« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月30日 (月)

龍山荘のアジサイ

3、4日前に徳島のアジサイはもう終わりと書いたのは
訂正します(笑)。21番札所太龍寺への裏ルートの入口付近に
ある遍路宿「龍山荘」のアジサイはまだ盛りでした。
遠くから見るとアジサイに囲まれた円形サークル内には、
「寿」の文字が…。思わず手を合わせましたよ(笑)


Dsc_2022
▲これ位、離れないと寿は分からないかも。

2014年6月29日 (日)

善入寺島のヒマワリ

吉野川が作り上げた広大な中須、善入寺島です。
野菜の他に米や果物の栽培が行われています。&ヒマワリも。
写真には写らないので、良いんですがこの辺り強烈に
臭い!! なんの匂いと例えたらいいんだろう…。油粕のような…。
住民の多く住むところで、こんな強烈な匂いを出すと
クレームの嵐だろうな。匂いを想像して不快になった
方がおいでたら、それはスンマセン(笑)



Dsc_1958_2
▲緑のなかに黄色がポツポツ。


Dsc_1972_2
▲土地が広いので、これぐらいのデカいトラクターが必要!? 


吉野川とカンドリ舟

阿波市の柿原堰には多くのカンドリ舟が係留されていました。
木造のカンドリ舟は、まだ作られているんでしょうかね。
職人さんが居なくなったという話も聞きますが…。
いずれにしても吉野川にはカンドリ舟がよく似合います。


Dsc_1898
▲吉野川と柿原堰とおこっあん(高越山)西の代表景観ですねー。

2014年6月27日 (金)

勝浦川とカンドリ舟

きょうは早や金曜ですね。
一週間が過ぎるのが早すぎる。


吉野川や那賀川では鮎釣りにカンドリ舟が使用されて
いるのを見ますが、勝浦川にもありました。ただ、鮎釣りで
使用しているかどうかは不明です…。
この日も多くの釣り師が河川敷に陣取って、
鮎と格闘(!?)してました。
それにしても曇りか雨の冴えん天気が続きますね~。
梅雨だからしょうがないかな。

Dsc_1886
▲合歓の木に花が咲く季節に。

2014年6月26日 (木)

吉野川橋花壇のアジサイ

アジサイもそろそろ終わりですかねー。
おととい、仕事で出かけたついでに雨降りの
なかアジサイ撮ってみました。


Dsc_1789
▲季節の花々が植えられている吉野川橋南詰の花壇。

2014年6月25日 (水)

お遍路さんとアジサイ

日本負けました。
後半、3点目を取られた時点で余りのふがいなさに
チャンネル、プチしてブログの記事書いてます(笑)
でも朝の時間で良かった。これが寝る前だと悔しくて
眠れんから…。


神山の焼山寺に行きました。土曜日とあって団体の
お遍路さん多かったです。大型バスは道が狭く上がって来れない
ので、地元の中型バスに乗り換え次々上がってきました。
今年はほんとに多い。境内もお遍路さんでいっぱいです(笑)


Dsc_1622
▲本堂に続く参道で。

2014年6月24日 (火)

徳島航空基地マラソン大会

自衛隊の滑走路を走る5キロと10キロのマラソン大会に家内の
アッシーとして行きました。阿波おどり空港の滑走路と隣り合わせ
なので、JALやANAの旅客機が離発着をするシーンが間近で見られました。
こんな機会でないと、セキュリティの厳しい自衛隊の基地に入れ
ないので良い経験でした。来年もあれば行こうかな~。
(14.6.22)


_dsc0081
▲降りしきる雨の中、懸命に走るランナーの皆さん。

_dsc0100
▲かわいいイラスト付きのJAL。


2014年6月23日 (月)

櫛渕のアジサイ

ここのアジサイはよく手入れされているようです。
剪定などの方法はよく分かりませんが、あぜ道を見れば
綺麗に草を刈っているので、大切に育てているのが
伝わってきます。今年も良いもの見せていただきました。
(小松島市)


Dsc_1711
▲色とりどりのアジサイを引き立てる稲穂。

2014年6月21日 (土)

樫原の棚田

ここも樫原の棚田って言うてもエエんだろな。
カメラマンが好んで撮るのは、この下の棚田なんですが…。
山犬嶽に行った帰りです。最近、ちょっと歩いただけで
ふくらはぎが痛い。山犬嶽の登山道、たいした登り坂
じゃないんだけど、もう途中から両足のふくらはぎに痛みが
出る。困ったもんだ。足の衰え感じる今日この頃。


Dsc_1543
▲稲の成長早いですね。しっかり育ち、水の面積が小さくなってる。

2014年6月20日 (金)

雨の山犬嶽

水苔で有名な山犬嶽に行きました。登り始めは雨も
パラパラで、この調子なら撮影にちょうどエエかな思って
たら、途中から本降りの雨になりました。撮影には苦労
しましましたが、苔にはイイお湿りになりました。
(上勝町)


Dsc_1509
▲ガスが出て、宮崎駿監督が好みそうなシチュエーションに
  なってましたよ(笑)。

2014年6月19日 (木)

水の精

葉に雨水を溜めています。何気ないシーンですが、
葉っぱの緑とピンクの毛玉の美しさに惹かれます。


Dsc_0988_2
▲この木は何という植物でしょうか。

2014年6月18日 (水)

母川のホタル

自分の準地元ですが、ここに来たのは二回目です。
14日から始まったホタル祭りですが、他のところは
もう終わりかけなのに、母川は今週いっぱいは屋形船が
でるようです。ホタルの飛びはじめが他所に比べて
遅いのかな!?


Hahagawa_si
▲川面にホタルの灯りが映る。

Dsc_1338
▲暗い中で動く屋形船。厳しい条件でこれが精いっぱい。
   肉眼で見るのが一番(笑)。それも一杯呑って舟から見るのが…。


2014年6月17日 (火)

紫一点

紅一点ならぬ、紫一点。葉っぱのなかに一つだけ。
なにか惹かれるモノがあります。
(牟岐町内妻にて)


Dsc_1220_2
▲アジサイ祭りが行われている筈ですが、テントには
  誰もいなかった。しまうん早いな~(笑)。
  (6.15日曜)

内妻 松坂隧道

大正10年(1921)7月に竣工したこのトンネルは現場で
コンクリートを使ったトンネルとして国内最古のものと
確認されています。コンクリートが日本に伝わったのが、
明治期でそれまでは石やレンガの造りが主流だったようです。
この辺りは「八坂八浜」と言われ昔からの難所で、
交通の便も悪かったために、この工法が採用されたのかも
知れませんね。なかなか歴史を感じさせるトンネルですよ。
(牟岐町内妻にて)


Dsc_1250
▲トンネルの向こうからヤマタノオロチが火を噴いたんじゃなく、
  車がライトをつけてやって来たところです。古いので照明設備
   ありません(笑)。

2014年6月16日 (月)

新野のアジサイ

昨日のワールドカップ日本の試合、残念でしたね。
前半、本田が1点入れて幸先のいいスタートだったんですが…。
点入れた瞬間、窓の外眺めて歓喜してる人がいないか
探したのですが、誰もいませんでした(笑)


Dsc_1151_2
▲不動明王!? 田んぼの守り神でしょうか?

Dsc_1185
▲あぜ道を彩るアジサイ。

Dsc_1188
▲ピンクもGood!





2014年6月14日 (土)

潮干狩り

きのうのブログも列車でしたが、きょうもです(笑)
仕事で出かけていて、帰りに鮎喰川の潜水橋から撮った
ものです。大潮なので潮が引き大勢の人がシジミを取っていました。
金曜の昼間なので、さすがに家族連れはいなくてオジさん
オバさんが大半です。なかには腰まで浸かって専用のシジミ取り機(!?)で
ザクザクする強者オジさんも…(笑)。

 

Dsc_1113
▲夏を思わせる日で梅雨は一服かな。

2014年6月13日 (金)

JR牟岐線と夾竹桃

徳島駅から南の線路沿いにある夾竹桃が咲き
始めていました。
この花、たしか9月ぐらいまで咲く花期の長い花です。
花も葉も枝も根にも毒があると言うが、匂いを
嗅いでもヤバイんだろうか(笑)
JR牟岐線が通勤、通学の人を載せて忙しなく通り
過ぎて行きました。


Dsc_1036
▲幸町立体交差で。

2014年6月12日 (木)

梅雨曇りのとくしま植物園

全国各地で局地的に大雨が降っているようですが、
徳島市内は曇り空、もしくは雨が降ってもチョロチョロ
って言う感じの日が続いています。
南米沖に発生したエルニーニョ現象で梅雨明けが
遅くなるという予報も出されていましたが、どうなるん
でしょうね。僕の希望を言わせてもらったら、梅雨は
遅くても7月中には終わって欲しいものです(笑)


Dsc_0879
▲動・植物園の入口。

Dsc_0864
▲植物園。休憩所で休むシルバー人材センターの人たち。


2014年6月11日 (水)

上那賀の雨風景

那賀川沿いの5町村が合併して那賀町になり
だいぶ経ちますが、ピンポイントで場所を説明する時
那賀町では範囲が広すぎて何処のことやら分かりません。
なので旧の町名を使います。

一つ目は、ダム湖に架かる雨に濡れた大戸橋です。
アーチ状の綺麗な橋で黒光りするところが、何とも目を
引いたのでパチリしてみました。
二つ目も上那賀で国道195号から撮ったものです。普段は
こんなに水量無いと思います。昼間の撮影やし、三脚は
いらんわーっと置いてきたので手持ち。F16まで絞ると
シャッターSは1/6に。橋の欄干に両肘付けてやっと。


Dsc_0482
▲道の真ん中にいても、めったに車通りません。(笑)


Dsc_0516
▲潤いの季節ですが、今年の梅雨は局地的。



2014年6月10日 (火)

ご近所 歩きショット!

雲っているとウオーキングには最適な季節です。
紫外線は曇りでも多いようですが…。


Dsc_0894
▲色の豊富なアジサイ見っけ。

Dsc_0902
▲アヤメ(!?)とアジサイ美の共演。


天へ 美郷のホタル

吉野川市美郷のホタルですが、国の天然記念物に
指定されています。指定されているのは全国で11カ所と
意外に少ないですね。もっと沢山あるのかと思いました。
この日の狙いは天に昇るホタルと星空のコラボでしたが、
雲の広がる天気で、そうそうに諦めました(笑)


22_2
▲小さい体でも精一杯光って生きている。

2014年6月 9日 (月)

那賀川 長安口ダム湖

旧上那賀町出合のダム湖の様子です。
大雨が降り水が濁っていますが、川霧が発生して
神秘的な景色を見せていました。


Dsc_0375
▲箱庭のようです。


Dsc_0389
▲天気は曇りで無風。


2014年6月 8日 (日)

新野のアジサイ

いつも行く新野町の田んぼのアジサイです。まだ咲き揃って
いませんが、これぐらいの感じもいいかも。もう一週間もすれば
あぜ道は綺麗に彩られることでしょう。


Dsc_0346
▲ピンクの縁取りが初々しい。

_dsc0019
▲小雨を喜ぶ声が聞こえるようだ。


2014年6月 5日 (木)

雨の季節到来

おととい四国地方は梅雨入りしましたね。
平年より二日早いそうです。湿度が高くムシムシ
して嫌な季節です。おっと、防湿庫持ってないので
水取り象さん買いにいかなくちゃ。


Dsc_0303
▲フライング。


Dsc_0308
▲これもちょっと早いかな。


2014年6月 4日 (水)

勝浦 与川内のホタルⅡ

三日間のホタル祭りが終わった与川内ですが、
まだまだ大勢の見物の方が来られていました。
祭り期間中は街灯を消すなど、ホタルと見物人に
優しい対応でした。
行った日は街灯が点いていて、川に映り込みが
ありましたが、なぜか途中で消えました。
きっと、実行委員会の人が消してくれたんだと
思います。ありがとうございました。


Kyokawauchi
▲8時過ぎのピークには沢山のホタルの乱舞が見られました。

Dsc_0170
▲川の近くまで降りてみました。マムシおれへんやろな~(笑)

2014年6月 3日 (火)

[番外編]開創1200年の高野山へ

先週日曜に高野山へ行きました。開創1200年で凄い
混雑かと思えば、いつもの静かな高野山でした(笑)。
違う点は気温が6月に入ったばかりというのに、27.5度も
あったことです。薄いジャケット持っていってましたが、
全然必要なしでした。
奥の院のお参りでは灯篭堂地下3mにある弘法大師様の
御身影を初めて拝見しました。薄灯りの向こうの台座に
座られた大師と縁を結ぶことができました。
これって凄いことですよね!
※高野山開創は正式には2015年(平成27年)です。

_dsc9959
▲全国にある高野山真言宗3000寺の総本山、金剛峰寺(こんごうぶじ)。
  檜皮葺(ひわだぶき)の屋根が美しい。雷が落ちませんように…。

_dsc9993
▲大伽藍のなかの一つの寺社。うっそうとした森に光明が。

_dsc0019
▲朱塗りの鮮やかな根本大塔。こんな撮り方したら小さく感じ
  ますが、現物はとてつもなくデカい(笑)




2014年6月 2日 (月)

佐那河内 嵯峨川のホタル

仄かな灯りが一つ、二つ、三つ。数えることができます。
佐那河内村の嵯峨川は超有名なホタル観賞地でないので、
正直言って数は少ないです。そして人の姿も。
でも、ワイワイ・ガヤガヤしたところが苦手な人にとっては
打ってつけの場所かも知れません。


Dsc_0052_2
▲すっかり日の落ちた水面をホタルが優雅に舞う。

勝浦 与川内のホタル

勝浦町の与川内にホタル撮影に行きました。
徳島新聞に掲載されたこともあって人出は多かったです。
どこの場所が良いのか分からないので、堰のある場所に
陣取りました。
7時半を過ぎる頃から木の間が光始め、8時過ぎに
ピークを迎えましたが、対岸の水の方が甘いようで
こちらに飛んでくるホタルは少なかったなー。


Dsc_9929
▲ホタルのほのぼのした灯りはいいね~。

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »