« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月31日 (木)

ハロウィン

きょう10月31日はハロウィンだそうで、ハロウィンに
見える写真を選んでみました。(笑)
夕闇迫る那賀川の河川敷に無数の得体の知れないものが、
彷徨っているようでした。ハハ!!

ハロウィンなんていうイベントは昔はなかったけど、
誰が流行らしたんでしょう。まあ、オジさんには
関係ない話なんだけど…。

Dsc_2399
▲とんがりと末広がりの姿がマントのようで、
  ハロウィンの仮装に見えませんか!?

2013年10月30日 (水)

ツワブキの咲くころ

キンモクセイのイイ香りが町に漂っています。
ウオーキングついでに観察すると、庭木として
植えているお宅が多いようです。人様のお家のいい匂い
ですが、勝手に吸っても犯罪にはならないので
鼻孔を思い切り広げて吸ってます(笑)

徳島中央公園にツワブキの花が咲いています。遊歩道
周辺の日陰に黄色の花を咲かせ目を引きます。ツワブキは
どちらかというと海岸線の岩場や松林に咲いてることが
多いですが、人の手を加えなくても、どこでも咲く逞しさ
があります。こちらは鼻を近づけてもあまり匂いは
しなかったなー。

Dsc_2231
▲花が引き立つように背景が暗いところを選んでみました。

Dsc_2257
▲目の前に蝶が飛んできたのでパチリ。蝶に詳しくないですが
  これはアサギマダラのようです。夏の剣山でたまに見たこと 
  ありますが、公園で見たのは初めてです。ちょっと、ググって
  みるとこの蝶、2000キロも渡りをするスーパーアスリートの
  ようです。凄いわ!

2013年10月29日 (火)

早朝の田井の浜

夜明け前の田井の浜です。画面では暗いですが、
実際はもっと暗いです(笑) ピント合わせに苦労します。
夏の間は海水浴客で賑わったことでしょうが、今は
人がいません。何年か前、こんな暗いうちから浜で
トランペットを吹く人がいて、ビックリしたことが
ありました。いきなり、「プッププッー ププププー」
とやりだすのです。いまもトランペットの練習しよん
かな!?

Dsc_1983
▲肉眼では見えなかった赤い灯

2013年10月28日 (月)

台風一過の大浜海岸 そのⅡ

台風27、28号がいって今年は打ち止めでしょうか。
いや最近異常気象なので、まだあるかもしれませんね。
台風が過ぎたら、いきなり寒くなりました。昨日は
「ひょうたん島博覧会」の取材でほぼ一日、外に
いましたが、日陰に入ると寒いこと。

本日も土曜に行った大浜海岸の紹介です。
ウミガメの上陸、産卵で有名な浜ですが生産卵は
一度も見たことありません。(笑)
2~3度、撮影するために行ったことありますが、
いずれも空振りに終わっています。

_dsc0151
▲西風、時折南風の強い日でした。

_dsc0180
▲なごりの大波が打ち付けてきます。

_dsc0186
▲砕け散る波

2013年10月26日 (土)

台風一過の大浜海岸

久しぶりに朝早く起きて日和佐まで行って来ました。
台風が行ってくれて久しぶりの天気です。来週は良い天気が
続きそうです。山の紅葉も進むかな。(13.10.26)

_dsc0014
▲大浜海岸の端にある大岩。箱庭のような景色です。

_dsc0040
▲天使の架け橋

_dsc0108
▲これは何ていう現象でしょうか。強い風にあおられた水滴(!?)が
  左から右に移動する。

_dsc0113
▲緑の咆哮 

2013年10月25日 (金)

上板の柿

今朝、徳島新聞見て驚いた。
ふる里の海陽町全域に避難勧告が出てると1面に大きく書いてある。
昨日の晩も母親と天候の具合で電話したばかりだった。今は雨は降ったり、
止んだりで川の水も幾分、高くなってるが心配ないとのことだった。
台風は遠く離れたところでも、前線の雲が大雨を降らしている。
何ごともなく去ることを願っている。

きのうは取材で、えっとぶり(徳島弁で久しぶり)に
上板町の「あすたむらんど徳島」に行きました。駐車場は
ガラガラですが、大型バスが10数台あり小学生を
つんで来ているようでした。
体験遊具で雷を発生させるのがあるんですが、
初め8~9人いた子どもたちは余りの音の大きさに震え上がり、
全部見ないまま、全員が途中で出ていきました。
一人ぐらい残ってもよさそうなものですが、へタレな
お子達ばかりでした。(笑)
オッチャンは耳栓もせず、最前列で写真撮ってたのに…(笑)

_dsc0093
▲上板といえば柿。道端で柿売ってたので買いました。
  色・形の良いのが5個で100円でした。(安)

2013年10月24日 (木)

落合峠の紅葉

パソコンのメンテナンスに出していて、きのう戻ってきました。
Cドライブが満杯状態で、全然使ってないDドライブにパーテーションを
切って広げてもらおうと思ったのですが、物事はそんな単純なことでは
なかったようです。パソコンに詳しくないので旨い事、説明できませんが…。
なにはともあれ、戻ってきたPCは快適に使えてます。

最近、バタバタしていたので写真を撮りにもいけず、昨年の落合峠の
紅葉の様子ですがご容赦ください。

_dsc3160
▲昨年10月20日の紅葉ですが、今年はどうなんでしょうかね。

2013年10月22日 (火)

ブログ少し休みます

パソコンのメンテナンスのため、ブログ少し休みます。出来るだけ早く復旧したいと思います。

2013年10月21日 (月)

小神子海岸の朝

今朝、小神子海岸に行ってきました。
低く垂れこめた雲が水平線の上に広がっていましたが、
わずかに開いた雲の隙間から光が差し、綺麗でしたよ。

今週も木曜か金曜に台風の影響があるかも知れませんね。
何にもなく行ってくれたらいいのですが…。

Dsc_1887
▲雲の隙間から和歌山の山々が見える。

Dsc_1902
▲大潮らしく普段よりだいぶ砂浜の上の方まで波がきます。

2013年10月18日 (金)

彩雲

きのう夕方、津田を車で通過中に彩雲(さいうん)を発見。
たまに見る気象現象ですが、ちょっとググってみると昔から
吉兆とされているようです。なんかエエことあるかな(笑)
それにしてもネット上にアップされている彩雲は凄く綺麗な
ものが多く、このようなモノを掲載するのはお恥ずかしい
限りです。

Dsc_1671
▲虹と同様で長く見られません。

2013年10月17日 (木)

五里霧中

毎年、自分の誕生日(13日)前後に恒例となった剣山の紅葉
巡りですが、今年はあいにくパッとしませんでした。
原因として考えられるのが、この夏の猛暑と少雨でしょうか。
そして秋になっても相変わらず、気温は高いままで
紅葉する前に枯れてしまった葉っぱが目立ちました。
まあ、残念ですが自然のことですから仕方ないですね。


紅葉がダメだったら星空と朝夕の景色狙いと思ったのですが、
こちらもガスに遮られて散々でした。
初めて剣山頂上ヒュッテ泊りでハリキッテいたのですが…(笑)
初めて来ておいしい思いはさせないよ。二度、三度と
通って来いよと山が呟いているようでした。
(13.10.14~15)

Dsc_1438
▲朽ちた橋に趣を感じた。

Dsc_1416
▲ガスが絶え間なく背中の方から吹き上がってくる。

   あいまに撮った宝蔵石。

Dsc_1466
▲西島駅付近の紅葉はまだこれからのようです。

2013年10月16日 (水)

初めて見た水床湾でのだるま朝日

先日の台風24号同様、26号台風はあっという間に四国沖を
通過して関東方向に抜けていきました。ひとまずヤレヤレですね。
それにしても10月も半ばだというのに台風の発生が多いですね。

徳島の最南端、海陽町の水床に行って来ました。
この日は水床をスタートするオープンウオーターの大会取材を
するため、ついでに思いっきり早く家をでました(笑)。
日和佐大浜海岸でウロウロしたあと、真っ暗な水床に着きました。
普段は車も少ない通りですが、大会参加者とみられる車が
何度か通っていきました。この風光明媚な海をスイマーは
楽しんで泳いでくれたでしょうか。

_dsc0018
▲星たちが駆け上がっていく。

_dsc0103
▲上の写真 三つある島の右の島横から出ただるま朝日。

2013年10月15日 (火)

大浜海岸の星景

八幡神社の祭りをむかえる朝、美波町大浜海岸は静けさに
包まれて夜空には数千の星たちが下界を見下ろしていました。
昼には太鼓屋台が大勢の若者に担がれ、お弁当を広げた
家族連れで賑わうことでしょう。俺も浜で旨いもん喰って、
一杯やりたいぞ~(笑)

_dsc0006
▲緑と赤の灯台と街灯の灯りが、ちょっと目障り。

2013年10月14日 (月)

小松島横須の花火

今年、見納め撮り収めの花火になるでしょう。
12日、土曜に小松島市の横須の花火を見に行きました。
早めに日峯山山頂に着きましたが、花火見物の人や
カメラマンは誰もいませんでした。港まつりの時は
結構にぎわっていたんですが…。

Dsc_1257
▲海面を紫に染めて。

Dsc_1273
▲競輪場敷地内からの打ち上げのようです。

Dsc_1296
▲左のちっこいヤツは和田島の花火。

Dsc_1329
▲この手の花火は海面の反射がきれいです。

2013年10月11日 (金)

夜明け前の徳島

日の出が6時代とだいぶ遅くなってきました。
10月も半ばで山の方からそろそろ紅葉の便りが
届くころですが、平地では連日30℃オーバーの名残
猛暑が続いています。ひょっとして秋の一番良い
気候が無くて、いきなり冬になりそうな予感も
しますね。

夜明け前の眉山に上がってみました。眉山の広場には
「マチアソビ」というのぼり旗がいっぱい立てて
ありました。アニメで町おこしという狙いでしょうが、
オジさんにはまったく興味がありません。(笑)
期間中はコスプレした若者が町を闊歩するんで
しょうね。

Dsc_1045
▲上から見ると車通り、人通りは少なく町はまだ眠りに
  ついているようです。

2013年10月10日 (木)

秋の鳴門 てくてく散歩最終回

ワンデーウオークも最終回です。
阿波神社をあとにひたすら西に歩きました。
夏の日差しで背中が焼けるように暑い(笑) 主催者も
気を使って、休憩の度に水分とって下さいと呼びかける。
まさか10月でこんな暑いとは、想定外。

12時過ぎドイツ館に到着し昼食にありついた。ヤレやれ!!。
休憩後、大麻比古神社をめざし北上。境内で鳴門のボランティア
ガイドさんの説明の後、お参りするのかと思いきやスルー。
「あれ~、何のために大朝比古神社に来たん?」 という声が
多数聞かれた。ですよね~(笑)
その後、霊山寺の門前町を見ながら帰路につく。
このころには疲れて口数も減り、足が痛くなり
早く池谷に着かんかなと思いながら歩いた。

この度の鳴門歴史ワンデーウオークですが、
初めてのところもあり、知らない歴史などをボランティア
ガイドさんから学んだりして有意義な日を過ごすことが
できました。

_dsc8222
▲一番札所 霊山寺

_dsc8229
▲古い家並みの霊山寺門前町

2013年10月 9日 (水)

秋の鳴門 てくてく散歩②

台風24号、日本海を北上していますが徳島にはもう影響
なさそうです。ベランダのモノ片づけたりしましたが、
元にもどしました。

さて、本日も鳴門ワンデーウオークの様子をお伝えします。
池谷駅を東に歩いて大谷焼の矢野陶苑さんまで来ました。この
コースの東端になります。登り窯を見せていただき、奥様の
解説付きでよく分かりました。
その後、西に向かい陶器市で有名な東林院から阿波神社に
いきました。この阿波神社はじめて来ましたが、なかなか
厳かな雰囲気のある落ち着ける神社でした。機会が
あれば、ぜひ訪ねてみてください。明日に続く。

_dsc8208
▲年一回、窯入れする登り窯。

_dsc8212
▲大谷焼の水瓶もデザインが豊富で綺麗になりました。

_dsc8220
▲厳かな社殿の阿波神社。

2013年10月 8日 (火)

秋の鳴門 てくてく散歩①

6日の日曜にウオーキング協会主催のワンデーウオークに
参加させてもらいました。秋の爽やかな風が吹く中と言いたい
とこですが、真夏並みの天気で大汗かきました。まあ、おかげで
ビールが美味しかったですが…。

スタートはJR池谷駅で、まずは東に出て伝統が感じられる
福寿醤油や松浦酒造の横を歩いて、大谷焼の矢野陶苑に向かい
ました。この辺りは古い建物も多くレトロな雰囲気が満載です。
歩いて巡る鳴門の歴史街道は車では感じられない、小さな発見
があり楽しかったです。明日も続きます。

_dsc8186
▲趣のある建物。

_dsc8190
▲歩きだと何気ない景色に目がむきます。

_dsc8183
▲線路沿いのケイトウが鮮やか。

_dsc8179
▲長閑な田園風景。

2013年10月 7日 (月)

雨上がりのキバナコスモス

この時期、街道沿いに車を走らせるとコスモスや
キバナコスモスが咲いていて目をひきます。土曜日、
食材を調達に勝浦町の産直市「よってね市」に行きました。
柿や栗に加え、あおぎりミカンが多く店頭に並べられ、
秋を感じるとともに子どもの時の運動会を思い出しました。
運動会とみかんはセットのようなもので、あの独特の
香りを嗅ぐとグラウンドを駆け回っていた頃を思い出します。
こう見えても子どもの頃は、足速かったんですよ。
(皆さんが私の姿をどう思ってるのか分かりませんが…happy01

Dsc_0962
▲どんよりした天気でも鮮やかな色です。

2013年10月 5日 (土)

鏡のような海岸

よく行く鳴門の海岸ですが、名前は分かりません。
地名は土佐泊浦となっているので、仮の名前で土佐泊海岸と
しておきます。
この日は砂浜の海岸に下りてみました。波打ち際になだらかな
傾斜が付いているようで、波がそこを乗り越え鏡のような
滑らかさでした。う~ん、ビューティフル(笑)

Dsc_0872
▲朝焼けになるかと思いましたが、これ以上焼けず。

2013年10月 4日 (金)

寝癖

の頭のようです。すぐ思い出すのが、亀井静香代議士です。
最近はテレビにあまり出てこないので、見なくなりましたが
チョット前は寝癖の付いた頭で国会なんかによく出てました。
秘書とか奥さんとかが、寝癖ついとるとか言わんのかな~。
本人も気づけよーと思うけど…coldsweats01

Dsc_0824
▲佐那河内村で

2013年10月 3日 (木)

うろこ雲に覆われる

先日、上板に取材に行った帰りに吉野川の堤防から
撮りました。秋の雲ですな~ やけど、日中はまだまだ
暑いですね。
沖縄の石垣島に出かけて行ったのが、ちょうど一週間前の
木曜日でした。今週だと台風が沖縄方面に向かって来ているので、
木曜の出発だと離島巡りは厳しいかも知れません。その上、
予定通り帰ってこれないこともあるかも知れません。
先週でヨカッタ。日ごろのおこないですかね。happy01

Dsc_0810
▲グラウンドでは高校生が掛け声を出しながら運動。青春してます。

2013年10月 2日 (水)

[番外編 沖縄県] 石垣島

番外編も今日で最後にします。おつき合いありがとう
ございました。最終回は拠点にしていた石垣島巡りです。
初日にレンタカーを借りていたので、主な景勝地に
行ってみました。沖縄もそうですが、石垣も観光客の
移動手段はレンタカーがほとんどです。交通量は
少なめなので、快適なドライブが楽しめます。どこに
行っても「わ ナンバー」ばかりです(笑)

まずは市内中心部から北上して玉取崎展望台、さらに
北上して平久保崎灯台、Uターンして川平湾(かびらわん)
と石垣島を一周してきました。

Photo
▲平久保崎灯台 石垣島の最も北の地。ここも蒼いよ。

Photo_2
▲川平湾 ここではグラスボートに乗ってサンゴ礁見物しました。

Dsc_0754
▲楽しげなカップル。サンゴの間に熱帯魚が見えました。

Dsc_0769
▲グラスボートより コチって言ったかなー。高級魚らしい。

  本人(本魚!?)は上手く隠れているつもりらしい。

2013年10月 1日 (火)

[番外編 沖縄県] 波照間島(はてるまじま)

今回のメインイベントは波照間島へ行くことです。
この島は石垣島から高速船で約1時間かかる日本最南端の有人の
島です。普段から高波の影響で船の欠航が多く、確実に渡れる保証は
どこにもありません。旅行代理店のツアーでも宿泊するものは
ほとんどなく、大半は日帰りのようです。それほど不確実な予定でしたが、
運よく渡ることができました。
波照間島の見所はニシ浜ビーチと星空観察です。

Dsc_0554
▲ニシ浜ビーチ クリームソーダ色といわれる海の色。

 2012年の口コミビーチランキングで日本一に輝いた。お嬢さんたちに

 モデルになってもらいました。

Dsc_0686
▲星空観測タワーから べつに観測タワーに行かなくても

 雲がなければ、どこででも見られますが、せっかくだから行ってみました。

 徳島も田舎のほうに行けば満点の星空見られますが、

 波照間は別格でした。とにかく星の数が多い。 

 12月から6月までは、南十字星が見られるそうですよ。

Dsc_0625
▲南国の島にはやはりハイビスカスが似合います。

 あとはサトウキビ畑が広がっていました。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »