« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月30日 (水)

2014シラスウナギ漁 総集編

今日で漁期の終わるシラスウナギ漁の纏めを
してみました。例年12月15日に解禁を向え、年々
獲れる量が少なくなって、ついに絶滅危惧種にまで
指定されたシラスウナギですが、今年は風の便りに
よると例年に比べ豊漁だったようです。これは
あくまで風の便りですから、信憑性はないですよ(笑)。
いずれにしても不漁と言われた頃より、幾分
好転したのでしょうか?
来年も多くのシラスウナギが遡上して、漁師さんたちが
一匹でも多く掬えることをお祈りしています。
そしたら、写真を撮る楽しみがありますから。


_dsc0236_2
・阿波しらさぎ大橋より海に向かって
新しい年になって初めてシラスウナギの撮影に…。ていうか、1月
3日なんで正月早々と言った方が正解かな。
14.1.3 03:59 F2.8 1/50 ISO:3200 -0.3EV f=200mm トリミング

_dsc0214
・吉野川大橋から阿波しらさぎ大橋方向
シーズン初めは吉野川大橋付近で多くの漁船が漁をしていました。
14.1.28 01:48 F3.5 1/60 ISO:3200 -0.7EV f=110mm

70
・阿波しらさぎ大橋を望む吉野川南岸から
すごく寒い日で足の先が、ジンジンしてきたので車の中で待機。
30秒×70枚をコンポジットしてみました。14.1.28

_dsc0114
・吉野川大橋から阿波しらさぎ大橋方向
大阪より撮影旅行の団体さんが多く来られていた日。添乗員さんも
同行していた。吉野川のシラス漁も有名になったもんだ。
14.1.31 03:15 F3.5 1/80 ISO:4000 -0.7EV f=110mm

_dsc0408
・阿波しらさぎ大橋から吉野川大橋方向
しらさぎ大橋付近に約50隻の船がいたが、カメラマンは僕だけ。
14.2.1 03:48 F3.2 1/80 ISO:3200 -0.3EV f=95mm

Dsc_3490
・吉野川大橋から阿波しらさぎ大橋方向
新しい写真表現がないか模索してみた。3枚を多重露光の上、
カメラ内で出来る魚眼効果を使ってみた。しらさぎ大橋の明りが
地球の丸さを現してくれたが、船の数が少なく黒い部分が目立ち
イマイチ(笑)。
14.3.1 02:28 F20 バルブ ISO:100 -0.7EV f=24mm

Dsc_4092
・吉野川橋上流の南岸より
往来する船とほぼ同じ目線。見える範囲で約60隻の大迫力だったが、
暗いのでISO6400まで上げたがノイズまみれ。
14.3.1 04:39 F2.8 1/160 ISO:6400 -1.0EV f=160mm

_dsc0015
・鮎喰川河口近く
ここで漁をするのを初めて見ました。しかも大半の船は岸ギリギリを
行ったり着たり。陸から掬う人も何人か見かけた。
14.3.31 03:20 F2.8 1/10 ISO:1600 0.0EV f=55mm





2014年4月29日 (火)

夜空と風車

大川原高原の風車に星が降り注いでいます。
実際の景色はこんなに沢山の星は見えないですけどね。
最近のデジカメは人間の目に見えないような
モノも写してしまいます。ある意味、怖いですね。


2032_2
▲西空の星の動きは左上から右下に。(10分間露光)

2014年4月28日 (月)

(続) 神光寺昇り藤

早朝に神山の神光寺に行ってきました。
藤の青い色は時間の経過とともに変化していき
ました。これは日の出の30分ぐらい前です。


Dsc_6632
▲早朝ですが、いい匂いしてましたよー。あ、当たり前か(笑)

若鮎 飛ぶ

このところの好天で水温も上がってきたのか、
鮎の遡上が見られるようになり、体長4~5cmの
若鮎が堰を元気よく飛び越えています。
あの小さい体のどこにパワーがあるのか不思議です。
(吉野川 第十堰にて)


Dsc_5953a

Dsc_6004a

Dsc_5917a

[撮影こぼれ話] とにかく動きが早いので、気に入るコマは
極一部という結果で、ほとんどが捨て駒という有様です。
小さくて速い若鮎の動きに翻弄されました。

2014年4月26日 (土)

夜明け前

今日からゴールデンウイーク突入って人もいるかも
知れませんねー。そしたら、11連休か~。イイですね。
普段出来ないことにチャレンジしてみるとか、何か
したほうが…。ぼっーと、してても休みはすぐ
終わりますからね。

朝はだいぶ凌ぎやすくなりましたが、厚手のジャンパーは
車に載せっぱなしです。山に行ったらまだ、必要になる
時があるかもと思うと、なかなか車から降ろせません。


_dsc0018_2
▲清々しい朝の一時

2014年4月25日 (金)

鳴門 岡崎城と星空

朝はやく岡崎城に行くと1灯明々とライトが点き、
城をライトアップしていました。テスト撮影してみましたが、
乱反射して酷い状態。せっかく来たけど、諦めて帰ろうと
思った瞬間、ライトが消えました。ラッキーでした。


Photo
▲ここは鳥居龍蔵記念館でしたが、移転したようです。

2014年4月24日 (木)

神光寺の昇り藤

神山町の昇り藤が見ごろを迎えています。
花を嗅いでみると良い香りがしましたよ。とても
高貴な香りです。そういえば、仏さんは香りが
ご馳走で紫色を好むと誰かが言ってたので、藤は
お寺にぴったりの花かも知れません。


Dsc_5409
▲つぎつぎ人が訪れていました。

Dsc_5421
▲密度がすごい!! この藤(笑)

_dsc0047
▲お寺の裏に回ると、シャクナゲが

2014年4月23日 (水)

丈六寺新緑

桜のシーズンが終わったと思ったらはや、新緑
が眩しい季節になりました。先日、上勝方面に行く
途中雨に濡れた新緑が新鮮でした。
丈六寺は昨年の紅葉以来ですが、新緑もまた
イイですね。


Dsc_5346
▲だれ~も居ません(笑)

Dsc_5353
▲緑のシャワー浴びてます(笑)

2014年4月22日 (火)

とくしまマラソン スタート記

さすがは川内優輝。
途中でトイレに駆け込んでも余裕の優勝でしたね。
前日、水分取りすぎたというコメントを聞きましたが、
ビールの飲みすぎでしょうか? えー、一流アスリート
でも調整の失敗はあるんかな? それとも油断!?
ま、そんなことはどうでもイイ話でスタート地点で
見てましたが、100m走って後続を10mぐらい
離してました。やっぱりモノが違う。


Dsc_4819
▲ランニングシャツの肩口がめくれてるんですけど…。(笑)

   誰か直してくれる人いなかったのかな。

2014年4月21日 (月)

はな・はる・フェスタ2014

18日から始まった、はな・はる・フェスタも昨日で
終わりましたね。二日目の土曜にちょろっと見に行きました。
三日間の中では一番天気が良く人出も多かったように思います。
昼ごろは人気ラーメン店の前に長蛇の列ができ、並ぶ人、
通行の人でごった返し最後尾が分からなくなり、整理の女の子に
文句言ってるオッサンもいました (笑)。


Dsc_4442
▲新のんき連

_dsc0003
▲ノリノリの男の子

Dsc_4421
▲新のんき連

Dsc_4518
▲殿様連

2014年4月19日 (土)

上板 岡田製糖所の八重桜

桜シーズンの最後は、やはり岡田製糖の八重桜で
しめます。ここを訪ねたのは17日の木曜日でした。平日にも
かかわらず大勢の方が来られてましたよ。


Dsc_2610
▲下から見上げても見応えありました。

Dsc_2662
▲主屋の庭

Dsc_2648
▲資料館

2014年4月18日 (金)

続・満月昇る

日の入り18:33、月の出18:35で月が出てから約30分
経った時が一番ブルーが綺麗な時間帯と思います。
いわゆる薄暮ブルーてやつですね。

隣では別のカメラが10秒シャッター切って、一生懸命
ひとりで頑張っています。(笑) ×360ですから、
本人が、ぼっーとしてるのはカメラに対して失礼かな。


_dsc0026
▲月の右上に見えるのは火星。

2014年4月17日 (木)

満月昇る

一昨日の夜は満月で雲の無い安定した夜でした。
珍しいです。たいてい何処からか雲が現われて、
光跡が切れたりするんですが…。
(阿南:中林海岸にて)
データ:4/15 18:46スタート ISO50、F18 -0.7EV f=45.0mm
          10秒露光×360枚をコンポジットしています。


3burogu
▲お月さんに色の付いてる時間は短いなー。

2014年4月16日 (水)

神山 江田の菜の花畑

先週日曜は天気が少し悪かったですが、菜の花の
色はしっかりして綺麗でした。開花が例年に比べ遅かった
ようですが、棚田を上から下まで黄色で埋め尽くして
いました。


Dsc_1950
▲黄色は元気の出る色ですねー。

2014年4月15日 (火)

木屋平 大北のしだれ桜

川井峠から旧木屋平村に向けて下ると、いたるところに
しだれ桜があります。標高が高いので、平地に比べ開花が
遅く僕の撮影の事情から言うと、とても助かります。


Dsc_1878
▲雰囲気のある良い場所なんですが、電線がね~(笑)。

2014年4月14日 (月)

大川原高原のミルキーウエイ

天の川をISSが横切っていきました。
そういえばコマンダーを若田光一さんが務めて
ますね。


Dsc_1494
▲星の数ってなんぼあるんかな。

川井峠のしだれ桜

お早うございます。
また一週間の始まりです。がんばっていき
ましょう。

昨日の日曜日、もう遅いかなーと思ったのですが、
ラストなので木屋平に行ってきました。一日雨が降る
あいにくの天気でしたが、川井峠や大北の桜は
まだ咲いてました。


Dsc_1830
▲名残の桜です。

Dsc_1824
▲よく、しだれてます。

2014年4月11日 (金)

梨の花咲くころ

桜が終わっても、これからは色々な花が楽しめますね。
北島町、松茂町、鳴門市などでは今、梨の花が満開です。
農家は梨の受粉作業で大忙しのようです。
猫の手も借りたいようで、なんだったら内の
シャムネコもどきの、むにゅでも貸してあげようと
思いますが…。


Dsc_1678
▲お盆ごろまで幸水が、お盆をすぎれば豊水が市場に
  出回るようになります。

2014年4月10日 (木)

小神子海岸の朝

久しぶりに海岸に出かけました。沖のほうに
貨物船のような船が1隻停泊してるだけで、変化に
乏しい朝の様子でしたが、漁船が近くまで来て
くれたのでパチリしてみました。

かご網のようなものを沈めていました。
何を獲るのでしょうね。
それにしても良い季節になりました。


Dsc_1561
▲穏やかな朝の小神子海岸です。

2014年4月 9日 (水)

天石門別 八倉比売神社(あめのいわとわけ やくらひめじんじゃ)

予感的中。
なんの予感が当たったかというと、この鳥居さんから
連なる石段の上に崇高な気配を感じて調べると、なんと
この神社、阿波国内では最高位に位置づけられるほど
神階が高かったのです。
あの大麻比古神社よりも上らしいです。(神山町史より)
もともと国府はその名が示すように、国の祀りごとを司って
きた由緒ある土地柄です。政治の中心地に一番の神社が
あってもおかしい話じゃないですよね~。
もっとも自分の予感ほどアテにならないものは
ないですが…。

少し前、国府を取材中に見つけたもので、阿波史跡公園の
横に道があり、少し上るとこの神社です。


Dsc_7962
▲木の鳥居さんが渋い。

Dsc_7972
▲シンメトリーの拝殿。

2014年4月 8日 (火)

勝浦 生名谷川の舟下り

徳島の桜もボチボチ終わりのようです。
日曜日に勝浦町生名の舟下りに行ってきました。
川をせき止め、水をかさ上げして約150mの
間を桜を見ながらゆっくり遊覧します。
竿一本で簡単そうに操船してますが、やらせて
もらうと、これが難しい。
1分で諦めました(笑)


Dsc_1251_2
▲落花した中をノンビリ進む。

Dsc_1189_2
▲舟からの景色。前方に積んである土嚢が堰。

2014年4月 7日 (月)

徳島中央公園 堀川の散り桜

先週金曜日の強い雨風で桜がだいぶ散り、
散った桜の花びらが、お堀(堀川)で渦を巻いていました。
以前から、石垣の東側(写真右)奥から手前にかけて
緩い流れがあると思っていましたが、まさか渦を
巻いているとは驚きでした。
さすがは渦の本場徳島だー。関係ないか(笑)

Dsc_0714
▲写真左上の石垣に四国放送のテレビクルーが取材してました。
  ぶれてほとんど分かりませんが(笑)
   (撮影データ:F22 15秒 ISO50 -0.3EV f=17.0mm)

2014年4月 5日 (土)

雨上がりの徳島中央公園

きのうの朝は中央公園にいました。
雨に打たれた桜の花びらが地面に落ちて
エエ感じでした。


Dsc_0404_2
▲ライトで遊んでみました。

神山温泉のシダレ桜

満開ですが、取り立てて大きくもなく立派でも
ないですが、枝ぶりが気にいったのでパチリして
みました。
枝の部分が見えないぐらい咲いているシダレ桜
より、枝がしっかり見えているほうが好きです。


Dsc_0583
▲右に少し見えるのが神山温泉

農大の桜と星空

農大の桜と言っていますが、今は農業大学校は
移転しています。約200mの桜のトンネルが続いて、
見ごたえあります。
夜は昼間と違い人通り、車通りはほとんど
ありませんが、たまに通るのでその都度、
帽子でレンズを覆い、撮影中断しています。
そのため、よく見ると星の光跡が2カ所ほど切れて
います。


1443
▲南北に咲く桜並木。

3
▲南向き。

2014年4月 4日 (金)

袋井用水の桜

きのう早朝の袋井用水は風もなく穏やかな天気で、
桜が水鏡になりキレイでした。
袋井用水は元禄のころ、水不足に苦しんでいた村の
庄屋、楠藤吉左衛門が私財を投げ打ち難工事の
末に水源地を発見しました。その後、事業は子孫に
引き継がれ完成したものです。
昔の庄屋さんはえらいな~。
最近はこれぞ、篤志家っていう人はあまり
見かけなくなりました。


Dsc_0283
▲ここは亀がたくさんいますが、まだ就寝中でした(笑)

Dsc_0290
▲水面に映る家の人は毎日、桜三昧できます。

忌部神社の桜

眉山中腹の忌部さんの桜、きれいです。
ここは徳島選出の代議士と女優のMさんが結婚式を
挙げた神社です。


Dsc_0321
▲境内は訪れる人も少なく静かです。

日峯の桜

今年は頑張ってアチコチの桜を撮りに行きましたが、
もう落花が始まったようで、そうなると少し寂しい感じも
します。年を取っていくと、後何かい、桜を見られるんだろうと
思うようになるんでしょうか。


Dsc_0012
▲日峯山頂公園から大神子、徳島方面を望む。

2014年4月 3日 (木)

上板 泉水庵のシダレ桜

ここのシダレ桜も満開で~す。
今年はシダレ桜もソメイヨシノも一斉に
咲きましたね。忙しいことです(笑)


Dsc_9621
▲さすがに泉水庵の横の八重桜はまだでした。

市山煙火商会の夫婦桜と星空

夫婦桜を横から眺めたところです。いつも思うけど
30分ボーっと待つのはちょっとシンドイなー。
胸のカラータイマーが警告音を出しっぱなしです。
もう27分も過ぎとるぞ~、って。でも、ヤメラレナイ。

警告音といえば、この近所の山中からししおどしのような、
竹の乾いた音が頻繁に聞こえていました。なにかな?


Z_3
▲飛行機が飛ぶ飛ぶ。

桜と歩き遍路さん

春はお遍路さんの鈴の音と共にということが言われますが、
今年は高野山開創1200年ということで、特にお遍路さんが
多いような気がします。歩いてるお遍路さんの中には
青い目の外国人の方もいらっしゃいます。若いのに感心なこと
だな~と出合う度に思います。

「May I take a picture of you」と声をかけ、
写真を撮らせてもらおうかなーと思っているのですが、
いきなりいうのも唐突だし、相手が一気に話すと
何を言ってるのか理解出来ないしな~。
そんな、こんなで外国人コンプレックスは拭えないのです。


Dsc_9594
▲5番地蔵寺 五百羅漢さんを歩くお遍路さん。あ、この方は日本人ですよ。

2014年4月 2日 (水)

市山煙火商会の夫婦桜

夕方、市山煙火さんを訪れたとき丁度、竹林に
西日があたり明暗がくっきりして夫婦桜が浮かび
上がったようでした。


Dsc_9646
▲老いてなお… の看板どおり、これからも咲き続けて欲しい。

鮎喰川河口のシラス漁

3月最後の日、シラス漁の撮影に行ってきました。
場所は吉野川橋の上流、鮎喰川河口と言ってもいいような
所で漁をしていました。ここに行ったのは初めてで、
しかも岸のすぐ近くです。
船が横を通り過ぎていくような感覚で、たまに漁師さんと目が
合います。目があったら何か喋らないとね~。
「獲れよんですかー」と言うと「ぼちぼちね」などと返して
くれます。こんな所までシラスが遡って来てるってことは
もうぼちぼち、シーズンの終盤を向えてるのかもしれません。


_dsc0013_2
▲約20隻の船がひしめき合いながら漁をする。

_dsc0101_2
▲一点を見つめて。

_dsc0432_2
▲岸を舐めるように通過していく。

Dsc_8783_2
▲陸から獲る人も。小型バッテリーで水面を照らす。

2014年4月 1日 (火)

眉山の彩雲

昨日の夕方、彩雲が縦一筋に現れました。
虹とは逆に太陽方向にできるようです。こんなのが
見られるようになったのは、マンションを覆っていた
黒いカバーが取れたおかげです。消費税があがる
前に大規模修繕を終わってすっきりしました。


_dsc0015
▲眉山もピンクが目立つようになりました。

佐古配水場の桜

佐古配水場の桜が綺麗でした。ただ、惜しいのは
塀の外からしか見られないのです。
桜の咲く時期は開放してもらいたいものです。
昼間の見学および撮影のみOK!とか条件付きでも
かまわないので…。


_dsc0110
▲赤レンガのレトロな建物と桜の組み合わせで
  写真が撮りたいものじゃ(笑)。

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »