« 涼風献上 | トップページ | 神山 三ツ木の滝 »

2016年7月21日 (木)

涼風献上②

上勝の川です。県道16号沿いで旭川でイイのかな(笑)
なんせ、人に川の名前を尋ねようとしても誰もおらんの
ですわ(笑) 川のなかにビッシリ藻が付いてそこら中、
緑になってました。


Dsc_4061
▲下半身どっぷり浸かってみたい。(笑)

« 涼風献上 | トップページ | 神山 三ツ木の滝 »

コメント

げげ~、てっちゃん エグい体験してる。(笑)


【体験その一】
なんぼ、暑くても冷たい川に浸かるのはチャレンジャーだな~。しかも二度も(笑)。
Tシャツぼろぼろ、片足サンダルとぼとぼ、肘ずるずる、棘&虻ちくちく まさに地獄絵図(笑)
失礼ながら、てっちゃんの「泣きっらに蜂」を想像すると笑えるsmile


【体験その二】
これ怖い話やー。漢字ばっかりと言うのはホンマに怖い。恨、怨、死、殺なんて書いてあったら
震え上がりそうです。ひょっとして、どっきりカメラだったりして(笑)
どこかにカメラがセットされていて、漢字ばっかりの紙を夕暮れ迫る川に大量に流したら、
人間どんな反応するかモニタリングされとったんちゃう!?(笑)


楽しいなぁ~川遊び!coldsweats01

夏の川遊び、いろいろ思い出あります。
ほんの一部をお話すると、


ある日、あまりにも暑くて上流の谷川に浸かったのですが、足を浸けるだけでも痛いほど冷たかったのに、ハ~ッ!て息吐きながら我慢して首まで一瞬浸かったら、その強烈な冷たさに慌てて飛び出そうとして岩場の苔か何かで滑ってまた再び冷たい谷川の水の中にドボン!
肘は擦りむく、お尻は何処かで強打する、Tシャツは苔まみれ、サンダルの片方は下流へ流れ散々でした(笑)


びしょ濡れ&片足の履き物の無い素足で道なき道の棘地獄をゆっくり歩いて戻っていたら、鮮やかな黄色のアブみたいな昆虫が襲ってきて二時災難(笑)


またある日の夕方、ひぐらしの不気味な鳴き声を聞きながら水深のある中流域で泳いでいたら、お経みたいな漢字ばかり書かれた不気味な紙が大量に流れてきて慌てて川原に上がろうとしたら、逃げている身体が起こす水流の関係で、その紙がまるで生きているかのように背面を付いて来るんですよね。
岸へ逃げよう逃げようとする私に大量の紙とひぐらしの大合唱!それはもう稲川淳二の世界ですわ!!(笑)


楽しいなぁ~川遊び!(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 涼風献上 | トップページ | 神山 三ツ木の滝 »