« 風車の丘の水仙 | トップページ | 月光と小鳴門海峡 »

2014年1月21日 (火)

上板 大山寺の力餅

大山寺の力餅は400年の伝統があるとのこと。
昔から近郷近在の力自慢が集まったことだろう。
三方と餅を合わせて142キロにもなる。この鏡餅を
抱えどれだけ歩けるか競うものだが、一般人だと
台の上に置かれたこの鏡餅、ピクリとも動かない。
だが、力自慢は2歩、3歩と進み、優勝者は51mも
歩いた。なんともビックリである。
すごい体格の人もいたが、観察していると力だけでは
持つことが出来ないのが分かる。
餅を持つ姿勢とか手の位置、それに腰の入れ方など
ちょっとしたコツがあるのだろう。
いずれにしても、それなりのトレーニングを
してないと腰とか体を壊しそうだ。グチッ。

Dsc_8417_3
▲力餅の前、火渡りの儀式に使う護摩木の煙がすごい。
  まともに吸ってせこかった。

_dsc0146_3
▲多くの人が声援を送りながら見守る。

_dsc0066_3
▲女の子の部でも70キロ。これでも持てんな~(笑)

_dsc0183_3
▲見事自分超えして8連覇達成の優勝者。

« 風車の丘の水仙 | トップページ | 月光と小鳴門海峡 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

てっちゃん 毎度です。
見てて意外に面白かったですよ。昔は娯楽も少ない
ので、餅運びにも大勢の人が集まったんじゃないかな~。
介添えの人や穴が出来たら、砂を足してならしたりする人もいて
運営も慣れたものでした。
歴史と伝統を感じるイベントでした。

いやぁ~参ったsign01参りましたsign03皆さん凄いですsweat01
142㎏を持ち歩くなんて一体どんな怪力なのですか(笑)
女子の部でも70㎏だなんて、ひぇ~~~coldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 風車の丘の水仙 | トップページ | 月光と小鳴門海峡 »