« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月31日 (金)

続・吉野川シラス漁

いつも同じ表現方法なんで、何か変わったことせな
アカンなーって思ってました。本物の魚眼レンズ持って
ないけどカメラ内で魚眼効果ができるので、ちょっと
試してみました。


Dsc_9702a
▲でもやっぱりナンチャッテ魚眼だな~。

_dsc0012
▲吉野川にはノリ養殖用の棒がいたるところに立っています。


2014年1月30日 (木)

吉野川シラス漁と星空

12月に解禁になったシラスウナギ漁、漁獲高はいざしらず、
本格的なシーズンになったようです。
1月28日未明に出かけてきましたが、しらさぎ大橋・吉野川大橋・
吉野川橋近辺に多くのシラス舟が集結していました。
どこに行こうか迷いましたが、吉野川大橋の東車線に行って
みました。その後、しらさぎ大橋が間近に見える場所に移動。
寒かったけど病みつきになってやめられまへん。
また行こや。


1
▲しらさぎ大橋付近に集まるシラス船。寒い朝方で霜が降りました。
(20秒露光、120枚をコンポジット)

_dsc0078
▲たまには縦で(14.1.28 01:29 F2.8 1/80 ISO3200 -0.7EV f=170㎜)

_dsc0198
▲光が行き交う(14.1.28 01:48 F2.8 1/60 ISO3200 -0.7EV f=120mm)






2014年1月29日 (水)

吉野川鉄橋と北極星

冬の空は空気が澄み星がキレイです。
ただし北の空はカシオペアか朝方に見られる
北斗七星ぐらいしか目立った星はありません。
肉眼で見られるのはごく僅かですが、レンズを通すと
多くの星があることが分かります。
最近、北極星探しにスマフォのアプリ使ってます。
最初は方位磁石と併用してましたが、結構正確なので
最近ではスマホオンリーになりました。
(10秒露光、120枚をコンポジットしています)


Photo
▲5時43分徳島駅発の高松行きが通過していった。

Dsc_9701a
▲スマホの方位計は暗いところでも使えるので便利です。

2014年1月28日 (火)

日暈(ひがさorにちうん)

月暈を紹介したので、ついでに日暈も…。
随分昔に海部川の上流で撮った写真です。暗く
見えてますが、実際はもの凄い眩しく右側が切れて
しまいました。


_dsc0228a
▲タイミングよく飛行機が通過していきました。

吉野川鉄橋と月暈

夜明け前、高徳線の列車がガタン、ゴトンと
吉野川に架かる鉄橋を通過していきます。単線なので
1回逃すと後の列車は30分ぐらいやってきません。
だから、それなりの緊張感を伴う撮影です。
この日はお月さんの周りにうっすら月の暈雲が
できてました。月暈(つきがさ、げつうん)と
言われるようで、太陽の周りにできるのが
日暈(ひがさ、にちうん)と呼ばれています。
これは天気が崩れる予兆のようなもので、その後
やはり雨になりました。

123
▲薄い月がさ。眼を細めてみてください。

2014年1月27日 (月)

文化の森の蝋梅

きのうの日曜、天気予報では曇り晴れでしたが、急に
雨が降りました。文化の森には黄色い蝋梅の花が
いっぱい咲いて甘い香りを漂わせていました。
名前に「梅」が付いていますが、梅の種類ではないようです。
花や蕾から抽出した油を薬として使用するとのことです。
何の薬か気になるとこです。

Dsc_9477_2
▲きょうは寒さが逆戻り。春はまだまだやな~。

2014年1月24日 (金)

夜の鳴門海峡

天気予報を見ると夜も雲一つない晴天のようなので
鳴門山に上ってみました。ここからは大鳴門橋の全景
はじめ、淡路島の一部が見渡せます。
澄んだ空気のおかげで満点の星空を見ることが出来ました。


Naruto1a
▲展望所より

2014年1月23日 (木)

阿波しらさぎ大橋と星野日周運動

テストを兼ねて星野日周運動を撮ってきました。
橋が白とびしてますがご愛嬌と言うことで…。
船の光跡はまだいいけれど、飛行機のプツプツはな~
ハッキリ言ってジャマですが、関空や神戸空港が
近い徳島では避けようがありません。
時間帯を変えるしかないかな。
いままで星景写真は1枚撮りにこだわってきましたが、
地上の風景と星空を同時に写し込むのは物理的に
難しいと感じていました。まあ、せっかくのデジカメ
だから合成もありかなと思います。
(20秒露光、60枚をコンポジット)

Startrail7
▲北風ぴゅーぴゅーの寒い日でも
  しらさぎ大橋を走るランナーは元気です。

2014年1月22日 (水)

月光と小鳴門海峡

この前、正月迎えたと思ったら1月もはや、22日です。
ブレーキのきかん車は毎年スピードを増していきます。
さてこの前、夜明け前に鳴門にいきました。
この写真の奥に見えるのは鳴門ボート場です。護岸工事!?
か何かの工事でしばらく閉鎖するようで、ますます
寂れた感が漂いますが、暗いニュースばかりでなく、
今年は鳴門を拠点におくサッカーチームの徳島ヴォルティスが
J1に上がるという良いニュースもあります。
定着してくれるといいですが。

Dsc_8240
▲この海峡周辺ではワカメ養殖が盛んです。

2014年1月21日 (火)

上板 大山寺の力餅

大山寺の力餅は400年の伝統があるとのこと。
昔から近郷近在の力自慢が集まったことだろう。
三方と餅を合わせて142キロにもなる。この鏡餅を
抱えどれだけ歩けるか競うものだが、一般人だと
台の上に置かれたこの鏡餅、ピクリとも動かない。
だが、力自慢は2歩、3歩と進み、優勝者は51mも
歩いた。なんともビックリである。
すごい体格の人もいたが、観察していると力だけでは
持つことが出来ないのが分かる。
餅を持つ姿勢とか手の位置、それに腰の入れ方など
ちょっとしたコツがあるのだろう。
いずれにしても、それなりのトレーニングを
してないと腰とか体を壊しそうだ。グチッ。

Dsc_8417_3
▲力餅の前、火渡りの儀式に使う護摩木の煙がすごい。
  まともに吸ってせこかった。

_dsc0146_3
▲多くの人が声援を送りながら見守る。

_dsc0066_3
▲女の子の部でも70キロ。これでも持てんな~(笑)

_dsc0183_3
▲見事自分超えして8連覇達成の優勝者。

2014年1月20日 (月)

風車の丘の水仙

きのう上板町大山寺の力餅ち運びに取材に行くまで、
少し時間があったので「あすたむらんど」の水仙を見に
行ってました。風車の丘の南斜面に沢山咲いてました。
びっしりって程じゃないけどネ。
力餅の様子は明日掲載します。

Dsc_8373
▲きのうは風が冷たい一日でした。

2014年1月17日 (金)

月明りの吉野川

満月から少し過ぎていますが、お月さんが
綺麗な早朝でした。しらさぎ大橋のところでは、
10隻あまりのシラス船が漁をしてましたが、
パスしてこっちに。

Dsc_8248
▲面白い雲があったのでパチリ。

2014年1月16日 (木)

とくしま動物園

少し前の話ですが、運動を兼ねて動物園と植物園までチャリで
行きました。住吉からだったら楽勝と思ったのですが、最後の
ダラダラ坂はしんどかった。特に植物園までの坂は急でバテました。
運動してないくせに、ちょっとナメてました。

_dsc8418_2
▲あらよーっと。身軽なピューマ。こんな風になりたいな~。

_dsc8434_2
▲ミーアキャット。両足浮いてるけど、どこで立っとんへ?

_dsc8460_2
▲タイミングよくキリン登場。

2014年1月15日 (水)

雲早山のまとめ (霧氷と氷柱)

徳島で霧氷や氷柱を見ようと思ったら、やはり
高城山や雲早山などの1400m越えの山に出かけることに
なりますが、一般人ではおいそれと入っていけません。
それぞれ道が冬季閉鎖されていたり、積雪が多かったりします。
だから、それなりの装備や冬山の知識と経験が必要になるので、
ツアーに申し込むのが一番の近道だと思います。
徳島でもこんなに素晴らしい雪山が見える場所があるのを
多くの人に知ってほしいと思います。

Dsc_8034
▲木の枝からぶら下がった氷柱。

Dsc_8009
▲いたるところに氷柱が。

2014年1月14日 (火)

雲早山の霧氷②

「痛たーたあ~」今日はふともも筋肉痛で痛いです(笑)
足首も捻ったようで微妙に違和感あります。久しぶりの
山登りが堪えてます(泣)
しかし地下足袋王子は次の日も温泉で使う、薪割りしてた
ようです。元気な人です。

Dsc_7929
▲山頂直下。

Dsc_7953_5
▲山頂は雪が締まって固かった。

Dsc_7978_4
▲雲早山のピーク。小さな祠が見える。

Dsc_7865_4
▲滑らかな丸みが美しい。自然の造形美。

Dsc_7915a
▲雪の花が青空に映える。

2014年1月13日 (月)

雲早山の霧氷

四季美谷温泉のツアーに参加させてもらって
雪の雲早山に登ってきました。この時期としたら
雪が多く、踏み跡外すと膝上ぐらいまでスッポリ浸かって
身動きが不自由です。でも、天気は最高で霧氷と青空を
堪能しました。さすが晴れ男の誉れ高い地下足袋王子の
おかげです。ヨイショ(笑)。
それにしても皆さん、スノーシューやアイゼンを完備して
準備万端でした。僕は恥ずかしながら、ひとり長靴でした。
でも、いいんです。純粋な山男じゃないから長靴で
充分です。べつに雪山をなめてる訳じゃなく、
長靴でも楽しめる徳島の山とご理解ください。

Dsc_7775
▲細い枝にも雪がびっしり。

Dsc_7822
▲光が印象的。やはり晴れてないとねー。


Dsc_7850
▲雲の形が面白い。


Dsc_7892
▲上から下までびっしり。白い昆虫のようです。

2014年1月10日 (金)

すじ青のりの網!?

一昨日ぐらいから文章の変わり目に1行空けていた
空白が取れなくなり読みにくい状態でかつ、体裁が
悪くなっています。色々試していますが、どうにも
直らないので、niftyに質問メールを送っています。
まだ回答が届いてないので、今日も見にくい
ままですが、ご容赦願います。

阿波しらさぎ大橋から海の方を見ると無数に網が
広がっています。
薄目でゆる~くフォーカスすると、縞模様が
ジンベイザメに見えなくもない(笑)

Dsc_7569
▲夜、シラス船はこの網を避けて操業しています。

2014年1月 9日 (木)

大川原高原 遠望

きのうは一日冷たい雨が降り、今晩から寒波が
下りてくる予報になっています。風邪などひかないように
お気をつけください。日本も寒いですが、アメリカは
もっと寒そうです。ニューヨークなどでも-15度との
ことで大変そうです。行ったことありませんが…(笑)

住んでるマンションが築15年を過ぎ、大規模修繕のため
年末から足場を組んでいます。そのため昼でも薄暗く感じ
ます。まもなく足場が完成し、外壁のタイルの劣化を調べる
打音検査が始まれば煩いかも知れません。

_dsc0012_2
▲朝日に照らされた大川原高原の風車

2014年1月 8日 (水)

海苔養殖

無数の養殖用ブイが吉野川に浮かべられています。
いったい幾つあることやら。冬になれば見られる景色です。
いわゆる徳島の冬の風物詩ってやつです。

遮るモノがない川の上での作業は寒さとの闘いです。
大変だと思います。ご苦労様。

Dsc_7491_3
▲夕暮れの吉野川。

2014年1月 7日 (火)

だるま朝日の北限

去年いや一昨年になるかな、だるま朝日の徳島県での
北限はどこか調査すると言っておいて、そのままになって
ました。happy01
厳格に調査したわけではないので、間違っている
かもしれませんが、どうやら松茂町の月見ケ丘海岸
あたりが北限かもしれません。
1月3日に松茂長原でだるま朝日が観測できましたが、
二日後の5日には長原より少し北の、月見ケ丘で観測
できませんでした。だから、この辺りが北限かなと
思います。

Dsc_7448
▲朝日が和歌山の半島の向こうから現れた。(月見ケ丘海岸 14.1.5)

2014年1月 6日 (月)

松茂 長原のだるま朝日

今日から仕事って人多いでしょうね。
一年の始まりですからハリキッテどうぞ。happy01
ことしも、少しばかりの安らぎを届けられたら
イイかなと思います。よろしくです。

今切川の河口、松茂町の長原に初めてやって
きました。灯台の手前の堤防が少し目障りかなと
思ったのですが、被らないように高い位置から
撮影するとあまり気にならなくなりました。

ここでも早朝から釣り人の姿がありました。
何を釣っているんでしょうね。
(14.1.3)

Dsc_7358
▲色はまあまあキレイなんですが、下に雲がかかっています。
  沢山の鳥が太陽の前を横切っていきましたが、ゴミみたいに
  小さいですね(笑)

2014年1月 4日 (土)

吉野川のシラス漁

夜中に目が覚めた。そういえば、元旦が新月なのを
思い出し、パジャマの上にジャージとジャンパーを羽織り
マンション最上階の8階に上がった。いるいる。やはり
思った通り灯りをともしたシラス船が漁をしている。
こんな時、吉野川沿線に住んでるのは便利だな~(笑)

阿波しらさぎ大橋周辺が一番多く漁をしている感じだった
ので行ってみた。しらさぎ大橋の海側に約50隻ほどの船が
操業していた。メチャメチャ多い数ではないが、それでも緑、
黄のライトが暗闇を行き来する様は幻想的で惹かれる。
何度見てもこの光景にワクワクして行かずには
いられない。困ったもんだhappy01

_dsc0070
▲撮影データ:14.1.3  03:18  F2.8 1/50 ISO3200

_dsc0164
▲撮影データ:14.1.3  03:23 F2.8 1/25 ISO3200

Dsc_7309
▲撮影データ:14.1.3  03:51 F13 60秒 ISO100

2014年1月 3日 (金)

夕焼け眉山

きのうの夕焼けです。
雲のカタチが足の指のようで何だか
面白い。

Dsc_7289

[番外編] しまなみ海道 チャリちゃり

みなさま 明けましておめでとうございます。
年末年始、更新を少し怠っていましたが、
今年も当ブログを宜しくお願いいたします。

さて昨年12月29日、30日と愛媛県今治市に
遠征してきました。急にどこかに行こうという
ことになり、今治のホテル、今治国際ホテルに空きが
あり、そこに行くことにしました。
そして、ただ泊まるだけではつまらないので、
チャリでしまなみ海道を渡ることにしました。
実はこの、しまなみ海道開通の日にも渡ったことが
あるので二度目です。
当日は風が非常に強くペダルが重く、青息吐息でしたが
結構楽しかったです。
今年は少し自転車に乗ろうかなと思います。

Dsc_7142
▲橋にとりつくまで大変なんですよ(笑)
  らせん状の道をクルクル上ります。

Dsc_7185
▲夕日を受けて。レンタサイクル5時までに返さなくっちゃ(笑)

Dsc_7210
▲多くの島が連なる。島の暮らしはどうなんだろう。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »