声の日ですね! いち、に いち、に
寒い日が続きますが、掛け声かけて元気にいきましょう。

本日も南の写真です。
東由岐漁港の朝の様子です。釣り人が一人、イカ狙いでしょうか。
寒空の下で釣りをしています。
2月ぐらいになると、船に乗った漁師さんが箱メガネを覗き
先がUになった長い漁具を使い、貝とかを引っかける伝統漁法が
見られます。あれは何ていうのかなー。

このあたりは昔ながらの漁村で港を囲むように家があり、
海が目の前です。そのため津波から逃れるための避難タワーが
山の傾斜を利用して作られています。試しに上ってみましたが、
結構な高さです。息が切れました。25m以上はあったと思いますが、
こんなものを、ずーっと利用しないで済むことを
祈ります。

_dsc0114
▲廃屋の民家。図柄が面白い。

2012年12月11日 (火)

連続記録途絶える

ついに途絶えました。だるま朝日遭遇連続記録。
5/5で終わっちゃいましたhappy01
日曜に美波町の大浜海岸に行きましたが、雲が
厚くだるま朝日は見られませんでした。
でも、いいんです。人間そんなに欲張っちゃいけません。wink
和歌山の天気予報見れば大体分かります。予想はしてました。
その変わりといっちゃ何ですが、海霧が見られました。
海面全体が温泉の湯気ような大きなものではなかったけれど、
ちっこいのが見られました。

_dsc0022
▲岩の縁が若干、白っぽくなってるの分かりますか。

_dsc0026
▲立島の周辺も海霧が…。

_dsc0048
▲波紋が美しい大浜海岸

_dsc0080
▲海の日本庭園


海霧:2009年1月25日 7:23

この日はとても寒い日だった。指先の感覚が無くなったのを

いまでも覚えている。

Photo

2012年12月10日 (月)

モラエスの愛した花

8日の土曜日に眉山ふもとの「和田の屋さん」に
行きました。ここは「滝のやき餅」が有名なところ
です。歴史は古く藩政時代まで遡ります。
もう一つ、有名なのは「黄花亜麻(きばなあま)」という
花です。ボルトガル人の文豪、モラエスが植えた花だと
いうことで直径5~6cmの黄色の花があちこちに咲いて
綺麗でした。モラエスってただの助平おやじ(失礼smile)って
思ってましたが、花を愛する繊細なところがあるんだって
意外でした。

_dsc3844
▲黄花亜麻 11月ごろから3月中旬にかけて次々咲く。

 今年は少し開花が遅れ気味だという。これからが見ごろ。

_dsc3862
▲和田の屋さんの中庭。ここには写ってないが、左に小さな

 滝がある。落ち着いたたたずまいです。

 ぜひ一度訪ねてみては…。

A
▲滝のやき餅 薄いので食後でもペロッと食べられる。delicious

 コーヒーとセットで600円也。


・和田の屋本店/徳島市眉山町5-3 ℡088-652-8414

HP:www.wadanoya.com

2012年12月 8日 (土)

夕暮れ時

冬の吉野川にはブイがいっぱい浮かんでいます。
スジ青のりの養殖が盛んで、生産量は全国一だそうです。
品質もかなり高く高級食材として扱われています。
お好み焼きやたこ焼きに、ふり掛ける食べ方はあまりされず
料理やお菓子にさりげなく使われることが多いとのことです。
吉野川産のスジ青のりの特徴は緑色が濃く、香りが良いと
いわれ市場で高い評価を受けています。普段、何気なく見ている
光景にも徳島の豊かさがありました。

_dsc0095
▲寒風が吹く船の上の作業は大変です。

2012年12月 7日 (金)

だるま朝日の北限は!?

徳島県のだるま朝日の北限を調べることにしました。
でも、当てにしないでくださいね。気が変わる
ことがよくありますから。coldsweats01
今日行ったのは吉野川河口の北岸、徳島市川内町です。
雲が付け根にかかっていますが、だるま朝日になりました。
今日の方位は117度で、かなり南に寄っていますが
12月18日から25日までは118度と最も南から出るように
なります。
この頃にどこで見られるかによって、徳島のだるま朝日の
北限が分かります。さて、どこで見られるでしょう?

_dsc0050
▲左に見えるのが和歌山県で朝日は18日までは右(南)に寄っていく。

2012年12月 6日 (木)

冬枯れ色

赤、黄の華やかな紅葉シーズンが終わり、
町には茶色がめだってきました。
勝浦川の河口付近のススキ!? 葦!? も黄金色から
茶色になりつつあります。
今年も残りわずかとなってきました。毎年同じ感想ですが、
一年経つのはほんとに早い。

_dsc0009
▲朝日を浴びて輝く。(勝浦川河口、論田側より)

2012年12月 5日 (水)

今年もやってくれます!

毎年この時期がくれば楽しみにしているモノが
あります。それは徳島市住吉の一般のお家の
イルミネーションです。
試験点灯を行った、11月30日にたまたま散歩中で、
家人の人と話をすることができました。
「もう今年は止めようと思とったんやけど、近所の人が
楽しみにしてくれとるけん、やっぱり今年もするように
したんよ」とおっしゃっていました。
手間も電気代も掛かるのに心意気が素晴らしい。
あっぱれ! 一つ!! happy01


_dsc0006
▲逆さ富士ならぬ、逆さイルミネーション。風があったので綺麗な

 三角にならなかった。

_dsc0026
▲動くサンタ。子どもに大人気。

_dsc0034
▲毎年、少しずつ改良しているように見える。

_dsc0036

※場所/徳島市住吉 福住橋たもと

  前の道は狭いので車での侵入は迷惑になるかもしれません

  ので、ご注意を。

2012年12月 4日 (火)

田井の浜 朝景

_dsc0095

_dsc0100

先週土曜にだるま朝日狙いで田井の浜に出かけたのは
土曜のブログに書きましたが、実は田井の浜には随分早く
着いてました。ぼーっと日の出を待っても
時間がもったいないので星空を少し撮ってみました。
空気はひやっとしていますが、この海岸に立つと
気分がいいです。
朝の穏やかな海は心和みます。

2012年12月 3日 (月)

[番外編] 安芸の宮島

先日、安芸の宮島に行きました。
15年も前に一度行ったことがあるので、それ以来
二度目の安芸の宮島旅行です。
前行った時も鹿が多いな~って印象でしたが、今回も
同じでした。いまオスは発情期なので、気をつけて
下さいねとか言ってたけど、何に気をつけるのか
聞き逃した。happy01
宮島に着いたのは夕方ちかくでしたが、NHKの大河
ドラマの影響もあり大勢の人がきていました。
でも平清盛は視聴率めちゃめちゃ低いらしいですね。

僕は一度も見たことないですが…。
本殿での参拝作法は二礼二拍手一礼と一般的な
参拝方法でした。しっかり拝んできましたよー。

_dsc3809
▲満ち潮でじょじょに鳥居が海に隠れていく。

_dsc3826
▲今の時期、日暮れが早い。

_dsc3775
▲狛犬の後ろでVサインしてるのは誰やー!! smile

_dsc3757
▲親子のシカ。万札を手に持ちヒラヒラさせてると喰われた(うそcoldsweats01

 厳島神社のトイレ入口はドアが付いている。閉めないとトイレットペーパー

 全部食べられるのだとか…。

_dsc3834
▲宮島との間を行き来するフェリー。10分ぐらいで着く。

2012年12月 1日 (土)

4/4

「4/4ってなんや~」と思ったでしょう。
それは今シーズンの「だるま朝日」の遭遇率です。4日通って
4日とも、だるま朝日が拝めました。
今朝は早起きして、県南の田井の浜にだるま朝日狙いで
出かけていました。
約一年ぶりでどこから出るか、皆目見当がつきません。
毎日、散歩しているというオバちゃんに聞くと、一昨日だるまが
見えた位置を教えてくれました。
「フムフム、この位置で待っとろー」としてたら、軽に乗った
ワカイシがそこでは、ダメですよ~と
教えてくれたので慌てて移動。なんとか撮れました。
「あ~、よかった」やっぱり実際写真を撮ってる人が
一番よく知ってるな~happy01

_dsc0147_7
▲本日(12月1日)のだるま朝日=美波町由岐

_dsc0019_2
▲3/3 大神子に3日通って3日ともだるまになった。

  今年の11月19日=徳島市大神子海岸

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »