« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月29日 (土)

丈六寺の紅葉

手前の三門辺りはまだ紅葉していませんが、奥の
木はチラホラ色づいています。
見ごろは来週ってところでしょうか。


Dsc_3028_2
▲庭園の中には入れないので、外からパチリ。


Dsc_3069_2
▲色づきはじめ。


Dsc_3012_2
▲古い塀が趣あります。




2014年11月28日 (金)

上板 大山寺の落ちイチョウ

今年も上板町神宅の大山寺に行きました。
前日の雨で一斉に葉を落としたらしく、境内
一面に黄色の絨毯を敷き詰めていました。
ここはカメラマンに人気のお寺さんで、葉が
落ちてもすぐには掃除をしません。その辺、
よく分かってくれているようです(笑)。
かと言ってお寺さんには何の貢献もしてないので、
ちょっと申し訳ないのですが…。


_dsc0006
▲赤い服着た小さいモデルさんが愛嬌振りまいてました(笑)


Dsc_2931
▲イチョウとモミジが何ともいえず綺麗でした。


Dsc_2939
▲道にも落ち葉がいっぱい。




2014年11月27日 (木)

晩秋

そろそろ季節が秋から冬に変わろうとしています。
来週ははや12月です。いつものことですが、一年が
過ぎるのが早すぎる。今年は何をしてきたのだろうと、
振り返る間もなく来年をむかえることになるのだろう…。


Dsc_2822
▲暗く、寂しく、美しく。

[番外編最終回 京都の紅葉]

長々、引っ張ってきた京都の紅葉シリーズこれで終わります。
最終回は京都の町中で目についたモノを取り上げてみました。


この時期の京都は移動が大変ですね。歩いても車で動いても
大混雑でした。四条だったかはっきり覚えていませんが、3車線の
道路のうち、2車線を歩道にする工事が始まっているとのことです。
こうなると増々、車の方は動かなくなりますね。そのうち
根本的な対策をしないと、どうにもならなくなる予感がします。


Dsc_2287_3
▲表情の面白い地蔵さんを見っけ。(^_^.)


Dsc_2426_3
▲着物姿で自撮りするお嬢さんたち。最近よく見かけます。


Dsc_2482_2
▲南禅寺境内にある疎水。なかなかレトロです。


Dsc_2505_2
▲西日が寺をオレンジに染める。







2014年11月26日 (水)

[番外編④ 京都の紅葉]南禅寺

南禅寺で有名なのは高さ22mにおよぶ三門で別名「天下龍門」と
呼ばれ、日本三大門の一つらしいです。
日本人は「三大●●」というのが好きですね~。現在の門は大坂夏の
陣に倒れた戦没者を弔うため、藤原高虎が再建したということです。
上に登れるようですが、時間が無かったのでパスしましたが、
あの天下の大泥棒、石川五右衛門が「絶景かな。絶景かな~」と
言ったらしいです。が、五右衛門が活躍していた時代には、まだ三門は
再建されていなかったようです。「なんだ~、嘘かよ」(笑)。


Dsc_2537
▲立派な三門です。上に登っている人の姿が見えます。
   みんな「絶景かな。絶景かな~」と言ってるのかな~(笑)。


Dsc_2458
▲釣り鐘と紅葉。


Dsc_2450
▲西日が当たっていい感じになりました。


Dsc_2464
▲本坊と紅葉。






2014年11月25日 (火)

[番外編③ 京都の紅葉]高台寺

高台寺は豊臣秀吉の菩提を弔うため、秀吉の妻
北政所(ねね)が開創したお寺です。
造営にあたり、徳川家康が多大な援助を行ったといわれ
寺観は壮麗です。家康が自分の権力を見せつける
ためにハデにやらかしたんでしょうね。


Dsc_2362
▲書院から観月台を望む。


Dsc_2376
▲方丈の前庭の傘のアートです。こんなの初めて見ました。


Dsc_2396
▲方丈の庭園。


Dsc_2408
▲開山堂横の臥龍池。






2014年11月24日 (月)

[番外編② 京都の紅葉]清水寺

誰もが知っている清水寺ですが、紅葉の見所は
意外に少なく感じました。大勢の人の中、あっちこっちと
撮りましたが、やはりこの絵柄に落ち着きました。


Dsc_2327_2
▲写真奥の建物工事中で順路が多少変わっていました。

[番外編① 京都の紅葉]東福寺

京都の紅葉巡りをしてきました。定番中の定番と言える
お寺ばかり回ったので「あ、ここ行ったことある」っていう人も
おいでるかも知れません。今週は何回かに分けて錦繍に染まる
古都の様子をお伝えします。


まずは東山区の東福寺です。このお寺は臨済宗の大本山で
TV局などが紅葉中継によく使うので、見覚えある人もいるかも。
臥雲橋から通天橋の紅葉を眺めたり、その反対の通天橋から
見たりというのがよく放送されています。
この日はメチャメチャ天気が良くて、パリパリに乾いた
印象だったのでここはスルーしました。
それにしても何処にいっても、人の多いこと田舎者は
人見るだけで疲れます。


Dsc_2171
▲渓谷・洗玉澗(せんぎょくかん)から通天橋を仰ぎ見る。


Dsc_2182
▲右を見ても、左を見ても鮮やかな紅葉に見とれる。


Dsc_2237
▲手入れをすると紅葉はここまで綺麗になるものだと感心した。





2014年11月21日 (金)

滝の秋模様

雨乞の滝の様子を見に行きました。
夏場に比べると水量は少なくなっていたので、
滝の正面の川の中から撮ってみました。

Dsc_2054
▲ここは1キロぐらい山道を歩かなければ行けないのですが、
  それでもポツポツ人が来られていました。

2014年11月20日 (木)

祖谷川の紅葉

西のシリーズ一日延長します(笑)。
祖谷川沿いを車で走っていると、所どころで
綺麗な紅葉に出合いますが、全体が揃ってないのが
惜しいところです。


Dsc_1747a
▲砂防ダムと橋 一年近く行ってないと新しいトンネルが
  出来ていたりで、ちょっとずつ便利になっていました。


Dsc_1923
▲川面に綺麗に反映してました。


2014年11月19日 (水)

剣山モルゲンロート

登山用語で山肌が朝日で赤く染まるのを「モルゲンロート」と
言うそうで、まさに日曜の朝は東斜面が朱に染まりました。
ほんとはカメラをもっと右に振りたいのですが、測候所の跡地に
トイレを建設中で囲っているホロが目障りなんです。
それにしても山頂のド真ん中に立派過ぎるトイレが出来そうです。
「平家の馬場」で訓練していた落ち武者が見たらビックリするだろな(笑)。


Dsc_1904
▲ちなみに夕日で染まるのを「アーベンロート」というそうです。

2014年11月18日 (火)

宝蔵石と星空

剣山頂上ヒュッテで食事の時にお神酒を頂いて、
いざ-5℃の世界に出陣です(笑)。
北風が冷たく吹き付けてくるので、体感気温はさらに
下がっているようです。体は中から温めているので
寒く無いのですが、手先・足先が凍えました。
でも、北の空は満点の星たちが迎えてくれました。
感動の夜でした。


Dsc_1849a
▲池田の町灯り!? かな…。

剣山の霧氷

剣山は前日冷え込んで木々には霧氷が付いていました。
見の越に着いたのが2時を過ぎていたので、急いで上がって
行きましたが天気が良かったので大分溶けてしまったようです。
あちこち道草せずにストレートに来れば良かったな~と反省(笑)。


Dsc_1762_2
▲御塔石と霧氷。抜けるような青空が眩しい。


Dsc_1790_2
▲濃い青空に霧氷が映える。霧氷の付き方を見ると北西の風
  だったことが分かります。



2014年11月17日 (月)

小歩危と祖谷渓の紅葉

土日に西の方まで遠征してきましたので、本日から
三日間に亘って紅葉と霧氷のレポートを行います。


Dsc_1623
▲吉野川の鉄橋をいくJR土讃線です。背景に紅葉になる木が
  多ければ人気の撮影地になるのにな~(笑)
  この後、アンパンマン列車が通過していった。おしい。(笑)


Dsc_1669
▲小歩危の祖谷そば店の紅葉。


Dsc_1704
▲祖谷渓の紅葉。ここは川に沿って広葉樹があるので
  人気の撮影ポイント。大勢来られていました。





2014年11月14日 (金)

山犬嶽の紅葉②

全体はダメでも、綺麗な木もありました。
山犬嶽でつくづく思いましたが、紅葉と苔を一緒に
撮るのは無理っぽいです。


Dsc_1498
▲枯れた葉っぱが目障りなので手の届く所は取ったけど、
 高いとこは取れん(笑)

2014年11月13日 (木)

山犬嶽の紅葉

上から見下ろす山犬嶽の紅葉はそれなりに色づきは
良いように見えますが、近くで見るとOutです。
凄い美人やと思って、近寄ったら(-.-)と同じですかね。
(上勝町)


Dsc_1527
▲大岩の上から。

2014年11月12日 (水)

軍団、漁場に向かう

我先に好漁場に向かうバッチ網漁船軍団です。急ぐ
あまり船体が宙に浮かんでいます(笑)
急ぎはしてもルールに基づいたもので、どこかの国の
ようにとんでもないマナー違反は無です。


_dsc0077
▲日の出がだんだん遅くなってきました。

2014年11月11日 (火)

今シーズン初(!?) のダルマ朝日

太陽がだいぶ南に寄って和歌山沖から出るように
なりました。いよいよダルマ朝日のシーズンでしょうか。


Dsc_0925
▲赤く色づいたダルマ朝日が見られました。

2014年11月10日 (月)

夜明けのトクシマ

徳島の街も遠目に見ると大都会のようにも見えます。(笑)
吉野川の北岸から市内を撮ってみました。この後、空は大朝焼け
になりました。


Dsc_0855
▲やっぱり川のある町ってイイですね~。

2014年11月 7日 (金)

雨の紅葉

明日の土曜から天気があまり良くないですね。
日曜にはイベントが控えていてぜひ晴れて欲しいの
ですが、いやせめて曇りでいてくれたらOKなのですが…。


_dsc0003
▲紅葉の時は雨でもいいんですが…。

2014年11月 6日 (木)

海沿いのモニュメント

鳴門市北灘町の「うずしおロマンチック街道」にある
モニュメントですが、名前を付けて無いようなので、
かってに「祈りの丘」とでも命名しておきます。(笑)
このモニュメントの前に跪いて祈りを捧げたら、
願い事が叶う気がします。


Dsc_07121a
▲町灯りで黄色っぽくなりました。

2014年11月 5日 (水)

上勝 殿川内渓谷 綾淵の紅葉

今年は水量少ないですね。橋の見える場所まで行った
のは初めてです。若い子たちが錆びた橋を渡っていましたが、
大勢で乗ると抜け落ちないないかと、ちょっと心配でした(笑)
韓国であった野外コンサートの崩落事故みたいになったら大変。


Dsc_0628
ここは上から見るより、下から見上げるほうが綺麗と思います。

2014年11月 4日 (火)

上勝 殿川内渓谷の紅葉

上勝の紅葉はまだちょっと早いかなーっと思ったのですが、
木によっては大分紅葉がすすんでいました。
林道の舗装工事で通行止めになっていたので歩いて行きましたが、
少し歩いただけで目的の所に着きました。
短い距離で助かりました。


Dsc_0591
▲一本の木に緑、赤、黄が混ざっているのが好きだな~。

2014年11月 3日 (月)

暁の徳島線

鮎喰川に架かる鉄橋を始発列車が通り過ぎていきます。
この鉄橋、年季が入っていて渋いです。
それにしても三脚立てている足場がかなり悪い(笑)。
うっかり触ってしまうと、カメラもろとも下の広場に落下
しそうな感じです。


Dsc_0587a
▲雨上がりの朝。

2014年11月 1日 (土)

黄昏

秋の夕暮れのひとこま。ススキが夕日を受けて
輝いて見えたので、堤防下に降りてみました。


Dsc_0519
▲広い河川敷にパークゴルフ場があります。

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »