« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月31日 (水)

内の海近景

いつも上のほうから見てる内の海ですが、下に
降りるとこんな景色です。筏には釣り人の姿が
見えますが、どんな魚が釣れるのかな。
渡船業者のHPを拝見すると、マダイ・チヌ・ヒラメ・
セイゴ・キスなどが釣れているようです。
こんなところでノンビリ釣り糸を垂らすのも
イイかもね。

_dsc0017
▲内の海にある島、何ていう島かな?

2013年7月30日 (火)

吉野川フェスティバル 花火大会3日目

もー、ほんま自分でも呆れるぐらい、しつこく花火に
行ってきました。(笑) しかも、三日間ともほぼ同じ位置から…。
眉山の上、吉野川橋(古川橋)、吉野川大橋と色々考えて
見たのですが、結局どこもピントこなくてこの位置に
落ち着きました。

この日は打ち上げ場所の対面に珍しく自分以外に3人の
カメラマンの人が来られていました。初めて来たという人から
アレコレ聞かれましたが、水面に映る花火を狙う人が
多かったです。

_dsc0009
▲少し青味の残る夜空に上がる花火。

_dsc0080
▲惜しい。風がなければドンピシャ真ん中なのに(笑)

_dsc0090
▲この手の花火は時間かけると白とび起こしますね。

_dsc0108
▲締めの一発は超ド派手でした。

2013年7月29日 (月)

吉野川フェスティバル 花火大会2日目

花火大会二日目はまあまあの天気に恵まれました。
今年のテーマは「花火と眉山」です。徳島市の
シンボル眉山をどこかにチラッとでもいいから
入れてみようと思いました。

打ち上げ時間は正味15分なのでアレコレ試す間は無く、
息継ぎ無の一気撮影です。

_dsc0088
▲ちょこっと緑の塔の眉山がみえます。

_dsc0084
▲地味~な花火ですが、嫌いじゃないです。

_dsc0120
▲一転、こちらはド派手な花火。

2013年7月27日 (土)

吉野川フェスティバル 花火大会1日目

あかん。腕もアカンが、気象条件もアカン。
昨晩吉野川フェスティバル恒例の花火が吉野川に
設置された台船から打ち上げられました。

所用で若干遅れたのですが、花火も少し遅れました。
現地に着いたとたんに今日はアカン予感がしました(笑)
普段なら見える眉山が霞みの中で見えず、もわっと
した空気に包まれていました。風もほとんどないし、
花火が上がる度に輪郭が薄くなりました。
今日も花火はあるのでリベンジします。

_dsc0008
▲これは最初のころ。多少ましだった。

_dsc0004
▲街全体が湿気のベールに包まれて。

2013年7月26日 (金)

あわあわ

と狼狽えてる訳ではありませんが、変なもの
見ました。干潮でできた吉野川の干潟からまっすぐに
泡が河口方面に流れていってました。あまりの
暑さに干潟もグロッキーになって泡ふいてるのかな。

さて今日から三日間にわたって、吉野川フェスティバルが
行われます。花火もあります。楽しみですね~。

_dsc0067
▲吉野川橋より

_dsc0106
▲小型のヨットが置かれていたけど、これは吉野川
  フェスティバルで使うのかな!?

2013年7月25日 (木)

[シリーズ 阿波の橋①] 小鳴門大橋

徳島は吉野川はじめ那賀川、勝浦川など数多くの
川が流れています。川が多いと言うことは橋も多いと
いうことで橋をテーマとして、シリーズでたまに紹介して
いくことにします。coldsweats01 でも、絵になる橋とならん橋が
あり、ならん方が多いのでこのシリーズ短命に

終わるかも知れません(笑)

第1回は小鳴門海峡に架かる小鳴門大橋です。
鳴門市の瀬戸町明神と鳴門町高島を結ぶ全長530mの
斜張橋です。98年2月の完成ですが、徳島市から遠く
しかも高島へ行く用事も限られるので美しい橋ですが、
影が薄い印象です。

_dsc0014_2
▲斜めに張られたワイヤーが美しい。

2013年7月24日 (水)

清流の風

毎日、暑くて嫌になるので、せめて写真だけは
涼しげなものを選んでみました。
先日の魚止の滝に行くまでにある流れの一つです。

_dsc0083
▲山深いとこなので、随分涼しかったですよ。

2013年7月23日 (火)

鶴林寺 夏模様

遍路転がしの一つ、勝浦町の鶴林寺です。
最近どこの札所も道路が整備され、寺近くまで
車で行くことができるようになっています。
難所の鶴林寺でも大型のバスが上まで、お遍路さんを
運んできて、体の不自由な人やお年寄りには便利に
なりました。
今の時期、鶴林寺は標高の高さと緑のカーテンの
お蔭で平地に比べ随分凌ぎやすくなっています。
静けさと避暑を求めて行ってみてはいかが!?

_dsc0085
▲風格のある山門

_dsc0010
▲境内にクチナシの甘い香りがただよっていた。

2013年7月22日 (月)

数字の謎

吉野川河口に並べられた消波ブロックの塊です。
断面に二桁から三桁の数字が書かれていますが、この数字が
何を意味するのかどうも分かりません。意味のない
事はしないと思うのですが、どなたか分かりますか。

最近、南海トラフ大地震に備えたような防災や減災
工事がめだっています。このブロックもその一つでしょうが、
海に近い北沖洲には、でかい避難タワーもできていました。
備えあれば憂いなしですが、使わなくて済むことを
祈ります。

_dsc0055
▲意味分からんので、今日の日付の722を掲載しようと

  探しましたが、見つかりません。

2013年7月20日 (土)

魚止の滝

神山町の再奥にある滝です。魚の遡上は
ここで止まりの筈ですが、実際は車をとめた
所に堰があり、そこから上は魚が行けそうにありません。
魚止の滝の特徴は斜めに落ちる流れと、その横に
広がる緑の平面が美しいことです。それと暗い背景に
映える新緑の葉が効いているところでしょうか。
訪れる人はめったに無く、大自然の独り占めです。

_dsc0042
▲今度はもっと水量の多い時に訪れてみたい。あ、そうなると
  川を渡ることができんな~。happy01
   (魚止の滝へは二度、川を渡らなければ行けません)

2013年7月19日 (金)

涼風献上

きのうの蒸し暑さで明日のブログのタイトルは
「涼風献上」にしょー、と思とったら朝から涼しい風が
吹いてます。happy01 ちょっと一息って感じですね。

あるフォトコンに応募していたら、入選したとの
連絡がありました。少しばかりの賞金をいただける
ようなので有難いことですが、選ばれたのは本命と

思っていた作品ではなく、嬉しさも半分ってとこです。
よくあることですが、続くと自分の審美眼を
疑いたくなります。

_dsc0005
▲苔の緑に癒されます。

2013年7月18日 (木)

風車と牛

あじさい祭りの行われていた大川原高原に行ってきました。
久しぶりに放牧場まで歩いて上りましたが、ちょっと
息が切れました。happy01  柵を脱走したtaurusがいるのか道の所々にban
テンコ盛り。 ボーっと歩いていると、うっかり踏んで
しまいそうです。coldsweats01

昼ごはんに婦人会が作った「いりごはん」をいただきました。
佐那河内の伝承料理だそうで、2cmぐらいのイリコをタケノコ、
人参などと焚きこんだものです。なかなか旨かったです。
(13.7.15)

_dsc0098
▲避暑に来た牛たち。風車の音、気にならんのかな~。

2013年7月17日 (水)

バス釣り

旧吉野川や今切川はバス釣りで有名ならしいですね。

釣りをしないので最近まで知らなかったのですが、
北島町にはバスボートを牽引してきた車の駐車場も
あり、休日には沢山の車が止まっています。
全国的にも有名なポイントでプロの大会も行われて
いるそうです。
キャッチ&リリースが基本でせっかく釣った
魚を逃がしてやるのはもったいない気がしますが、
釣ること自体が楽しみなんでしょう。
それにしても、高そうなボートに釣竿もいっぱい持って…happy01
羨ましいとは思いませんよ。happy01 それぞれ価値観が違いますから。

_dsc0001
▲片足で巧みに操船して、ポイントを探る。

2013年7月16日 (火)

小松島港まつり 花火大会

昨晩、小松島恒例の花火大会がありました。
今朝の徳島新聞一面に載ってましたが、横で写真記者の
方が撮っておられました。こちらは失敗してもしゃーないな~
ぐらいのお気軽な撮影ですが、横の方はそうはいきません。
バイクでこられていて条件が悪いとさっと移動するつもり
だったようです。

昼は「あじさい祭り」の行われていた大川原高原に2時間ほど
いましたが、雨はパラパラ程度だったのに徳島市内に戻って
来ると酷い雨でした。最近、毎日スコールのように降ってますね。
さて、今日はどうなのかな。

_dsc0010
▲日峯山から市内を望む。

_dsc0078
▲小松島の花火は迫力あっていいね~。

2013年7月15日 (月)

水都祭の花火

徳島青年会議所主催の第1回水都祭のフィナレーを
飾ったのは花火大会でした。昔は徳島市納涼花火大会と
言うのが、7月に行われていましたね。それに代わる
ようなものですかね。

街中で行われる花火は最近珍しく、高さ制限があるのか
随分低いところで開いてました。仕掛け花火も
したようですが、ふれあい橋からは全然見えませんでした。think
それより、その仕掛け花火の煙で後半の打ち上げ花火が
煙の中という悲惨な状態に…。
ラスト近くは煙が流れて、どうにか写真におさめる
ことができました。
花火大会は見応え充分とはいえなかったけれど、
昔の納涼花火大会を復活させてくれた心意気に
感謝します。

_dsc0080_2
▲フィナーレの打ち上げ花火はよかった。

_dsc0040
▲仕掛け花火の後、煙がこもってこんなことにcoldsweats01

2013年7月13日 (土)

海部のサーフィン

台風の余波を期待して海部川河口のサーフィンを
撮りに行ってきたが、イメージしたほどいい波はたって
なかった。残念。
河口で写真撮ってるとバッタリ、幼馴染に会った。
そういえば彼は30年来の年季の入ったサーファーだった。
今度、ええ波の時は教えてもらう約束したが、℡もろても
すぐ行けるかどうかが問題だな~。coldsweats01

_dsc0139
▲美女が海上ウオークしとる。これは凄い。

_dsc0442
▲遠くてよく分からなかったが、子どものようです。
 

2013年7月12日 (金)

(続)夜の大川原高原

星空と紫陽花を組み合わせてみました。
大川原高原の紫陽花は今が見ごろですが、ひと昔
前に比べると木の傷みが目立っています。何年か
前の大規模な雨氷の被害でしょうか?

それでも夜9時過ぎだというのに、しょっちゅう
車があがってきます。大半は若いカップルのようで、
初めて来たのか道をよく間違えていました。happy01
「あ、その道行き止まりやで~」というても、
聞こえとらんわなー。

_dsc0057
▲ちょっとLEDのライトを当ててみた。

2013年7月11日 (木)

夜の大川原高原

下界は超暑いので標高1000mの大川原高原に
涼みにいきました。5℃ぐらい違いますね。天気図を
見ると今週頭からずっと雲の無い天気になっていて、
こんなに続くのは珍しいと思います。おかげで
満点の星空を楽しめました。

さきほどゴミ出しに行ってると「グァシ、グァシ」と
蝉が鳴き初めました。きょうも●い日になりそうです。

_dsc0035
▲風車が動いてないと何となく様になりませんね。

_dsc0065
▲南の空に天の川。

_dsc0068
▲紫陽花と星空。

2013年7月10日 (水)

夏雲

毎日、暑い暑いと言ってますが、さらに
暑くなりそうな入道雲の写真です。coldsweats01
嫌がらせかーって話ですが、嫌がらせです(笑)

きのうのブログで立簾の話を書いたので、さっそく
立て掛けてみました。一年ぶりなので薄汚れていて
匂いもするので、霧吹きに洗剤まぜて吹き付けて
みました。いくぶんましなようです。

_dsc0002
▲モクモクもく。

_dsc0042
▲写真=小松海水浴場のはまぼう。

 日曜に海水浴場の様子をちょっと見てきましたが、

 大勢の人が来てました。この暑さだからね~。
 正式オープンは7月13日(土)からのようです。
 

2013年7月 9日 (火)

木漏れ日

徳島は梅雨があけました。平年より10日も
早いそうです。ちゅうことはこの暑さが長引く
ってことですかね。いやになります。昔に比べて
最高気温が2~3度高くなっている感じです。
我が家の夏を乗り切る作戦は、ベランダに立簾を
立て、たまに水を撒いてやると幾分温度が下がる
気がします。あくまで気分の問題ですが…happy01

_dsc0086
▲日曜に大川原高原に行った帰りに。

2013年7月 8日 (月)

朝の大川原高原

早朝、大川原高原に行ってみました。
前日の雷雨の影響か谷底には雲海が発生して
幻想的でした。紫陽花もここでは、七分咲きと
いったところでしたが雨をたっぷり吸収した
花は瑞々しく咲き誇っていました。

それにしても連日暑いですね~。
夕方ちかくにはスコールが降っていますが、もう
梅雨明けと言ってもいいような天気です。
今朝も朝から、部屋に掃除機かけたら頭から水かぶった
ようにビッショリになりました。happy01

_dsc0039
▲朝日を浴びて紫陽花が輝く。

_dsc7993a
▲眉山が霞んで見える。

2013年7月 6日 (土)

神山 下分七夕まつり

星に願いを…。だが、あいにく天気が悪くお星さんは
出てません。happy01

昨晩、神山町下分の七夕飾りを見てきました。下分公民館の
前の広場には、それぞれ趣向を凝らした飾りとともに願い事が
書かれた短冊が風に揺れてました。
町内一帯の道路には笹が括りつけられ、こうなったら一種の
一大イベントですね。なかなか楽しいもんです。

_dsc0088
▲公民館前の広場。ライトアップされた飾り付けが超派手

※七夕まつりは7日(火) 7:00~10:00まで点灯しているようなのでどうぞ。

2013年7月 5日 (金)

緑濃き丈六寺

徳島を代表する古刹といわれているが、
あんまり行ったことない。横の道を通って、
勝浦、上勝方面にはよく行くのだが…。

緑が綺麗だったので寄ってみた。紅葉になりそうな
木が沢山あるのに、ここ最近綺麗に紅葉している
のを見たことない。紅葉になる前に葉先がチリチリに
なってしまう。どうしたことだろう。
こうしたことは、ここだけに限らず他所でも
見かける。

_dsc0128
▲いつも紅葉時には期待してるんですが…。

2013年7月 4日 (木)

勝浦川のアユ釣り

今朝は雷交じりの雨になっています。さっきまで
よう降ってましたが、いまは上がっています。天候が
急変するので洗濯物は部屋に吊って干していますが、
夕方まで吊っていてもTシャツなどは乾きが悪い
ようです。

さて、今の時期撮影に行けてないのと「これは!」
ていうのがないので、ちょっとテンションdownがってます。
夏のイベント&花火の季節到来が待ち遠しい。

_dsc0075_2
▲美しい流れの勝浦川

2013年7月 3日 (水)

花々の里のヒマワリ

勝浦町の一般の人が栽培されているヒマワリ畑、
花々の里にいってみました。畑に小型のユンボーを
入れて作業される方がいるほかは誰もいません。
今年のヒマワリは若干、まばらな印象ですが太陽に
向って咲く黄色のヒマワリを見ると元気が出てきます。

_dsc0095
▲機械の音だけが山里にひびく。

2013年7月 2日 (火)

夕焼け

このところ何日か夕焼けの綺麗な日がありました。
我が家から西を見ると徳島市民病院やマンションなどが
見えますが、一番目立つのはNTTドコモの鉄塔です。
社屋を突き抜けて建つ鉄塔が建物の中で
どういうことになっているのか気になります。

_dsc0020
▲夕焼け小焼けで日が暮れて…♪

2013年7月 1日 (月)

大川原高原と雲と風車

今日から早くも7月です。
またまた、この6ヶ月なにしよったんかいなと
反省の日々です。coldsweats01
そういえば一日は富士山の山開きだそうで、
世界遺産に認定されたこともあって、テレビで
生中継されるなど注目が集まっています。
一度山頂まで登ってみたいな~、
5合目までしか行ったことないので。

土曜日の徳島は夏のような雲が発生していました。
上勝町方面に行ったついでに、紫陽花の状況を確認
するため大川原高原に行ってみました。
例年、7月中旬に見ごろを向えるのでやはり、少し
はやかったようですが、多くの方が見に来られて
いました。

_dsc0126
▲やはり標高1000mだと、雲に近い!?

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »