« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月31日 (木)

いつもの眉山

昨日は取材で久しぶりに池田から祖谷方面に
行ってました。昼間はこの時期としたら温かかったので、
道路凍結の心配はありませんでしたが、
道路脇には雪がうず高く積み上げられていました。
土日に降った雪でしょう。
一応、チェーンも積んでましたが巻かずに済みました。
ていうか、チェーンもう何年も巻いてないので
仕方忘れてるかも。

_dsc0107

2013年1月30日 (水)

蝋梅(ロウバイ)

徳島県文化の森にロウバイの花が咲いています。
名前に梅が付きますが、梅の種ではないようです。
でも、かなり香りは良くて鼻の穴、思いっきり拡げて
匂いを全部吸い取ってきました。happy01

後から行った人は全然匂いがしなかった筈です。smile

_dsc0094
▲まだこれから次々、咲きます。

_dsc0061
▲なに、撮ってんだよーって睨まれました。

2013年1月29日 (火)

徳島中央公園 雪景色

26日の土曜日、徳島市内ではチラホラ雪が舞いました。
ほんとに少しですが。朝ウオーキングで中央公園に寄ってみました。
いつもは城山をグルっと一周するのですが、西側の歩道は
工事のため通行止めになっていました。暫くの間、通れそうに
ありません。いつもの散歩コースを歩けないのは調子、
狂っちゃいますね。

_dsc4186
▲池の周りは塩を振ったように白く。

_dsc4175
▲一面の銀世界とはいかず、まだらに積もる。

2013年1月28日 (月)

大潮の鳴門海峡

早い流れと強い風のなか、淡路島の観潮船だけが
お客さんを乗せて渦潮見物をさせていました。
この日、徳島側の観潮船2社は強風のため出航して
なかったようでした。
こんな日に渦潮見物するとスリルのあることでしょう。
その前に超寒いですね。

_dsc0045

▲早い時は時速20キロにも達するといわれる鳴門の潮流。

_dsc0060
▲波の背骨のようだと思った。
  

2013年1月26日 (土)

故郷シリーズ最終回 那佐

故郷シリーズの最終回はナサです。あのNASAとは、
まったく関係ありましぇん。
国道脇に湾が広がり、沖合には岩礁が点在しています。
そういえば、子どもの頃この海に潜ったことを
思い出していました。
水中メガネ越しに見た海のなかは、黒いもの(たぶんナマコ)や
ヒトデ、岩の下を覗けばウツボなど初めて見る不気味な
モノに驚いてすぐ陸にあがってきました。
僕の遊び場は川だったので、馴染みの無いものばかりで
海には色々な生き物がいることを知りました。

(このシリーズは1月19日から20日にかけて取材したものです。)

_dsc0033

▲釣り客を乗せた渡船を追うように鳥が飛ぶ。

2013年1月25日 (金)

故郷シリーズ⑤ 大里松原海岸

前日とよく似た写真ですが、こちらは朝の
大里松原海岸の夜明け前です。
海部川の河口付近からの撮影で、左に目をやると
約4キロに亘って砂浜が広がっています。
中学校のクラブ活動の時はこの浜をよく走らされました。
しんどかったな~。なにせ強いクラブだったので、練習は
厳しかった。おかげで四国大会で優勝したこともあります。
ガリガリで紅顔の美少年だったけど、今や腹の突き出した
ただのオッサンです。ハハhappy01
ちなみにクラブは今流行のバスケです。

_dsc0004a_4
▲じょじょに明るさが増す。


_dsc0001_2
▲電池の接点に青錆が付き、同時に電池の液漏れもあり
 長いこと放置してあったニコンのスピードライト。 
 が、錆を落としたら使えるかもと思い立ち、家にあった寿司酢で
 ゴシゴシやってみた。するとあっと言う間に錆は落ちピカピカに。
 電池も新しいものを入れるとすぐ復活。無知って損しますね~。
 

2013年1月24日 (木)

故郷シリーズ④ 水床湾 

この水床(みとこ)湾も好きで朝早く来たり、夕方から
夜にかけて来たりします。
本日の写真は夕方、待ち構えてオリオン座を狙って
みました。
段々日が暮れて、まず空を見上げると一番最初に現れるのは
木星でしょうか。その次にシリウスが現れ、お目当ての
オリオンが日暮れとともに突然見えてきます。
東の空は星の数が少ないのですぐ分かります。
三ツ星を囲むように星たちが昇っていきます。厳かな夜です。

_dsc0157
▲ISO100で5分露光

_dsc0174
▲たまには縦位置で

2013年1月23日 (水)

故郷シリーズ③ 霜椿

霜椿(しもつばき)という言葉はおそらく無いと
思いますが見た瞬間、この言葉が頭に浮かびました。
そして思わずパチリしてみました。
体感的には、そんなに寒くなかったですが霜があたり一面に
積もり、久しぶりに見た感じです。
徳島市に住んでると、周りはアスファルトとコンクリートが
多いので霜を見ることは少なくなりました。
(海老ケ池 付近で)

_dsc0135
▲朝の光が椿のシャーベットを柔らかく照らす。

2013年1月22日 (火)

故郷シリーズ② 海老ケ池

海陽町の五反田という地区に周囲4キロ余りの池が
あります。池と言うには少し規模が大きいですが、周囲を
ぐるりと車で回ることができます。
ここは渡り鳥などの中継地で野鳥愛好家がよく訪れます。
以前は無かった2か所ほどの野鳥観察施設が設けられていました。
鳥の名前はよく分かりませんが、アオサギやシラサギなどの
大型の鳥、カモやバンなどの中型の鳥の姿が多く
見られました。 

_dsc0051
▲温度差があるのか湯気が立ちのぼっていた。

_dsc0114
▲朝日が差して、急に明るくなった。

2013年1月21日 (月)

故郷シリーズ① 大砂海岸

今日から僕の田舎の海陽町シリーズをはじめます。
土曜~日曜にかけて取材してきました。
まずは大砂海岸です。この写真の左には、海水浴のできる
浜があり、夏には多くの人たちで賑わいます。
今年の正月も初日の出を見るために、来ましたが
残念ながら、だるま朝日にはなりませんでした。
そういえば、この日年配のカメラマンの人が来て
話をしましたが、今年になって一度もだるまになってない
とおっしゃってました。
色々な気象条件や地理の関係でなりにくいのでしょうか。

_dsc0025

▲沖に見えるのは出羽島(右)、大島

2013年1月19日 (土)

波紋

_dsc0008

四国最東端の岬、蒲生田岬。
北西の強い風にあおられ波紋がくっきり見える。
風に逆らって飛ぶ鳥もきつそうで、海面ぎりぎりを
飛んでいく。
どういう訳か、この岬に来るのが好きなんです。
岬そのものよりも、岬までの道中が好きかな。ひと昔
前は酷道と評され、車を対向させる幅がなく苦労したものだ。
今もそれほど変わらないが、多少は拡幅された道がある。
左に海を、右に段々畑を見ながらの運転。なにか惹かれる
ものがあるが、それが何かハッキリ分からない。

2013年1月18日 (金)

大神子朝景

だるま朝日で賑わった大神子海岸もそろそろ
終焉を向えそうです。11月中旬から随分楽しませて
もらいました。
それにしても、このところ寒い日が続きます。
西の方はかなり雪も降ってるようで、徳島道や高知道の
一部が積雪のため通行止めになってるようです。
通行止めで思い出しましたが、末広大橋がこの21日から
夜間工事のため通れなくなるようです。
ちょっと不便ですね。

Dsc_0003
▲人影も少なくなった海岸線。

2013年1月17日 (木)

一年ぶりのカワセミ君

所用で出かけたついでに中央公園に寄ってみた。
弁天池のところに来ると、大砲レンズをかまえた人が…。
もしやと思ったら、もしやだった。happy01
慌てて、駐車場に戻りカメラを取ってきたが三脚はなし。
止まってるのだけ小さくても撮れたらラッキーと思ったら、
近くまで来てくれた。いい子だな~。
去年の子かな。ありがとう。

_dsc0056

▲ちょうど日の当たるところに来てくれた。心得てる。

_dsc0078
▲捕食シーンも撮らせてくれたが、ピントがあってない。gawk

2013年1月16日 (水)

朝日と波消しブロック

鳴門の大毛海岸の砂はきめ細かく、風の強い日は
砂除けフェンスや堤防を飛び越して道路まで、はみだして
来てるのを見ることがあります。
朝の光が波消しブロックに長い影をつくり、面白い
景色をつくっていました。

_dsc0138
▲風紋が全体にあると良かったけど。

2013年1月15日 (火)

冬のとくしま動物園

久しぶりに動物園に行った。
広い園内に人影はまばらで閑散とした雰囲気のなか、
活発に動いているのは北国出身の動物と高い山に住む動物たち。
サバンナ出身の動物たちは、徳島の寒さが堪えているのか
動きが鈍い。はよう、温うならんかな~。

_dsc0012

▲おいおい、あっかんべ~、かよー。ちょっと目つきの悪い
  レッサーパンダ。でも、長いしっぽがかわいい。

_dsc0047
▲ミーアキャット。キャットとなっているけど
  ネコ科ではないよな~。

_dsc0041
▲名前控えるの忘れたhappy01。 サルの一種やと思う。

_dsc0102
▲とくしま動物園の象徴になっているコンドル。

2013年1月14日 (月)

吉野川の風物詩 シラスウナギ漁②

二日続けてシラスウナギ漁の取材にいきました。
今回のシリーズは長時間露光で、いかにカタチの良い光跡を描けるか
というテーマで臨みました。なにぶん相手次第という
部分がかなりありますが、まずまずの出来に満足しています。
心配していたのは大型車が橋を通過する際の揺れが画面に
どの程度影響するかでしたが、データをチェックしても、どれが
カメラブレか分かりません。happy01
まあ、考えてみたら船の方も不規則な動きに加え、波の影響で
上下左右のブレがあるので橋の揺れは関係なかったようです。

_dsc0006a
▲この日は出漁している船は少なめでしたが、その代り
  大勢のカメラマンがいました。
   撮影:2013.1.13 04:03 60㎜ バルブ F18  -1.0EV ISO100

_dsc0010
▲フレーム内のバランスは船まかせ。
   撮影:2013.1.13 04:06 60㎜ バルブ F16  -1.0EV  ISO100

_dsc0045
▲緑とオレンジの集魚灯があるけど、緑の方が好きだな~。
   撮影:2013.1.13 03:20 60㎜ 1/15 F4.0  -1.0EV  ISO1000

  

2013年1月13日 (日)

吉野川の風物詩 シラスウナギ漁①

冬から春にかけての風物詩、シラスウナギ漁に
行ってきました。行ってきたと言っても、シラスを掬いに
いったのではないですよ。あれ! 去年も同じことを言ってたな~happy01
吉野川大橋のほぼ真ん中に着いたのは、午前1時過ぎで
まだ3~4隻の船しかいませんでしたが、時間が
経つごとに増えて、午前4時前にはおよそ40隻の船が集結。
それはそれは壮観でしたよ。寒さを忘れるほどでした。(嘘coldsweats01)
めちゃ、寒かった。靴下に張るカイロ、両肩に張るカイロ、
手には振ったら熱を発するカイロとカイロもぶれですが、
あんまり温うなかったな~。
でも、エエもん見せてもらいました。ブログを通じて知り合いに
なったD氏も偶然おいでになっていて、お話ができたのは
よかったです。
明日もシラスウナギ漁の様子をお伝えします。見てね~。

_dsc0016
▲上に見える一本の光の帯は、昨年できた阿波しらさぎ大橋です。
  撮影:2013.1.12 02:21 24㎜ バルブ F18  ISO100  -1.0EV

_dsc0083
▲川のなかの小宇宙。
   撮影:2013.1.12 04:01 66㎜ 1/15  F3.2  ISO1000  -1.0EV

2013年1月12日 (土)

漁に出る

きのうのマリンピア沖洲からの朝日です。
でっかいサルベージ船が年末には姿を消し、立ち入り
禁止だった堤防に入ることができるようになりました。
しばらくの間、居ましたがどんな作業をしていたのか
サッパリ分かりません。
言えるのは、岸壁に置いてあったコンクリートの塊5~6個が
(幅10m、奥行き15m、高さ8m 推定)無くなって
いたことです。どこへもっていったんかな~。

_dsc0018

▲2隻の船が漁場に向かう。バッチ網でしょうか。沖洲では
  あまり見ませんが…。

2013年1月11日 (金)

[シリーズ札所の美⑦ 第2番札所 極楽寺]

久々のシリーズ第7弾です。
今の時期、花は咲いてないし植物の色も乏しくて
美というテーマを探すのはとても難しいですが、心で
感じた美を写してみました。
2番札所は山門を抜けたところの日本庭園が綺麗ですが、
これは春から夏にかけて再度来ようと思っているので、
今回はパスしました。
境内でまず目に付くのは弘法大師お手植えとされる「長命杉」です。
しめ縄がかけられ、ところどころのコブがいかにもご神木という
雰囲気です。願をかけると長命になるとのことで、
そこそこの長生きを願ってきました。

_dsc0031_2
▲2番札所のシンボル「長命杉」

_dsc0018_2
▲仏様の足跡 「仏足石」

_dsc0022_2
▲安産に霊験があるという。

【付録】
_dsc0041_2
水おいしいかい?

2013年1月10日 (木)

那賀川河口

那賀川大橋から多くの船が係留されているのが
見えます。大半はシラスウナギ漁の船だと思われます。
そういえばシラスウナギの漁獲量は年々少なくなっている
ようで、徳島ばかりでなく高知も同様らしいです。
あの幻想的な光の乱舞が少なくなっていくのは、
少し残念な気がします。
そういえば、まもなく新月。また吉野川にシラスウナギ漁の
船が現れる時期ですが…。

_dsc0058
▲流木と船

2013年1月 9日 (水)

朱の鳴門海峡

Dsc_0029_2

今朝の徳島新聞に鳴門海峡にクロマグロの群れが
回遊していると写真つきで紹介されていた。
クロマグロが鳴門に現れるのは珍しいと言う。
体長1mから1.5mほどでクロマグロで有名な青森、
大間で獲れる大物には及ばないが、それでも立派なもので
ある。
クロマグロといえば今年の初セリで1億5000万の値がついたのは
驚いた。ある寿司屋の知名度アップのために利用されている
のはなんだかな~って思う。大好きだけど、なかなか口に
入らない奴のひがみでした。happy01

_dsc0002a_5
▲こんなんあり~。ニコン純正バッグの肩掛け紐がブチッと切れました。
 かなりくたびれていましたが、まさか切れるとは思ってもみませんでした。
 しかも、中に機材満載状態でアスファルトに落下。あいた~。でも実被害はなし。
 ニコンのカメラは タフで頑丈なので信頼していますが、
 肩掛け紐も丈夫なモノでたのんますよ。ニコンさん。happy01

2013年1月 8日 (火)

冬の朝

きのうは七草粥を食べる日だったんですね。
正月に餅やおせちで疲れた胃を栄養豊富な七草粥で
癒すんだって。したことないな~。
最近、七草はスーパーに売っていますが、野に摘みに行ってた
時代は全部揃えるのは大変だったのでは…。
餅もおせちもあんまり食べないから、胃が痛むことは
ありませんが、この前買ったにんにく入りの海鮮せんべい
にはまいった。食べ過ぎてしばらく胃がムカムカしてました。think
美味しくて止められない、とまらない。以前食べた人が
食べ過ぎに注意と言ってくれてたのにね。バカだな~。(笑)

_dsc0047


2013年1月 7日 (月)

消防出初式

きのう小松島に所用で出かけていて、偶然
消防団の出初式を見ることができました。
2013年も今日から本格的に動くのではないでしょうか。

_dsc0132
▲一斉放水 八千代橋より。

_dsc0165
▲県の防災ヘリも参加。

2013年1月 5日 (土)

阿波の松島

阿南市の橘湾は「阿波の松島」と言われる風光明媚な
ところです。形容される側ではないので、本家を追い越す
ほどの名所ではありませんが、happy01  そこそこ美しいと私は
思います。でも、この写真の右横は大規模な発電所が
あり、ちょっとな~と思ったりします。
撮影は津峯山からで、桜のシーズンは両側に桜が植わり、
とても綺麗です。津峯スカイラインとして整備され、快適に
ドライブを楽しむことができます。ただし、有料です。
前は500円やったと思うけど、今は600円でした。

_dsc0007
▲大小の島々が美しいフォルムを描く橘湾。

2013年1月 4日 (金)

今朝のだるま朝日

カメラ一丁持って沖洲の突堤に行ってみました。
三脚に据えると左右の動きがにぶくなると考えたからです。
(ほんとはメンドクさかったからbleah
相変わらずだるま朝日狙いの人が多かったです。
そして今日も寒い。去年から今年にかけてほんとに
寒い日が多いです。温暖化はどこへ?
今日から仕事はじめの人も多いんでしょうね。ご苦労様です。
こちらはフリーの身なので気楽といえば気楽ですが、
この先、どうするっていう心配もあります。


_dsc0147
▲浮き灯台を太陽の真ん中に入れたかったのですが…。

2013年1月 3日 (木)

願い事

実家からの帰りに日和佐の薬王寺に寄ってみました。
正月三が日は薬王寺前は大変混雑するので、今までは
迂回路を通って帰ってましたが、今年は心境の変化でお参りして
いくことにしました。
無料駐車場前でガードマンに車置くまでに1時間はかかると
言われましたが、オーバーなこというわと思ってたら、やはり
オーバーなことでした。happy01 ものの5分もしないうちに車を止める
ことができました。参拝者がいくら多くても、
参拝時間はわずかですから…。すぐに空くと思ってました。
新しい山門を抜け、女厄坂の下で一時待たされましたが、
そこ以外は順調な人の流れでした。
それにしても大量の線香を焚くと、煙が息苦しいですね。
窒息するかとおもた。ゲホ! ゲホ!

_dsc0122
▲木の枝におみくじがびっしり。おみくじってどこに巻くか

  迷うなー。

2013年1月 2日 (水)

あけおめー

あけまして おめでとうございます。
日本海側の方は暴風雪警報などが出ているようですが…。
徳島県内、まずは穏やかなお正月でよかったですね。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
喰っちゃ寝の方、いけませんね。happy01 あっと言う間に、
pigになりますよ~。
午前中に大麻比古神社にお参りにいきました。
天気も良く、それほど寒くもなく絶好のお参り日和でした。
今年一年、健康で頑張れるよう誓ってきました。
どうか今年もよろしくお願いいたします。

_dsc0038
▲境内は大勢の善男善女!? が…。

_dsc0032
▲おみくじ引いたら大吉だった。なんかエエことあるかな~。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »