« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月29日 (土)

雨後の鳴滝

仕事の関係で唯一、残った滝を水曜日に撮りに
行ってきた。この滝、普段は水量が少なく、半月ほど

前に下見した時はスカスカだった。
黒い岩肌だけ目立ち流れはチョロチョロで異様な姿。

ところが26日は轟音をたて、凄い量の水が流れ落ち
石橋の所はミストサウナ状態。coldsweats02
寄るとレンズに水滴が付くので至近距離の撮影は諦め
遠めから撮ってみた。でも、観光パンフレットに
載せるのに、こんなに水量あったら見に来た人を
だますことにならへんかな~。と、ふと考えた。

_dsc0016
▲石橋の苔の緑が美しい。(徳島市飯谷町 鳴滝)

2013年6月28日 (金)

[番外編] テレビCMのロケ地 角島大橋へ

蒼い海に浮かぶ流線型の橋をレクサスが疾走する。
そんなテレビCM見たことありませんか。
外国でロケしたのかと思えば、下関市にある
角島大橋で行ったようです。

この日の朝は大雨でCMのような天気は
期待できないと思っていたら、急に雲が無くなって
快晴に…。着いたら見事な海と空の色になってました。
やはり、日ごろの行いですねhappy01
角島(つのしま)大橋は2000年11月に開通した
無料の離島架橋です。この景観ですから、
下関の人気観光スポットのようです。

_dsc0210
▲潮目で緑と青がくっきり分かれる。不思議ですね。(展望台より)

2013年6月27日 (木)

[番外編] 山陰の小京都・津和野と瑠璃光寺

先週末に山口県津和野、門司などに行ってきました。
津和野は雑誌などで目にしていて、静かな街の佇まいが
いいなーという印象を持っていました。行った感じは
そのままで落ち着ける良いところでした。
堀のあるメインストリートは意外に短く、
「えっ、もう終わりなの?」という感じですぐに
町はずれになってしまいました。happy01

_dsc0077
▲幅2mほどの堀にメタボの鯉がわんさかcoldsweats01 なんでも喰うんだとか…。
  こびりついたカレー鍋も綺麗にしてくれるらしい。菖蒲は残念ながら
  終わっていました。

_dsc0044
▲思いがけず、SLとの遭遇。シャッタースピード遅く、列車が止まってない。despair

_dsc0095
▲しっとり落ち着いた街並みがGood。

_dsc0103
▲古い町屋が続く。こちらの瓦は濡れたような茶色か黒が特徴。

_dsc0119
▲こちらは山口市にある曹洞宗のお寺の瑠璃光寺。
  写真は国宝の五重の塔。

2013年6月26日 (水)

[海部川シリーズ②]皆の瀬橋からの景色と轟の滝

海部川にはダムが一つもなく、流れはまさに
自然任せです。台風の大雨が降った直後などは茶色の
濁流ですが、それも一日、二日のうちに元の綺麗な
流れを取り戻しています。回復の早さ、そこがエエとこです。

小学生の頃、夏休みには毎日海部川で泳いでました。
たとえ濁流の時でも…。それが日課だったから。

_dsc0418
▲皆の瀬橋から上流を望む。

_dsc0439
▲二重の滝 この滝の下に本滝がありますが、水量が多くて
  近寄れなかった。

2013年6月25日 (火)

[海部川シリーズ①]そうめん堰!?

たぶん大井の堰と言うんでしょうが、モコモコ
した白い感じがそうめんみたいだったので、勝手に命名
しました。(失礼)

昔、このすぐ近くに姫能橋(こんな字だったと思うけど)と
言うのがあって、対岸に車で渡ってました。若松という
集落に親戚があるので、よく橋を渡って行ってました。
老朽化のため取り壊されてしまいましたが、なかなか
趣のある橋だったのですが…。(13.6.22)

_dsc0362
▲台風4号の影響で水かさが増した海部川。

_dsc0377
▲石に当たり、水のカタチが変わるのが面白い。

(明日に続きます)

2013年6月24日 (月)

海部川河口大朝焼け

久しぶりに朝早く起きて田舎に帰ってました。
海部川の河口に着くころ、空が焼けてきて東の空
一面が真っ赤に染まりました。
自分が見た朝焼けの中では一番凄かった。とにかく
ビックリしてのけ反りましたょ。オーバーですが…(笑)

今回のは台風では無いですが、台風一過には
昔からなんかありますね。大気が雨風に洗い流されるからで
しょうか。
それにしても朝焼けの時間が4:30ですから、たいがいの人は
寝てる時間です。そんな時にこんな所にいる自分は
どうかしてると思うな~。
(13.6.22 04:25~)

_dsc0010
▲釣り人がひとり。徐々に焼けていき、
  そして ↓ こうなった。

_dsc0179
▲雲のカタチに焼ける。当たり前だが不思議なもんだ。

2013年6月22日 (土)

入道雲

つい一週間前は夏を思わせる気候でしたが、
きのうや今朝などは肌寒く、窓開けて寝てると
風邪ひきそうです(笑) 皆様もお気をつけください。
さて、土曜日は田舎に帰ってネタ仕入れて
きます。

_dsc0106
▲紀伊水道に入道雲がモコモコ。

2013年6月21日 (金)

蓮の花咲く季節

きのう徳島市内は久しぶりにまとまった雨が降りました。
四国の水がめの早明浦ダムや長安口ダムはどうだったんで
しょうね。少しは水不足解消になったんでしょうか。

松茂のレンコン畑に早くも、蓮の花が咲いています。
まだ数は多くないですが、それでも探せばチラホラ
咲いています。
蓮の花咲くレンコン畑には苦い経験があります。
昨年、上勝町の蓮の花を撮ってる最中に足を滑らせ、カメラ
もろとも田んぼに転落、ドロドロになったうえ肘、膝が
ズルズルになりました。あの件以来、足元には充分
注意を払うようになりました。coldsweats01

_dsc0133
▲広いレンコン畑のなかに、ポツポツ咲いています。

2013年6月20日 (木)

ねむの木と蝶

ねむの木にピンクの花が咲いているのを、
あちこちで見かけるようになりました。緑の葉に
ピンクの花がよく映えています。でも、ねむの木
だけでは、つまらんなーと思っていたら、
ちょうどアゲハチョウが飛んできてくれました。
3匹ぐらい木の周りを飛び回っていたのですが、
どういう訳か落ち着きがなく、ゆっくり花に止まって
蜜を吸いません。こっちを警戒しとんかなー。
いや、そんなことは無いと思うんだけど…。

_dsc0077
▲蝶の速い動きに翻弄される。

2013年6月19日 (水)

美粧園の紫陽花

園内に入らず、外から失礼して写真を撮っています。
べつにお金を払うのをケチってる訳じゃありませんょ。
外からの景色が好きなのです…。happy01
それにしても川に水が少ないです。昨年の写真と見比べて
驚きました。
あっちこっちに手づくりの散水機を設置して
水をやっています。ご苦労様。
(勝浦町)

_dsc0058
▲綺麗に咲き誇っています。

_dsc0012
▲カーブミラーに美熟女が…happy01

_dsc0068
▲立派な枝ぶりの松。この方は美粧園のご近所の方。
   気持ちよさそうに水撒きしてたので撮らせてもらいました。

2013年6月18日 (火)

シラサギもどき!?

神山の田んぼにシラサギが一列に並んだ姿が
面白いと思ったので、車を路肩に止めこっそり
近づきましたが、三羽にはバレ  逃げられました。coldsweats01
残った三羽の一番手前のは頭から背中の一部がベージュで
よく見ると首の長さ、体の大きさが違います。
シラサギとは違う鳥なんでしょうね。

_dsc0096
▲醜いアヒルの子ならぬ、醜いシラサギの子(!?)

2013年6月17日 (月)

ホッと一息

ついているようです。土曜日わずかですが、雨がふり
紫陽花に活気が戻ったようです。
今週は曇りマークの日が多いようですが、どうでしょうね。

日曜の早朝、コンフェデ杯のサッカー見ましたが、
日本全然ダメでした。前半も後半も立ち上がりに失点し、
相手を勢いづかせてしまいました。
ラテンの国なので日本が先に点をとれば面白かったの
ですが…。

今週もハリキッていきましょう。

_dsc0010
▲田んぼの緑が鮮やかでした。

2013年6月15日 (土)

小松海岸の朝

台風の余波が打ち寄せる小松海岸に朝早くから
大勢のサーファーが波乗りを楽しんでいます。
ひと波乗った後で仕事に行くんでしょうか? 好き
ですね~。happy01

それにしても6月中旬やと言うのにホンマ、暑いです。
湿度も高くベトベトしています。こんな時は食べ物が
傷みやすいですね。熱中症とともに食あたりにも
気をつけなければ。
(13.6.13)

_dsc0385
▲ざっと見て50~60人がサーフィンを楽しんでいます。

_dsc0253
▲夜明けすぐの海岸。

2013年6月14日 (金)

堂平の棚田

もう暑くて暑くてタマリマセン。
昨日の昼や35.7℃(徳島市内)もあったんですね。
朝、車に乗り込んだらムチャクチャ暑かったので、
30℃は軽く越すな~と思っていたんですが。

上勝の棚田風景でもご覧いただいて、少しでも
涼を感じてください。そういえば上勝町は、
「日本で一番美しい村」連合に加盟しているようで、
この堂平の棚田など町内には多くの景勝地があります。

_dsc0100_2
▲雨上がりの棚田。つい4~5日前はしのぎやすい天気だったんですけど。

_dsc0101

▲集落を見下ろす紫陽花。

2013年6月13日 (木)

小松島 櫛渕の紫陽花

台風3号が乾きを潤してくれるかと思ったら、
まったくの期待はずれでした。雨の好きな紫陽花
かわいそうです。

周りを川に囲まれ、この紫陽花だけ舞台でスポット
ライトを浴びているようです。草が刈られているので、
どなたか手入れをされている方がいるようです。

_dsc0015
▲ちょっと木が傷んでいるのが惜しい。花も葉も
  密集してクラゲのようになればかなり見応えあるかも。

2013年6月12日 (水)

あいあいらんどの紫陽花

けさは、よ~晴れてます。
朝眩しくて目がさめました。天気予報がコロコロ
変わっています。曇りかと思ったら、晴れマーク
ついとるし…。この先暫くどうなるか分かりませんね。

那賀町相生の「あいあいらんど」に紫陽花を
見に行きました。まずは橋の上から花の咲き具合をチェック。
ここのは大半がブルーの紫陽花でたまに薄紫のがあります。
いい場所を探すためきょろきょろしてると、蜘蛛の巣が
顔にいっぱい付いてきます。wobbly  実にうっとおしいbearing
谷底なので特に多いようです。

あいあいらんど、ちょっと寂れてますね。
遊具などかなり古ぼけて使われてない感じです。
コテージとか営業してるんでしょうか。これからの
シーズン良いのにねー。(13.6.9)

_dsc0107
▲みずみずしい葉と花。

_dsc0070
▲橋こんな色やったんやな。

_dsc0049
▲どこかに人の姿が欲しいところ。出来たら若いカップルが

   傘さして…。

2013年6月11日 (火)

正木ダム湖(美愁湖)

きのう取材で勝浦、上勝に行ったついでに
正木ダムの貯水量を見てきました。だいぶ岩肌が
露出してました。台風3号とそれに伴う前線の
活発化でどれだけ雨が降り回復するでしょうか。
あくまでソコソコでいいんだけど…。
(13.6.10)

_dsc0112
▲ここには写ってないけど、カヌーの人がいました。

  肉眼では小さくてよく見えなかったけど、画像を拡大してみると

   釣り糸垂らし、足を前に投げ出し、コーヒーのような

  ものをすすってました。実に優雅な休日(!?)

新野の紫陽花

あぜ道を彩る紫陽花が綺麗です。
国道を車で走っていてもはっきり分かります。
ここのは色の種類が豊富です。濃いピンク、
淡いピンク、青紫、青などの花があぜに沿って
咲いています。
JR牟岐線も近くを通り、紫陽花にからめて写真を
撮る人が多いよーとご近所の方がおっしゃって
ました。事前に列車の通過時刻を調べておかないと
本数が少ないので、とても待てません。

「いつ撮るか!」→「いまでしょう」は「無理でしょう」happy01

_dsc0005
▲ピンク、青紫の紫陽花が見ごろ。

_dsc0007
▲葉っぱの上にはアマガエルが沢山。右上に牟岐線が通る。

_dsc0023
▲淡いピンク、どぎつく無くイイね~。

※今週は紫陽花がメインの週になりそうです。

2013年6月10日 (月)

美郷のホタル

またホタルを愛でに美郷に行ってました。
家からはちょっと遠いので大変ですが、それらを
帳消しにするぐらいヨカッタです。

場所は「ほたる館」の下で川のすぐ近くです。
ほとんど目線の高さで飛び、なかにはこちらに
向って来てくれるサービス精神満点なのも
います。happy01 
眼でホタルを耳でカジカの声を聴きWで楽しめます。
時おりほたる館の人が解説してくれるので、
勉強にもなります。
入館料200円。ぜひどうぞ。(13.6.7)

_dsc0050
▲川底にいるので、目線を少しあげると星も見えます。

2013年6月 8日 (土)

続・佐那河内の棚田

あぜ道を歩いていると、嫌いな奴に出合いました。
人じゃないですよ、誰もが気持ち悪いと思うヤツです。
そう、蛇です。幸いマムシでなく、ただの黒蛇
ですがヤツも驚いたのか、こっちに向かってきて
足の横をすり抜けていきました。
一瞬固まってました。(笑) あ~、気持ち悪かった。

_dsc0094
▲なぜか田んぼの脇には柿が植えられている所が多いな~。

_dsc0113
▲可愛らしい花が咲いてました。

2013年6月 7日 (金)

火曜日夕方、取材帰り西の空に面白い雲発見。
カタチが崩れてしまわないように、そして地上の何かと
組み合わせようと車を走らせていると吉野川橋まで来た。
急いで支度して撮ったけど、最初に見た時と
随分、カタチが変わってた。雲の変化は早いなーと
改めて思う。

梅雨入りしてるのに雨が降らない。
アジサイの花もカサカサになってるのを見かけるので、
適度に雨が欲しいところ。

_dsc0182
▲迫ってくるような感じの雲でした。

2013年6月 6日 (木)

村の棚田

最近、田舎の道を走ってるとビワの実がたわわに
なっています。おふくろが送ってくれた荷物の中にも
ビワが入ってました。小さいのは皮剥くのが
めんどうですが、大きいと瑞々しく食べごたえも
あります。でも実の半分は種でしめられています。
アレがないといいのになーと何時も思います。

そういえばスダチも種無しがつくられ、そのうち
多く出回るようになるのでしょう。商品としての
価値が上がるように思います。

_dsc0031
▲佐那河内の棚田 赤い屋根の家は集会所。

_dsc0017
▲あぜ道に咲くアザミ。

_dsc0021a
▲水草で覆われた田んぼ。

2013年6月 5日 (水)

猛暑日、一歩手前!?

昨日のこと仕事の関係で吉野川の堤防付近を走ってると、
車内にある温度計は34℃となっている。「え、うそだろ~。」
確かに暑いけど、そこまで無いやろー。と、ひとり突っ込みいれる。
あちこち取材して回り、夕方帰るころには24℃になっていた。
10℃も変わるか~、とまた独り突っ込みをいれた。happy01
この温度計狂とるな~。

_dsc0090
▲天気が良いので、ちょっと道草して川原に下りてきました。

ホタルの季節

佐那河内の嵯峨川にホタルを愛でに行った。happy01
ここは市内から、そこそこの近さでホタルが見られる
ポイント。街灯は消してくれていて、車の通行量も
少な目なので光害は少ない。

午後8時前、葉っぱにとまったホタルがポツポツ
光だし、8時30分頃には多くの光のショーが見られた。
よかった、ヨカッタ。
「ホタルの光は癒されるな~」と横にいた、男性が
ポツリと言った。LEDなどの人口の光も良いけれど、
ホタルの奥ゆかしい灯りはGoodですな~。

_dsc0021
▲13.6.3佐那河内村 嵯峨川の下田橋より

_dsc0030
▲星とホタルの競演

2013年6月 4日 (火)

空の半鐘

夏を思わせる雲と青空に半鐘がよく似合って
いました。ここは県内で唯一つの村、佐那河内村の
奥野々地区です。標高は正確には分かりませんが、
かなりあります。これだけ高いとどこが火事か
半鐘に上らなくてもいいような気がします。(笑)
おそらく役目は終わったのでしょうが、
何となく郷愁を感じます。

_dsc0072_2
▲山道で出合う車は、ほとんどが高齢者マークを付けた
  軽トラです。長閑な村の現実です。

2013年6月 3日 (月)

雨乞の滝

久しぶりの雨乞の滝です。
梅雨に入ってますが、今のところ土砂降りの
日はなく、水量はやや少な目です。
ここに来て気にかかるのは、写真に見えている
金属製のロープです。これを手繰っていけば
上の段まで上がれそうですが、試みたことは
ありません。一度トライしてみようとは
思いますが、足元が悪いので長靴で行った
ときにしてみます。
どんな景色が見えるんかな~。

_dsc0086
▲水の音と鳥の鳴き声しかしないと思たら、
  若い娘のキャピキャピした声が…。
  わこうても自然の好きな子はいるもんだ。happy01

2013年6月 1日 (土)

梅雨空

きのうテレビで面白いこと言ってました。
梅雨というのは季節を表わす言葉なので、気象台の
予報官が「今日から夏になりました」とか「秋にはいりました」
と言えないように「梅雨にはいったと思われる」という曖昧な
表現になるのだとか。
言いきってしまうと予報がまったく外れたときに、
お叱りを受けるのを避けるためかと思ってました。happy01

_dsc0043_2
▲八万町 丈六寺付近


[何かな~シリーズ]
_dsc0028_2
▲ふわふわした毛に覆われていました。 




« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »