« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月31日 (火)

紫陽花の小路

咲き揃うには少し早かったですが、雨の降る中の雰囲気は
好きです。紫陽花はほったらかしにしておいても咲きますが、
ここのように下草を刈ってくれていると、手入れが感じられ
てなおイイですね。(小松島市櫛渕)


Dsc_0309
▲これから段々色づいてくる。


_dsc0034
▲おませな一輪。


2016年5月30日 (月)

雨の季節

そろそろ雨の季節の到来でしょうか。雨が大好きな
紫陽花が咲き始めています。小松島市櫛渕は広い田園
地帯で用水路脇に多くの紫陽花が植えられています。


_dsc0008
▲青、薄紫の紫陽花が鮮やか。


Dsc_0354
▲雨上がり。


2016年5月28日 (土)

田浦町のホタル

用水路に水車がまわる牧歌的な雰囲気の田浦町。
日暮れとともにホタルがポツポツと飛びはじめ、昔見た
懐かしい風景が広がっていました。水車は観賞用では
なく、実際に田んぼに水を引き入れていました。
「ギー、ギー」と水車が周る度に軋む音もなかなか
ヨカッタですよ(笑)。


Dsc_0288a
▲護岸はコンクリートで無いのもホタルにとって良いのかも知れません。
   (小松島市田浦町)

2016年5月25日 (水)

与川内ホタルの乱舞

きのうの夜、勝浦町の与川内にいきました。
気温22℃、風も少々吹きましたが、多くのホタルが
見られました。


Yokawauchi1
▲10秒露出×100枚を比較明合成

2016年5月21日 (土)

与川内のホタル

空豆を友達からもらって、ビールのアテに呑み
そうこうしてるうちに、ホタルが飛ぶ季節になりました。
季節の巡りがとんでもなく早いと感じています。

定点撮影している勝浦町与川内では、無数のホタルが飛んで
いましたが月明りで条件はあまり良くないですね。
見る分にはイイのですが…。子ども連れの家族や女性の
カメラマンの方など来られて普段は静かな田舎町は
束の間賑やかでした。


_dsc0041
▲ホタルの一筆書

2016年5月18日 (水)

船窪のオンツツジ群落

荒れた天気の翌日に山川町の船窪公園に行ったので、
葉が傷んだり、落ちたりしていましたが、それでも充分
楽しめました。去年は別として、いつもの年なら20日
前後に満開を向えるので一週間ぐらい早かったようです。


Dsc_9549
▲池田ダム放流しているようで、吉野川はかなりの水量です。
  遠目でもはっきり分かります。


Dsc_9616
▲超広角で迫ってみました。


Dsc_9644
▲雨に濡れしっとり。


Dsc_9661
▲この木は凄い! ギガもこもこです。







2016年5月16日 (月)

ライトアップ

漁船が旨い具合に岩をライトアップしてくれました。
ここの岩の感じは鋭角的で配置のバランスも良いので、
通えば面白いのが撮れそうです。ただ、もっと海を
入れたいのに手前にでかいテトラがあるのが難点
かな。


Dsc_9338
▲漁船が電灯を点し何を獲っているのか気になるところです。

2016年5月14日 (土)

笹見のムクノキと天の川

牟岐町河内笹見地区のムクノキと天の川をコラボ
させてみました。田んぼの真ん中にでんと構えるムクノキは
二代目らしいです。伝承によると戦国時代に亡くなった
武将を地元の人がねんごろに弔って、そこにムクノキを
植えたらしいです。ところが年月が経って木が大きく育ち過ぎ、
日当たりが悪くなって稲の成長に悪い影響がでてきました。
そこで木を切り倒したところ、疫病がはやり人が次々
亡くなったり、稲が実らなくなったので再びムクノキを
植えなおしたところ、疫病がぱったり無くなったそうです。
以来、この木は伐採されることなく大切にされてきましたとさ。


あ~、そんな話があったの。よかった。もうちょっとのとこで、
この塚の前で立ちショ●するとこやった(笑)。バチがあたる。


Dsc_9313
▲集落は静まりかえっています。20分いましたが、通った車はなし。


2016年5月13日 (金)

ストライ~ク!!!

今朝の朝日はしらさぎ大橋の主塔の間に入った
ド・ストライクでした(笑)


_dsc0006
▲たなびく雲が印象的。

小島の浜と天の川

ここの海岸の特徴はなんと言っても、お椀を伏せた
カタチの小島でしょう。潮が引いている時は歩いて島に
渡れます。前にも書いたことがありますが、小島には
小さな鳥居と社があります。漁の安全と豊漁を願い
祀られているのでしょう。


Dsc_9292
▲暑くも寒くもない絶好の季節です。(牟岐町)

2016年5月11日 (水)

赤い網!?

草むらに赤い網のようなものが捨てられています。
いや、置いてあるのかも知れませんが、最初に目に
すると一瞬「ギョ」っとします(笑)血の色を
思い浮かべるから…。


Dsc_9187
▲昨日の徳島市内は濃霧でした。

2016年5月10日 (火)

小鳥の集合住宅

見た瞬間「なんじゃ、こりゃ」と思いました(笑)。
1本の木に無数の巣箱が取り付けられ、まるで鳥の
アパートのようです。これだけの数があると鳥も
どれにするか、迷いそうですね(笑)。
ちなみに今日10日から16日までは愛鳥週間らしいです。


_dsc0106
▲子どもの作品と思いますが、カラフルでイイですね。
 (月ケ谷温泉キャンプ場)

2016年5月 9日 (月)

田井ノ浜の天の川

夜明け寸前に田井ノ浜にやってきました。とは
言っても周囲は真っ暗です。浜に向かって歩いて
いるとガサゴソと音が…。もしかして、猪か? 
と思ったら、テントを張った男性でした。GWなんで、
普段人がいない所でも人に遭遇しますねー。


Dsc_8969b
▲写真左下は常夜灯のようです。昔はこれが灯台の代わりを
  したんでしょう。かなり古そうなものです。

2016年5月 7日 (土)

棚田の田植え準備

日和佐バイパスが出来て、国道55号をほとんど通らなく
なりました。先日久しぶりに通ってみましたが、何だか懐かしい
ような感覚に陥りました。


Dsc_9073_2
▲国道55号沿いの棚田。新緑がまぶしい。

2016年5月 6日 (金)

大浜海岸の天の川

街灯りの影響は少しありますが、大浜海岸でも
天の川がくっきり見えていました。


Dsc_8898a
▲もうすぐ海亀の産卵の季節を向えます。(美波町大浜海岸)

2016年5月 5日 (木)

恵比須浜の天の川

久しぶりの星撮影で美波町の恵比須浜に行ってきました。
ゴールデン・ウイークとあって真夜中でも釣り糸を垂れる
人が数人いました。
雲が無く抜けの良い夜空に天の川がクッキリ見られ、
満足した星野撮影でした。


Dsc_8939a
▲前日の低気圧通過の名残で波が高かった。


Dsc_8917c
▲天の川の一番ディープなところを切り取ってみた。


2016年5月 3日 (火)

新緑の水床路

西の次は南です。徳島最南端の海陽町宍喰に行きました。
水床(みとこ)に行く時にいつも思うのが、ペンション宍喰に
「泊りに来たいなー」と…。海に近く、夏の避暑に最適と
思うのですが、実現できていません。

久しぶりに海中観光船「ブルーマリン」に乗り、観光気分を
味わいました。


_dsc0022
▲シーカヤックの派手なボートが目立つ。

_dsc0058
▲透明度は三段階の一番下で何も見えないかと思いましたが、
  近くのサンゴや魚はかろうじて見えました。


2016年5月 2日 (月)

新緑の祖谷路

若葉がもっとも美しい季節に祖谷地方に行って
きました。水の色、新緑の色ともに見ているだけで
癒されます。この日は日曜日で大勢の観光客の方が
来られて五月晴の休日を楽しんでいました。


_dsc0036_2
▲橋の袂の藤の花はちょっと盛りを過ぎていました。(かずら橋)


Dsc_8683
▲小さくて分かりにくいですが、上半身裸の外国人の男性が
  寛いでいます。
 


« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »