« 大神子のサンピラー | トップページ | 今朝の徳島新聞のダルマ朝日 »

2013年11月22日 (金)

星の岩屋の紅葉

鈴なりのミカンが成る細い道を車であがって行くと、
星の岩屋に辿りつきます。ここは勝浦八景の一つだそうで、
あとの七つはどこかな。まずは鶴林寺、立川渓谷などは間違い
ないと思うけど、ん~とあとどこだろー? 分からんなー。

紅葉も随分下に降りてきて、今週末には見ごろを
むかえるところが沢山ありそうです。明日は京都に
紅葉狩り予定ですが、どうかな。大混雑は目に見えてますが、
あえて突っ込みま~す。

_dsc0061_2
▲もう少し水量が多いと良いんですけど。

Dsc_4045_2
▲斜めの光がエエ感じです。

Dsc_4028
▲まだ紅葉していませんが、木の感じと葉っぱが傘を広げている感じが
  面白いと思いました。

 

« 大神子のサンピラー | トップページ | 今朝の徳島新聞のダルマ朝日 »

コメント

詳しい説明ありがとうございます。
お手数をおかけしました。
今度は完全に行けそうな気がします^^)。

ピジョンズ・パークさん 毎度です。
星の岩屋というのは3枚目写真(立江寺の奥ノ院)の社付近の
総称だと思います。大きな岩があり、むかしむかし悪さをする
巨星を弘法大師が法力により、この岩に封じ込めたという伝説が
あります。この社を右に行くと、大きく裂けた岩場の道があり、
滝を裏側から眺めることが出来ます。裏見の滝です。


1枚目写真は裏見の滝ではなく、道の横にある滝で2枚目の写真に
隣接しています。星の岩屋のアクセスで一番分かりやすいのは、
徳島市内から行ったら、よってね市を過ぎたすぐの信号右折して、
道なりに進み勝浦川の潜水橋を渡り、堤防道を越え、一般道の四つ角
(この四つ角に案内あり)まっすぐ山のほうに向かいます。
後は道なりに山道を登っていきます。
途中ここで車を止めてくださいみたいな看板ありますが、
車少なかったらスルーして進んでOKです。そこから2~3分で到着です。
機会があればぜひ訪ねてみてください。

おはようございます。星の岩屋、はじめて見させていただきました。
滝がそうなのですか?これまでに少なくとも3回は近くまで行ってるのですが、
たどり着いていません。まだ、呼ばれてないのですね(u_u。)
真ん中の写真も岩屋ですか。斜めの光がほんとに良いですねぇ。
そして一番下。とても気になるのですが、ここも岩屋ですか?
独立した岩屋の社ですか?どっかの奧の院でしょうか。
質問攻めにしてしまいました。
※今朝の新聞にだるま出てましたね。
「美しい徳島」の仕上がりもぜひ拝見させてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大神子のサンピラー | トップページ | 今朝の徳島新聞のダルマ朝日 »

最近の記事と写真

  • Dsc_5871
  • Dsc_5875_20211203060801
  • Dsc_5551
  • Dsc_0165
  • Dsc_0177
  • Dsc_0182_20211123075301
  • Dsc_0155
  • Dsc_0126
  • Dsc_0137
  • Dsc_0092
  • Dsc_0098
  • Dsc_5128_20211113053701
  • Dsc_5133_20211113053701
  • Dsc_5126
  • Dsc_9133
  • Dsc_5115
  • Dsc_9121
  • Dsc_8704
  • Dsc_7757
  • Dsc_6518
  • Dsc_6500
  • Dsc_2821
  • Dsc_6199
  • Dsc_6216
  • Dsc_2784
無料ブログはココログ