« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月31日 (木)

[番外編]京都の桜① 高台寺

世界一の観光都市、京都に行きました。まずは豊臣秀吉の
菩提を弔うため北政所(ねね)が開創した高台寺から。
ここは紅葉のシーズンもイイのですが、境内にある枝垂桜が
目をひきます。靴を脱いで方丈内から眺める前庭は素晴らしい
ものがあります。
その後、開山堂、臥龍池などを眺めながら境内の散策を
してきました。


Dsc_4335
▲方丈から見る枝垂桜。


Dsc_4376
▲早くもシャクナゲが咲いていました。


Dsc_4389
▲この竹林も素晴らしい。生えてきたのではなく、
  生やした竹林とはこのこと。





2016年3月29日 (火)

さくら競演

ぼちぼちシダレ桜が見ごろを向えそうです。


Dsc_4212_2
▲明王寺 角のシダレ桜は満開。もう一本は五分咲きといったところ。


Dsc_4256_2
▲一宮神社裏のシダレ桜 こちらは三分咲きといったところ。


_dsc0037_2
▲焼山寺入口の山桜 こちらは散り始め。桜吹雪がすごかった(笑)




2016年3月28日 (月)

出羽島ブルー

会期も終わりに近い26日の土曜に牟岐・出羽島アート展に
行きました。良い天気でしたが、風が強く寒い日でした。
海も荒れていて連絡船が相当揺れました。


集落がある島の北部をぐるり回って作品鑑賞してきました。
相変わらず長閑な時間が流れ、ゆったりしていました。
この他とは違う時の流れに惹かれ、毎年通っているのかも
知れないなーと思いました。


Dsc_4055
▲ここから見る出羽島の海の色はサイコー。


Dsc_4082
▲風が強いので風紋が…。


2016年3月26日 (土)

春の海

鳴門、内の海を見渡す高台、四方見展望台からの
様子です。海の色も山の色もどことなく、明るい色に
なってきました。


Dsc_3876
▲四方見展望台は県外ナンバーの車、バイクが多い。
  関西から観光に来てるのかな!?

2016年3月25日 (金)

春霞み

鳴門わかめの収穫の様子です。遠くの島影が霞んで、

春らしい陽気でした。


Dsc_3902_2
▲手前のブイにかもめが一羽。

2016年3月24日 (木)

山桜ほころぶ

ソメイヨシノに先がけて山桜が咲き始めています。
派手さに欠けるものの、自然のままの姿はなかなか
イイですね。ここで、ちょっと一句(笑)


やまざくら 散ったことさえ 人知れず


 
お粗末。こんな句ではプレバトの夏井いつき先生に
ボロクソ言われそ~。


Dsc_3921
▲もう、満開!? かな。


Dsc_3913
▲白さが引き立つ。


2016年3月23日 (水)

立石峠から徳島平野

高越山立石峠に行ってみました。船窪のつつじが咲く頃に
ついでに寄ることはありましたが、この時期に行ったのは、
久しぶりです。そう言えば昨年、船窪のつつじが満開に
なる前に散ると言う異常事態がありました。さて、今年は
どうかな!?


Dsc_3525
▲ピリッと寒い朝でしたが、美しい夜明でした。

2016年3月22日 (火)

雨上がりの江田集落

雨上がりに菜の花がいっそう輝いていました。
神山上分の江田の菜の花は見頃をむかえたようですが、
見物の人はあまりいなかった。


Dsc_3380
▲この辺りの菜の花が一番よく咲いていました。

2016年3月21日 (月)

かいけの峠(たお)のミツマタ

神山町上分のミツマタ大群落です。林道脇に沢山の
ミツマタが黄色に色づいていました。
この林道は大中尾林道と呼ばれ、むかし車の無い時代は
木屋平への生活道としてよく利用されたそうです。
今は立ち寄る人はほとんどいません。

ミツマタは紙幣の材料として知られており、神山町の
あちこちに群生地があるのは産業としてミツマタの栽培をして
いたのでしょう。今は観賞用&カメラマンの被写体として
人気があります。


Dsc_3340
▲広い面積にミツマタの花が咲く。


Dsc_3314
▲これぐらい咲くと良い匂いがするはずですが、
  いっこも臭わん(笑)鼻がバカになったか!?


Dsc_3288
▲鹿が食べないので、どんどん増える。5年先は密集した大群落!?


Dsc_3137
▲木の根元に御神さんを祀る。






2016年3月16日 (水)

大川原高原は冬に逆戻り

徳島市内は昼、そこそこ温かくなってきましたが、山の方は
まだまだ冬の気配です。大川原高原は訪れる人も少なく閑散として
いますが、カメラマンだけは、どこにでもいますね~。
僕もそのうちの一人ですが(笑)。


Dsc_2951_2
▲天気快晴なれど風強し。あ、風は写真に写ってませんが。


Dsc_2998_2
▲ちょっとだけ風紋(シュカブラ)が出来ていた。


Dsc_3013_2
▲大きく育った霧氷。でも意外と汚い(笑) 手の方じゃないよ。
   下の方には黒いススみたいなのが一杯…。




2016年3月15日 (火)

早咲き桜とサンシュ

大川原高原の登り口、運送会社の敷地に早咲き桜と黄色い花、
サンシュが咲いています。桜は時期がちょっと過ぎているので、
散っている花もありますがサンシュは今が盛りです。
青空にピンクと黄色がよく映えていました。


_dsc0013
▲サンシュは別名、春黄金花(はるこがねばな)と言われるそうで、
  名前の通り黄金色の豪華な花です。縁起が良さそうですね(笑)


_dsc0214
▲メジロ君が遊びに来てました。


2016年3月14日 (月)

江田の菜の花

日曜日、神山の江田の菜の花畑の下見にいきましたが、
まだちょっと早いようです。

Dsc_2876


Dsc_2881

2016年3月11日 (金)

土手の菜の花

寒の戻りで寒いですね。明日ぐらいが寒さの底のようですから、
今日も元気でいきましょう。


Dsc_2768
▲鴨島町、西条大橋付近。

2016年3月10日 (木)

花の札所 熊谷寺

四国霊場8番札所の熊谷寺(くまたにじ)の木蓮や
早咲き桜が満開になっています。そして3月終わりに
ソメイヨシノ。6月はアジサイと花を楽しめます。


Dsc_2688
▲威風堂々とした三門とモクレン。


Dsc_2732
▲京都の寺を思わせる佇まい。


2016年3月 8日 (火)

霧の鳴門海峡

温かい空気が流れ込んで鳴門海峡は濃霧に包まれました。
去年3月も霧の写真を撮りにいきましたが、この季節には
よく霧がでるんでしょうか。今年も大自然の素晴らしさを
見せてもらいました。サンキュー。


Dsc_2338
▲橋を渡る車はいくぶんスピード控えめに。船は恐る恐る。


Dsc_2313
▲昼ごろ干潮をむかえ速い潮の流れに。


_dsc0054
▲陸に沿って霧が流れる。





2016年3月 7日 (月)

朝の菜の花畑

昼の太陽を浴びて元気いっぱいの菜の花もイイですが、
朝の妖艶な感じの菜の花もいいですね。


Dsc_2206
▲第十堰上流の菜の花畑。

残り梅

先週末から暖かくなって、そろそろ梅から桜、
桃の花の季節になってきました。


Dsc_2200
▲佐那河内村

2016年3月 5日 (土)

今朝の朝日

雲のフィルターが効いて綺麗な赤でした。


Dsc_2218
▲温かい朝。走る人、歩く人が多くなってきました。(吉野川堤防道路)

2016年3月 4日 (金)

高徳線 北へ

19時32分、徳島駅発の特急うずしお28号が吉野川鉄橋を
通過していきます。まるで北極星を目指しているようです。
この時間帯は町灯り、車のライトなど光りに満ち溢れて
います。


Yosinogawa1
▲撮影はカメラが自動でやってくれるので、シラスを
  獲りに来て様子をうかがっていたオッチャンと立ち話。
  シラス漁のこと色々教えてもらいました。

2016年3月 3日 (木)

椿咲く

♪ ~椿咲く  春なのに、あなたは帰らない~ って
歌ありましたね。歌詞の通り、今日は春らしいポカポカ
陽気になりそうです。気温が上がると花粉が飛び、
花粉症の人には辛い季節なのかも。


Dsc_1988
▲椿の花を写すの難しい。

2016年3月 2日 (水)

助任川の蜂須賀桜とメジロ

チャリで徳島中央公園に行ってきました。
城山北側の山麓遊歩道は工事中。ならば水道橋を
「渡ったれ」と思ったら、こちらも工事中。
結局、市立体育館周りになりました。
それにしても山麓の遊歩道は、よく通行止めに
なります。落石が続いているのでしょうか?


Dsc_1944
▲胸毛ふかふかです。

2016年3月 1日 (火)

坂本 お雛様の奥座敷

日曜日、勝浦坂本の「お雛様の奥座敷」に行きました。
どこかの写真クラブのモデル撮影会があるのか、カメラマンで
いっぱいでした。街並みを歩いてまわり、最後は森本家の
お雛さんを見せてもらいました。納屋をカフェにして
お洒落でした。お雛さんの展示もなかなか洗練されて
良かったです。


Dsc_1737
▲旧家の趣がありました。


Dsc_1722
▲お雛さんと共に各時代の遊山箱を展示。中には漆塗りのいかにも
  高そうな遊山箱も(笑)


Dsc_1718
▲呑兵衛なので、古い酒燗機に興味津々。




« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »