« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月31日 (金)

阿波しらさぎ大橋の朝日

昨日までぐずついた天気でしたが、今朝は
すっきり晴れています。新聞に世界禁煙デーという
記事が載ってたので、一年前も同じような
写真をブログにアップしたのを思い出しました。
やはり、晴れてると気分はいいですね~。
皆さん本日も張り切って仕事に励んでくださいね。(笑)

_dsc0005
▲久しぶりに朝日見ました。happy01

2013年5月30日 (木)

旭の滝に龍が舞う

灌頂ケ滝は別名「旭の滝」と呼ばれ虹が
かかることもある荘厳な滝です。当ブログでも
何度か紹介したことがあると思いますが、
落差約80mあり、風の強い日には水の流れが
右に左に揺れ落ちナカナカ見応えあります。

昨日ぐらいから、ムシムシした天気ですね。
いつもこの時期にはカメラやレンズのカビ防止に
カビストッパーや水取りぞうさんなどを用意して
います。水取りぞうさんは冬場に比べると、
溜まるのが超早いです。happy01

Dsc_0011a_2
▲滝の上の方、龍がとぐろを巻いて昇っているように 見えませんか!?

  じ~っと目を細めて見ると、そのうち見えてきますよ~。(笑)
 

2013年5月29日 (水)

吉野川の夜明け

先日から梅雨入りしている徳島では暫く、
朝日が拝めそうにありません。今週は雨か曇り
オンリーです。よって、本日の一枚で朝日を
拝んでください。happy01

きのうの新聞に徳島インターチェンジの入口が
6月4日から変わると載っていましたが、国道11号を
走ってると高架橋が何本か架かり、あの辺の様子が
一変しています。新入口から入って走ってみないと、
どうなってるのか分かりませんね。

_dsc0043
▲吉野川と阿波しらさぎ大橋 

2013年5月28日 (火)

これは何かな~?

吉野川河口に2か所、こんなモノが設置されて
います。石油でも掘り出すのか、あるいは最近流行の
メタンハイドロイドでも採ろうとしているのか!?
まあ、それは冗談ですが位置的にみたら、遠い将来
出来るであろう高速道路の地盤調査をしている可能性が
高いと思います。マリンピア沖洲を通る高速や、
ワイが生きとるうちにできるんかな~。

_dsc0063
▲沖に見えるのは豪華客船「ふじ丸」のようです。

2013年5月27日 (月)

剣山スーパー林道のシロヤシオ

先週土曜日、剣山スーパー林道沿いの山にシロヤシオの
開花状況を下見に行ってました。撮りたいイメージは、
霧のなかで静かに咲く清楚なシロヤシオです。
登山口からちょっと歩けば見られる有難い場所に
咲いています。happy01
写真を撮ってるとガヤガヤ賑やかなグループが…。
率いるのは、四季美谷温泉の名物支配人、地下足袋王子こと
平井茂さんでした。
あれ~、一瞬今日、日曜だったっけ、と勘違いしてました。
お客さんをお連れして色々回っているようでした。
精力的な方です。

_dsc0130
▲ちょっと盛りを過ぎた感じでした。

_dsc7314
▲花より、木のほうが気になった。happy01


[おまけ]

_dsc0162
▲那賀の山にナカちゃん!?

2013年5月25日 (土)

月光輝く

けさ早く出勤happy01 して内の海を照らす月明かりを狙ってみました。
海が黄金色に輝いて綺麗でしたよ。特徴は何といっても釣りの
イカダがポイントです。
このイカダ流れの穏やかな場所に設置され、安定性もあるようです。
今の時期はうき釣りでチヌ、真鯛、スズキなどが釣れるようです。
僕は釣りはしませんが、こんなイカダで風に吹かれbeerでも
飲むと最高でしょうね。グビ! グビ!! ぷはーっ。happy01
(13.5.25鳴門市内の海 堀越海峡橋より)

_dsc0031
▲月明かりが長く内の海を照らす。

2013年5月24日 (金)

高丸山のブナとオンツツジ

今週は気持ちのいい天気が続いています。日曜まで
晴れの予報ですが、車に乗ると暑いですね。
まだ5月なのに冷房いれるんは、どうかな~ と思い、
窓全開で走ってます。coldsweats01

冒険家の三浦雄一郎さんエベレスト登頂成功だそうで
凄いですね。80歳といえば僕のおやじと同年齢。
田舎で元気に百姓仕事してますが、体力的には衰えて
きています。
手厚いサポートがあるとはいえ、氷の裂け目を
渡ったり、氷壁を登ったりと大変なことです。
薄い酸素のなか自分を叱咤激励しながら
登ったことでしょう。
こちらは、ちょっとした山でも挫けてます.

Dsc_0090
▲鮮やかなオンツツジの赤と新緑

Dsc_0124
▲こんな木の下で弁当広げたら最高です。delicious

2013年5月23日 (木)

船窪オンツツジと星空

随分前から構想を練っていたのですが、なかなか
行く機会がありませんでした。先日、やっと雲の無い天気に
恵まれました。でも、月明りが強くて星野光跡が薄まって
しまいました。happy01 一枚で地上の景色と星空を撮ることに
こだわっていたんですがちょっと無理っぽいです。
(吉野川市山川町 船窪つつじ公園 13.5.21 21:00~)

_dsc0021
▲北極星を中心に星が円を描くように動く。肉眼では

  5~6個の星しか見えないぐらい夜空が明るかった。

2013年5月22日 (水)

牧場ロール

いま吉野川の堤防では草刈りの光景が
あちこちでも見られます。年に二回ほど
草刈りをしているようですが、あっという間に
草は伸びてきます。

それとは別に川原に草のロール状のものを
転がしてありました。牧歌的な景色なので、通り
がかりにパチリしてみました。

_dsc0015
▲家畜の餌にするんでしょうね。近づいてみると
  意外に大きい。このロール転がして遊んでみたい。
  一人では無理か…smile  (西条大橋付近で)

最近よく見る花

ですが、例によって名前が分かりません。coldsweats01
道沿いや、ちょっとした空き地にいっぱい咲いています。
外来種なんでしょうか? 植えたものか、生えてきたものかも
分かりませんが、よ~、目立つヤツです。

(多家良町)

Dsc_0006
▲超低いカーブミラーhappy01

Dsc_0012
▲黄色が眩しい。

2013年5月21日 (火)

吉野川の朝

最近、まとまった雨が降ってないので吉野川の
流れも細くなっています。しかし、こうやって写真で
見ると川原の面積の広いこと。全部は写っていませんが、
左側にはまだ川原があります。
釣り師お待ちかねのアユ解禁が間もなくです。
ことしのコンディションはどうなんでしょう。素人目には
大雨がなく、石に苔が付いているように見えるのですが…。

_dsc0010
▲ゴミもなく綺麗な川原。

2013年5月20日 (月)

樫原の棚田

この樫原の棚田は徳島県内の数ある棚田のなかでも
一二をあらそう美しい棚田じゃないかと思います。
どこから見たら綺麗か色々探してみましたが、
この角度に落ち着きました。左の2枚の田んぼは
まだ水が張られていませんが、二、三日のうちに
水が入ることでしょう。

付近にあった案内看板によると、江戸時代後期の1815年に
作成された樫原村分間絵図には水田や家、道の位置が
現在と同様に描かれており、200年以上もの間変わらない姿を
保っているとのことです。
1999年に「日本の棚田100選」に2010年には国の重要文化的景観に
選定されています。(2013.5.19上勝町樫原地区で)

_dsc0022
▲静かな朝の棚田

2013年5月18日 (土)

百間滝(上勝町)

夏を思わせる陽気に釣られ、百間滝に行ってみた。
高さ、およそ30mで百間には遠く及ばないが、それでも
水量は相変わらず豊富だ。
百間滝のある地区は殿川内地区といい秋には紅葉を
楽しめるところだ。秋はまだまだと思っていても、
すぐに季節が変わるのが最近の実感。

_dsc7251
▲下のほうの展望台から

_dsc0070
▲水が植物を育んで

2013年5月17日 (金)

佐那河内の棚田

スダチの花の甘い香りとともに、
山里の田んぼにもようやく水が張られ、いよいよ田植えの
シーズンに入ったようです。阿南とか海部の早場米地帯では
一月以上も前に田植えが終わり、稲がしっかり大きく
成長しています。

佐那河内村の仁井田、府能地区には大小多くの田んぼが
積み重なるように展開しています。いつも思うけど、
細くて、カーブしている田んぼの田植えは大変だろうなー
と思います。ご苦労様です。

_dsc0051
▲幾重にもなった仁井田の棚田。

_dsc0010
▲曲線を束ねるように。

_dsc7240
▲石垣の間から面白いモノが…。木のキングギドラかと

  思ったよー(古っ!!happy01

2013年5月16日 (木)

勝浦川の朝もや

12日、日曜の勝浦川です。最近昼間はめちゃくちゃ
暑いですが、日曜の朝は10℃以下でした。
そのためか、川に霧が立ちのぼっていました。

_dsc0027
▲朝日が黄色くて「ミレーの落穂ひろい」のような色になりました。

_dsc7164
▲堤防の下の田んぼで雉発見。つがいで居たところを
  写真に撮らせてもらおうと近寄ると、メスはさっさと逃げ
  オスも近寄ると一定の距離をとる。もっと寄りたかったけど。
  岩合光昭さんみたいに、動物に優しいオーラがないと
  無理だな。
 

2013年5月15日 (水)

雨上がりの那賀川

先週土曜日、木沢の遍土滝に行った帰りに
那賀川沿いを取材してきました。
いまの時期は新緑がどこに行っても綺麗ですが、
雨上がりでより一層みずみずしさが増していました。

土曜日で建設業は働いていて、国道を通るのは
圧倒的にダンプカーが多く橋の上で撮影していると
「揺れる~、揺れる~happy01
揺れが収まらないうちにまた別のダンプが…。
ダム湖の砂利を採ってどこかに移してるのでしょうか。
(13.5.11那賀町)

_dsc0138
▲この川は独特の色をしています。

_dsc0154
▲緑豊かな那賀川。

_dsc0171
▲箱庭のような景色。

2013年5月14日 (火)

八重地の棚田

昨年ここで朝焼けになった空が棚田に映る写真を
撮らせてもらいましたが、今年はそれより早い時間に
行って、いわゆるブルーモーメントな空と棚田を狙ってみました。

徳島市内から約1時間半、民家はポツポツで地上の光が
少ないので沢山の星が見えました。
でも周りは暗いし、怪しい奴がいると思われないか
ちょっと心配でした。happy01
昼間だと挨拶して、世間話の一つでもするのですが…。
早い時間だと何かと気を使いますね。
(13.5.12上勝町八重地で)

_dsc0008
▲空の青さが田んぼに反映して。

_dsc0002
▲明るくなりかけ、消える寸前の天の川。

2013年5月13日 (月)

新緑の遍土滝

みたび遍土滝を訪ねました。もともとの名前は
平がなで「へんど滝」と言うらしいのですが、あまりにも
直接的なので漢字にしています。happy01

林道に車をとめ、てくてく約30分歩くと見えてきますが、
去年は林道の一部が土砂崩れを起こし、通るのが大変なところが
ありました。今回はその部分を直してくれていたので随分
助かりました。
そぼふる雨のなかの撮影は少し困ることもありますが、
それ以上に素晴らしい新緑の風景に出合えたことに
感謝です。
(13.5.11那賀町「旧木沢村」)

_dsc0098
▲雨が潤いを与えてしっとりしていました。

_dsc0107
▲岩場に黄色い花が…。

2013年5月11日 (土)

鳴門の浜昼顔

いまの時期、日和佐の大浜海岸でもどこでも
砂地のところでは浜昼顔がよく咲いてます。
アサガオみたいな花ですが、弦はないので別の
種類と思われます。(間違ってたらスンマセンhappy01

けさ徳島中央公園を歩いてきましたが、バラが
咲き始めていました。何でも若いのはエエですねー。
いきいきしていました。
かわって路側帯に咲くツツジは終わりで、花が
茶色になっていました。かならず終わりの時が
来るってことですね。

_dsc0098
▲鳴門千鳥ケ浜の浜昼顔。遠くに大鳴門橋が見える。

2013年5月10日 (金)

美波町の棚田

阿南市から美波町へのショートカット道の高規格道路ができ、
国道55号沿線のこの棚田を見ることが少なくなりました。
ここらへんは雨がよく降る地域で国道55号が通行不能になると、
日和佐から南は陸の孤島になりかねません。
大雨だけでなく地震による土砂崩れでも同じです。
幹線道が一本増えたのはいいことですが、県南はまだまだです。

_dsc0044
▲田植えの終わった棚田。幅1mほどの田んぼにも
  稲が植えられている。

_dsc0054
▲すぐ横が国道55号だが、通行量が随分減っているので
  静かなものです。

2013年5月 9日 (木)

GWの大歩危・小歩危峡

ゴールデン・ウイークはどこに行っても混むし、
かといって、どこにも行かないのもシャクだし…。

最近、西の方に行ってないので、ちょこっと行ってみた。
家内はとある温泉施設でゆったり、こちらはGWの様子を
取材でまったり。
山城の「まんなか」はやはり車が多い。係りの人が
満車の看板を持っていたが、偶然空いたので
すんなり止めれた。ここは県外ナンバーの車が多い。
渓谷を楽しんだあとで、高知に向かうのかな!?
それとも、かずら橋にいくのかな…。
などと勝手に人の行動を予測してみる。happy01

舟下りもラフティングも平年だったら、ちょうど
気候がいいのだが、今年は昼でも少し肌寒いので
人は少な目のようだった。

_dsc0024
▲大歩危の舟下り 奇岩・怪岩、新緑を見ながら。

_dsc0134
▲ラフティング まだ川の水は冷たそう。

2013年5月 8日 (水)

阿南のタケノコ山

タケノコ今が旬ですね~。
青空市なんかに行けば、皮向いてくれてるのが
100円~ぐらいで買えるので、安っ! と思ってつい手に
してしまいます。

農協の関係者だった人が言ってましたが、
京都のタケノコは「はやしたタケノコ」だそうです。
冬場にワラを竹林に敷き詰め、その上に置土をする
手間のかかる作業をするようです。
そのため色が白くて柔らかく、独特の風味があるらしいです。
一方、徳島のは「はえてきたタケノコ」らしいですが、
いえいえ、徳島の阿南産のは立派なものだと
思いますよ。

_dsc0017
▲阿南市新野町の竹林

2013年5月 7日 (火)

海部川新緑

ゴールデン・ウイークも終わり、何となくしんどい人も

多いのでは。そこで少し癒しの景色をお届けします。

新緑の綺麗な季節にふるさとの川、海部川を遡ってみました。
周辺は田植えもほぼ終わり、水の張られた田んぼは鏡のように
山を空を美しく投影していました。ウグイスの鳴き声も
4月初旬に比べると、随分上達し滑らかになっています。
彼らも恋の相手を見つけようと、必死に練習したのでしょうか。

_dsc0062
▲新緑が朝の光をあびて輝いています。

_dsc0078
▲清流に心洗われる。(皆の瀬橋より)

_dsc0091
▲子どもの日 あいにく無風で鯉のぼりは垂れたまま。

2013年5月 6日 (月)

ネギ坊主

徳島市の金沢町や沖洲地区などで主に栽培されている青ネギは
渭東ネギと言われ、他産地のモノより高い値で売られています。
いわゆるブランド野菜というやつです。
昔放送されていた、どっちの料理ショーにも取り上げられ、
注目されました。

_dsc7018
▲ネギ好きだな~。こんなになったら食べんと思うけど。

2013年5月 4日 (土)

赤い船と赤い灯台

最近、日の出が超早いので太陽が出る時間前にどこかの
海岸にいるのは、よほど気合を入れないと無理っぽいです。coldsweats01
それとここんところの寒さは5月とは思えません。剣山や
高城山で霧氷が付いたというのを見たり、聞いたりすると
やっぱりなーと思います。

_dsc0017
▲赤い船は材木運搬船!? のようです。

 (13.5.3マリンピアの突堤より)

2013年5月 3日 (金)

カタクリ咲く

きのう佐那河内村のシャクナゲを紹介し、本日は
カタクリの紹介です。察しの良い人は「はは~ん 
場所はあそこやな」とすぐ分かるはず。happy01
でも、あえて場所は言いません。

昨年、カタクリについて書いたらすぐクレームの
投稿がきた。「安易にブログに載せるから、盗掘が後を絶たない…」
うんぬんのお叱りだった。ピンポイントで場所が分かるような書き方
してないので、ブログで怒られるとは思ってもいなかった。coldsweats01
だが、昨年写真撮った場所のカタクリは見事に盗られていた。
10cmほどの穴が無数にあき、1本も残っていなかった。あっりゃ~。

_dsc0249
▲まだ気温が低いのか、綺麗に咲いてるカタクリは少なかった。

2013年5月 2日 (木)

徳円寺のシャクナゲ

今日の徳島新聞に載ってた、
佐那河内村の徳円寺を先日久々に訪ねた。
いつ行ったか思い出せないぐらい前なので
おそらく5年は行ってない。
シャクナゲにもオモテ年とウラ年があるようだが、
今年はどちらの年になるんだろう…。

地盤が緩んだのかどうか分からないが、
根こそぎ倒れたシャクナゲが何本もある。
どうしたんだろーね。だが、それでも花は咲かせている。
健気というか、自然は逞しい。

_dsc0139_2
▲この木は特にピンク色してた。

_dsc0162_2
▲アップで!!

_dsc0093_3
▲新緑も鮮やか。

_dsc0156
▲倒れた木が目立つ。

2013年5月 1日 (水)

新緑の太龍寺

運動を兼ねて中腹の駐車場から太龍寺まで歩いた。
最近、どうしたことか山登りをすると大した距離じゃないのに、
足がつる。しかも両足の太ももとふくらはぎが…。
これって何? まあ、よ~分からんが取りあえず、
登山口にあった杖を借りて歩き出した。

境内まで1キロの道のりを杖を突きながら、ゆっくり上る。
これぐらいなら何ともなさそうだが、三嶺や天狗塚などに登るのは
こんな調子では無理だろうなー。
天気の良いこともあるが、境内の新緑は鮮やかだった。
お遍路さんも大勢来られてゴールデン・ウイークらしい
賑わいだった。
山の新鮮な空気をたっぷり吸い、気分がリフレッシュした一日。
(13.4.29)

_dsc0030
▲本堂を正面下から見る。

_dsc0063
▲境内のシャクナゲ。これを見に行ったが、昔に比べ少なくなっている!?

_dsc0049
▲大師堂から見た多宝塔。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »