« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月29日 (木)

高城山雪山散歩③

きょうも高城山の話題でひっぱります。
さて、3年前に霧氷の高城山に立った分けですが
前回と違うのは登るルートです。
前は新高城まで歩いて、そこから直登して高城山に
向いましたが、今回は手前の小屋のある登山口から
入りました。こっちの方がしんどい気がしました。


昼ご飯を高城山のレーダーのところで取り
その後下山しました。今回の参加者は小学生の
女の子から70歳ぐらいの男性までと幅広い年齢層の
人が参加しました。その中でも女性の姿が目立ちました。
山ガールいや山おばさんが増えているのでしょうか(笑)
久しぶりに山歩きしたので、翌日はちょっと筋肉痛
でしたが楽しい経験でした。


Dsc_6554
▲下山中。老いも若きも尻スキーを楽しむ(笑)


Dsc_6615
▲林道まで降りてきた。(徳島のへそ)


Dsc_6625
▲斜面に長い影が…。動物の足跡が点々。




2015年1月28日 (水)

加賀須野橋 撤去

きのう昼過ぎに新の加賀須野橋を車で通過中、
古い橋を撤去していました。この橋渡って高校に
行ったとか、仕事に行ったとか懐かしい思い出の
ある人もおいでるのでは…。


ちょっと調べてみると撤去された橋は、なんと3代目で
1956年に開閉橋化されたものだそうです。
昨年から橋は通れなくなっていましたが、60年近く
使用されたんですね。空港に続き松茂の風景がまた
変わりました。


Dsc_6765
▲長い歴史も撤去作業はわずか10分で終わりました。(笑)。

2015年1月27日 (火)

高城山雪山散歩②

今年はまだ今の時点で気温が高いんでしょうか?
釜ケ谷川の氷柱名所では、ほとんど氷柱が見られません
でした。


さて、普通に撮影に行くような軽装備で挑んだ高城山登山
ですが、参加者の皆さんの足を引っ張らずに何とか山頂に立て
ました。ヤレやれ。山頂からの眺めは相変わらず素晴らしい
ものがありましたが、やはり霧氷と青空が欲しかったですね(笑)
昨日のブログで2年前に冬の高城山登山と書きましたが、調べて
みると3年前でした。それほど時が経つのが早くなってるん
ですね。
あの時も剣山スーパー林道をうんざりするほど歩いた
記憶がありますが、登山口あたりから滅茶苦茶エエ天気になり、
霧氷と青空のコントラストに息を呑んだものです。
度々は良い条件には恵まれません。天気が良かっただけでも
地下足袋王子に感謝しなければいけませんね!!
それと色々サポートして頂いた剣山クラブの皆さんにも。


Dsc_6467
▲木の影が面白い。山頂付近。


Dsc_6474
▲雪山登山に参加した皆さん。


Dsc_6512
▲前回(3年前)はこのあたりの木々に霧氷がびっしり。(右:レーダードーム)





2015年1月26日 (月)

高城山雪山散歩

ブログ暫くさぼってました。スンマセン。
寒いと億劫になって…。


と言い訳をしつつ、冬の高城山に行ってきました。
2年ぶりです。2年前のあの感動の風景が忘れられず、
また行った次第です。
四季美谷温泉主催の「木沢の山と花と温泉」のツアーです。
日曜の高城山は前日に続き良い天気でした。風が無いのは
助かりますが、気温が高く霧氷が落ちていたのは少し
残念でした。


ファガスの森から、まだ奥にバスで行き高城山登山口の
ある小屋の所からスタートです。雪がだいぶ融けてるとは
いえ、たまに膝上ぐらいまでズボッとハマります。
参加してる皆さんはスノーシューやアイゼン装備の本格派。
かたや自分は長靴のみで、少々場違いの雰囲気満載。
でも一年に1回行くか行かんかなのに、これで十分じゃ。
急登を這いつくばって上がった先には、雪の絶景が
待っていました。
このシリーズ明日も続きます。


Dsc_6334
▲急な登りを上がると視界の広がるところに出ました。


Dsc_6457
▲尾根までもう少し。この辺、ちょっときつかった。



2015年1月19日 (月)

うろこ雲

昨日の午前中は雲一つ無い快晴でしたが、
午後になって雲が広がってきました。


土曜の夜は学生時代の友達のところで、
昨年夏の高校野球県予選の様子を纏めた
DVDを見ました。このビデオの撮影にちょっと
関わったので、暑かった当時のことや高校生の
無心の戦いぶりが蘇り、懐かしく見せて
もらいました。


Dsc_6003
▲吉野川にかかるうろこ雲。天気が悪くなるのかな。

2015年1月15日 (木)

[番外編]湯布院の街を歩く

何度か訪れている湯布院ですが、改めてゆっくり散策
してみました。三連休とあって真冬にも関わらず、人は
多かったです。ただし、日本人以外の人がね…(笑)
円安で外国人には着易くなったんでしょうね。ここは
何処の国かと思いました。



お宿は12年前にお世話になった「日の春旅館」に宿泊しました。
湯布院が温泉客に絶大な人気のあった時で、電話を架けてもかけても
一杯ですと断られやっと最後に空のあった旅館です。
露天風呂の玉砂利も当時のままで懐かしかった。
料理も心遣いも細やかでお勧めのお宿です。あ、そんなに
お高くはないですよ。


Dsc_5720
▲金鱗湖 外気と水の温度の差で霧が発生していました。


Dsc_5725
▲湯布院の象徴、由布岳。Vサインした姿が特徴です。
  うっすら雪化粧しています。




2015年1月14日 (水)

[番外編]別府の地獄めぐり

11日から13日まで九州大分の別府と湯布院に行って
来ました。九州に行くのは久しぶり。ん~と何年ぶりかな。
11日の夜は鉄輪のホテル近くの居酒屋で大学時代の友達に会った。
こちらはナント35年ぶり。お腹の出たオジサンになってるかと
思いきや、今も変わらぬ若さで驚いた。え~と、誰に似ている
かといえば伊勢昭三とか堀江淳みたいなミュージシャンタイプかな。
昔話に花が咲き、楽しい一夜でした。


Dsc_5518
▲海地獄で名物の温泉たまご。


Dsc_5534
▲こちらは茶色の地獄。


2015年1月10日 (土)

冬の空き地に思う

ここは空き地じゃないけれど、グラウンドなんだけど
凧上げとかしてるかなーって思ってやってきた。
2~3人の子どもと母親みたいな人が遊んでるだけで、
凧上げなんかしてない。
昔は正月とか冬の風がある時は川原に行って、よく凧を上げた
もんです。最近はあまりしないのかな。


そういえばこの時期、四国電力からのお願いで
「電線のあるところで凧を上げないで」とか「凧が電線に
かかったら電柱に登らないで四国電力に連絡を」などと
コマーシャルを流していたが、見なくなったってことは
する子どもが居なくなったから…!?


Dsc_5406_2
▲芝を綺麗に刈り込んであって気持ちの良いグラウンドです。

2015年1月 6日 (火)

大鳴門橋30年に思う

鳴門と淡路を繋ぐ大鳴門橋が今年の6月で30年に
なるんですね。30年前といえば、まだ20歳代で住吉の
ボロアパートに一人暮らし。4畳半一間で小さい流し台が
付いてるだけでトイレは共用で風呂なし。家賃は
ナント!! 9,800円。学生の頃よりプアーな生活(笑)


そんなボロアパートも一昨年取り壊され、今は更地に。
住宅街の奥まった所にあるので、まだ買い手がついてない様子。
30年経てば色々なモノが変わると実感する今日この頃。
長いようで短い。短いようで長い。


_dsc0062
▲悠久の時を刻む鳴門海峡の流れ。

2015年1月 3日 (土)

初詣

皆様明けましておめでとうございます。
今年も当ブログを宜しくお願いいたします。


今日午前中に鳴門の大麻比古神社に初詣に出かけて、
今年一年の家内安全と皆様の繁栄を55円でお祈りしてきました(笑)
正月三日の割に人出はそれほど多くなく、混雑することなく
お参りできました。天気も良く上場の滑り出しです。
この調子で一年いきたいものです。


Dsc_4998_4


Dsc_4974_4


« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »