« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月30日 (土)

神山 八坂神社の紅葉

鳥居に書かれた文字から、第二次世界大戦で
無くなられた英霊を祀っているようです。厳かな
雰囲気が漂う静かな神社です。

Dsc_4723
▲鳥居の柱に書かれた文字の下半分は、あえて消された印象です。

Dsc_4716
▲神社境内から 

2013年11月29日 (金)

[番外編] 負けとれへんぞ~ 大窪寺②

大窪寺パートⅡです。happy01
なぜか紅葉の画像は色情報が豊富なのか、画像サイズが
大きくなってしまい1回にアップできる容量を2~3枚で
オーバーしてしまいます。なので残りの画像を続けて
掲載してみました。

Dsc_4636
▲山門を降りたところの紅葉。

Dsc_4593
▲真っ赤かーです。

Dsc_4559
▲これは大窪寺にいくまでに出合った景色。朝霧発生かと思いきや、
  単なる野焼でした(笑)。

[番外編] 負けとれへんぞ~ 大窪寺

またまた、番外編です。3回に亘って京都の紅葉を紹介して
きましたが88番札所、大窪寺(香川県)の紅葉も京都に比べて
遜色ないので、変なタイトルになりました(笑)。

訪れたのは24日の日曜で、行くのがちょっと遅いかなーって
思ったのですがまだいけました。到着したのは朝だったので、そんなに
人はいなくてゆったりとしてましたが、カメラ小僧や僕も入るカメラ
オヤジは沢山おられました。
大窪寺が好きな人はまわりに結構いるので、結願(けちがん)の寺
の他に、自然豊かなところが気にいってる人もいるのかも。

_dsc0033
▲結願御礼や報恩謝徳、以外に世界平和と崇高な文字を刻んでるな~(笑)。

Dsc_4581
▲「一つ亡き夜の花房をまのあたり」って書いてある? 

2013年11月28日 (木)

[番外編③] そうだ、京都にいってきた~。

[実相院門跡]
実相院は天皇家にゆかりがあり、格式の高いお寺らしいです。
ここで一番見たかったのはピカピカに磨き上げた床に、紅葉が
映る「床もみじ」です。でも残念ながら撮影は禁止なので、しっかり
眼に焼き付けてきました。たしかに床に赤が反映して、とても
綺麗でした。新緑の頃は床が緑になるんでしょうね。これも
エエかも。

3回に分けて京都の紅葉をお届けしてきましたが、
いかがだったでしょうか。秋の京都は町全体が紅葉、黄葉に
染まり大変印象的でした。春行くのも良いけど、僕としたら
秋の方が好きかな。

Dsc_4526
▲半円形は月を現しているのでしょうか! それとも波かな。

Dsc_4536
▲軒先から見た紅葉。これも美しい。

2013年11月27日 (水)

シオギク咲く蒲生田岬

「そうだ、京都…」シリーズはちょっと一服して
今日は地域限定の季節ネタをお届けします。

シオギクは四国では室戸岬から、この蒲生田岬までの
海岸線に広く分布しているようです。高さは20センチほどで
突起のある花が五つほど、まとまって咲いています。
岩場の風雨がまともに当たるような場所でも咲く、
逞しい花です。そして意外に綺麗な花です。
蒲生田岬のすぐ近くの海岸線や岩場に沢山咲いていますが、
ゴミも沢山あり、せっかく綺麗な花なのに台無しです。
海岸を汚さないようにしたいものです。

Dsc_4248
▲蒲生田岬をバックに

2013年11月26日 (火)

[番外編②] そうだ、京都にいってきた~。

[圓光寺]
きのう紹介した詩仙堂からほど近く、歩いていける距離にあります。
寺を開いたのは徳川家康だそうで元々は勉学を教えるための学校として
創設されたようです。
ここのお寺の特徴は広い庭に多くの紅葉する木が植わっていることと、
苔の美しさでしょうか。上に目を奪われがちですが、11月の終わりでもなお
青々した苔の群生はよほど手をかけているんでしょう。
そして美を心得てると思ったのは屋敷の縁側廊下に赤の毛氈をひき、
より紅葉の赤を引き立てる仕掛けです。視覚効果は抜群でした。

Dsc_4416
▲鐘楼とモミジ 

Dsc_4426
▲十牛之庭の紅葉

Dsc_4459
▲さては写真撮るために誰かが置いたなー(笑)。それにしては

   立ち入り禁止のロープから微妙に遠い。

Dsc_4477
▲この襖絵きれいだな~。

2013年11月25日 (月)

[番外編①] そうだ、京都にいってきた~。

秋深まる京都に行きました。大混雑は織り込み済みですが、
やはり人、人、人でごったがえしていました。
そんな中、三つのお寺を無事回ることができましたので、
3回に分けて紹介していきます。おつき合いのほどよろしく
お願いします。

[詩仙堂]
宮本武蔵の決闘で有名な一乗寺下り松の近くにあり、
古風な佇まいの門構えを抜け石段をあがると屋敷が見えて
きます。ただし、この前段階で人の行列で押し合いへしあいです。
屋敷は当然、昔ながらの作りなので廊下や天井は低く、大勢の
人が一気に入ると床が抜けへんかと、いらん心配もしました(笑)。
ただ、屋敷内から見る庭と紅葉は素晴らしいものがありました。
庭は枯山水で白砂が美しかったですが、ここは沢山の人がおられ
写真はあきらめました。普段、獅子脅しが響く静かな庭園は
人の賑やかさが、まさっているようでした。

Dsc_4332
▲嘯月楼(しょうげつろう)と紅葉

Dsc_4315
▲躍淵軒(やくえんけん)と紅葉

Dsc_4348
▲庭の紅葉が美しい

2013年11月22日 (金)

今朝の徳島新聞のダルマ朝日

けさ大神子のダルマ朝日が一面に大きく載ってました。
400㎜×1.7倍テレコン装着で680㎜相当になるので、
迫力ありました。

じつはあの岩、肉眼では豆粒ぐらいにしか見えません。
岩と岩の間に朝日を入れようとすると、真ん中の小さい
岩の真後ろに朝日が頭を出す位置にいないと
いけないのです。毎日来られている人でも立ち位置を
微妙に変えて調整しています。
まだこのシーンは暫く見られると思います。

Dsc_4192
▲300㎜相当でこんな感じです。

星の岩屋の紅葉

鈴なりのミカンが成る細い道を車であがって行くと、
星の岩屋に辿りつきます。ここは勝浦八景の一つだそうで、
あとの七つはどこかな。まずは鶴林寺、立川渓谷などは間違い
ないと思うけど、ん~とあとどこだろー? 分からんなー。

紅葉も随分下に降りてきて、今週末には見ごろを
むかえるところが沢山ありそうです。明日は京都に
紅葉狩り予定ですが、どうかな。大混雑は目に見えてますが、
あえて突っ込みま~す。

_dsc0061_2
▲もう少し水量が多いと良いんですけど。

Dsc_4045_2
▲斜めの光がエエ感じです。

Dsc_4028
▲まだ紅葉していませんが、木の感じと葉っぱが傘を広げている感じが
  面白いと思いました。

 

2013年11月21日 (木)

大神子のサンピラー

きのうダルマ朝日狙いで大神子に行きましたが、
雲に阻まれました(笑)。その代わり、サンピラー(太陽柱)に
なりました。本日も大神子に行き、今朝は綺麗な
ダルマになりました。知り合いの徳新のカメラマン氏が
来られていてダルマお持ち帰りになりました(笑)。
明日の朝刊一面を飾るのかな?

Dsc_3955
▲まっすぐ空に光の帯が伸びていました。

2013年11月20日 (水)

夕暮れススキ

秋の夕暮れは「鶴瓶落とし」happy01 じゃなかった
「釣瓶落とし」と言われるけど、ほんとに日が暮れる
のが早いですね。5時には日没になり、6時ではもう
暗くなっています。
本日は夕暮れ時の吉野川河畔のススキを掲載してみました。
子どもの頃はカラスが鳴くから家に帰るんじゃなく、
お腹が空いたから一目散に家に帰る食いしんぼでした。
それは中年になった今でも変わらんな~(笑)

Dsc_3812
▲夕暮れの感じをだすため色を少しいじってます。

2013年11月19日 (火)

神山 大久保の里のイチョウ

ここは樹齢数百年の大イチョウが有名なんですが
まだ、あんまり色づいていませんでした。代わりに
手前にあるイチョウは、まっ黄色でバサバサ落葉して
ました。風もあまりなかたっんですけどねー。
動画に撮って、後で見ると結構迫力ありました。

大イチョウのライトアップが始まっているようで、
一度見てみたいんですが、夜だとbottleやってるし
めんどくさいのが、まず頭をよぎるのでパスかなhappy01

Dsc_3670
▲ちょうどイチョウの葉っぱ色の服をきた女性が通りかかったので、
  パチリさせてもらいました。

Dsc_3694
▲青い空にピンクの花が映える。何の花でしょう?

2013年11月18日 (月)

大神子の初ダルマ

今期初、大神子のだるま朝日です。太陽の南下で
大神子からダルマが見られるようになりました。

Dsc_3594
▲太陽の前に通りかかった漁船を入れてみました。
  小さくて分かりにくいですが…。(笑)

2013年11月16日 (土)

上板 大山寺の大イチョウ

上板町大山寺のイチョウが色づき始めています。
緑色と黄色の葉が混在して、とても綺麗です。境内に
ある手洗い場(!?)がアクセントになっています。
人間でいえば、若い娘さんのエクボみたいなもんで
しょうか。あと何日かすれば一斉に葉っぱが落ち、
寒々しい幹まわりになることでしょう。

Dsc_3317
▲レイの、にほいはしなかったナー。分かりますよね~(笑)

Dsc_3327
▲山門のモミジも色づきはじめ。

2013年11月15日 (金)

殿川内渓谷 下流の紅葉

紅葉がだいぶ下のほうまで下りてきました。
勝浦川の上流、殿川内渓谷でも綺麗に色づいて
いましたが、この日は風が強く時折突風が吹き、
木がじっとしていません。風の影響で、
殿川内渓谷の紅葉も今週で終わりかもしれません。

Dsc_2981
▲風で葉っぱが揺れてます。

Dsc_2966
▲この木は鮮やかでした。

2013年11月14日 (木)

秋の雲②

雲シリーズ第2弾です。暗い雲のなかにポコンとした
雲が面白かったので、カシャとしてみました。
(場所:吉野川河口)

Dsc_3074
▲遠くの船影は南海フェリーです。

秋の雲

きのう夕方の眉山の様子ですが、赤く焼けずに
オレンジ色になりました。おどろおどろしい感じです。
日没が随分はやくなり、ちょっと損してる気分です。

11月末から12月初めにかけてアイソン彗星が太陽に
近づいて来ているようで、長く伸びたシッポが観測できる
のではないかと期待が高まっています。
めったに無い機会ですから、ぜひ見てみたいですね。

Dsc_3188
▲雲がもうちょっと下だと良かったんですが。

2013年11月13日 (水)

大釜の滝 周辺の紅葉②

紅葉の見ごろ時期って、一番いい時に当たるのは
難しいなーって思っています。2~3日でも遅かったら
赤茶けたり、葉っぱがくすんで見えたりします。
また早すぎてもダメだし…。
いつでも思い立ったら行けるわけじゃないから、
これはツキがないとダメですねー。

Dsc_2842
▲ここの紅葉は良い時に当たったようです。(大釜の滝上流)

Dsc_2829
▲いろんな色があるから、赤が冴えるんですね。

2013年11月12日 (火)

川のなかの小宇宙

石と石に囲まれた空間にわずかな流れがあり、
落ち葉が反時計まわりに回っています。
長時間露出をしてみると、思ってもみないような
造形になることがあり、写真の面白みの一つです。

Dsc_2986
▲楕円形の小宇宙

撮影データ:ISO50、F18 15秒 ND2.0フィルター使用

2013年11月11日 (月)

大釜の滝 周辺の紅葉

たしか去年も同じような時期に同じような写真を
アップしましたが、ここの景色が好きなのでまた掲載
します。もう何度もお伝えしているように、大釜の滝の
上流が土砂崩れを起こしているので、見物に来られている
人は圧倒的に少なく車もまばらでした。ひょっとして、
紅葉狩りの人は木頭の、高の瀬峡とかに流れて行ったのかも
知れません。

Dsc_2822
▲右下の白いのは手すりですが、普段の年なら人影があるのですが
  今年は誰もいません。

_dsc0129
▲このモミジよく見ると四国と関西・中国地方に見えませんか?

2013年11月 9日 (土)

ダム湖の美

長安口ダムでせき止められたダム湖は旧木沢村、
旧上那賀町の広い面積に及びます。だが、今年の渇水で
大部分が干上がりました。何年かに一度こういう
ことが起こります。
現在は台風の雨などで満々と水を湛えて青々としています。
この独特の色はチンダル現象によるものと言われています。
美しいものです。こういうのでも観光資源になると
思うのですがいかがでしょうか。

_dsc0182
▲ダム湖の畔の木々が川面に反映して

_dsc0158
▲色の境界がハッキリ分かる

2013年11月 8日 (金)

殿川内渓谷の紅葉

今年の徳島県内の紅葉はどことも綺麗な印象です。
ただし、剣山を除いて(笑)。徳島で一番早く、しかも
一番キレイと思っているんですが、今年はダメでした。
また来年に期待です。

さて本日は殿川内渓谷の紅葉です。上勝町の勝浦川に沿い、
奥へ奥へ剣山スーパー林道方面を目指します。
殿川内渓谷も近年以上にキレイでしたよ。
ここも来週いっぱい楽しめるんではないでしょうか。
ぜひ、どうぞ。

Dsc_2801
▲沢におりて撮ってみました。

_dsc0098
▲一際鮮やかな木でした。

2013年11月 7日 (木)

山犬嶽の紅葉

ミズゴケの群生で知られる上勝町の山犬嶽ですが、
今の時期、紅葉も見逃せません。特に大岩からの眺めは
絶景ですよ~。今年は上から見るかぎり綺麗な方だと
思います。来週後半ぐらいまでいけるんちゃうかなー。
ぜひどうぞ。ただし山歩き30分ぐらいしないといけませんが…。

Dsc_2710
▲大岩からの眺め 

Dsc_2769
▲大岩の下の紅葉 緑から赤に変わりつつ

_dsc0047
▲こちらも鮮やか

2013年11月 6日 (水)

釜ケ谷峡谷の紅葉

剣山スーパー林道で紅葉を楽しんだ後、沢谷川沿いの
釜ケ谷に行ってみました。スーパー林道と国道193号の合流
地点から下流に約3キロ行ったところまでは、車で普通に
通れます。紅葉シーズンの日曜とは思えない車の少なさで、
道の真ん中に車を止めても平気でした。(笑) でも、神山
方面から那賀町に抜けることが出来ないので、四季美谷
温泉などは痛手ですね。一刻も早い復旧を…。

_dsc0080
▲いつもの年より水量は多めのように思いました。

Dsc_2583
▲じぞう谷の紅葉 鮮やかでした。

Dsc_2604
▲土砂崩れ現場 

2013年11月 5日 (火)

剣山スーパー林道 紅葉狩り②

剣山スーパー林道は一部の区間で通行止めになって
いるようですが、ダート道としては日本一の長さを誇って
います。そのためオフロードのバイクや車が沢山やって
きます。日曜日も県内のジムニー愛好家の車、約20台が
砂塵を巻き上げて撮影中の僕の横を通過していきました。
車が埃っぽくなるのはしょうがないのですが、カメラにゴミが
入るのは嫌なので慌ててビニール袋で覆いました。(笑)
ごみ取り作業をすることほど無駄な作業はありませんから。

さて、紅葉のほうはどうかというと、大分下まで下りてきて
いました。明日は釜ケ谷の紅葉紹介をします。

Dsc_2517
▲巨木を中心に撮ってみた。

Dsc_2500
▲ファガスの森のキャンプ場で。

_dsc0050
▲色とりどりの部分を選んで…。

2013年11月 4日 (月)

剣山スーパー林道 紅葉狩り

本編と関係ない話ですが、きのう日本シリーズで
東北楽天が優勝しました。僕はジャイアンツファンなので、
当然悔しいのですが、試合途中から楽天が優勝しても
エエかーって気になっていました。
戦力的には圧倒しているはずですが、地元の熱狂的な後押しも
あり、気持ちの入り方がジャイアンツとは全然違いました。
「東北楽天、今年はオメデトウ」ただし、来年はジャイアンツ
のもんや~。

前回、土砂崩れで行けなかったスーパー林道に土須峠
経由で行って来ました。紅葉はだいぶ下までおりてきて
いたので紅葉狩りを充分堪能できました。

_dsc0070
▲緑、黄、赤と鮮やかでした。

_dsc0030
▲天気が急変しました。

_dsc0060
▲小さな実がたくさんなっています。

_dsc0079
▲ススキも秋の風物詩

2013年11月 2日 (土)

緑の湖面

那賀川のダム湖の様子です。
何気ない景色ですが、何となくボツにするのは
惜しいのでアップしてみました。

これからは那賀奥は見所満載のシーズンに入りますが、
あの土砂崩れはほんとに残念です。

Dsc_2359
▲緑と赤のコントラストが美しい。

2013年11月 1日 (金)

紅葉前線 下山中!?

ぼちぼち紅葉がキレイに色づいてると思い、
剣山スーパー林道を目指し上勝から八重地トンネルを抜け、
木沢に向いました。が、途中に全面通行止めの看板あり
イヤな予感がしたが、かまわず進むと大釜の滝上流の
ツララで有名なコーナーの先で、土砂崩れになって
通れず。やむなくUターンして、奥槍戸方面に向かうことに
しました。
奥槍戸までの道中は少し早い印象でしたが、ところどころで
キレイな紅葉が見られました。見ごろは来週ぐらい(!?)って
とこかな。

Dsc_2304
▲にくぶちの滝 この写真左に人工の滝があり、水量も多かったので
  日が差すと時折、虹ができてました。

Dsc_2338
▲道路沿いに色づいたモミジが見られました。

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »