« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月28日 (月)

雨の大久保集落

山肌を錦に染めていた季節からグレーが支配する
季節へ移行しつつあります。山あいの集落は人気も
無くひっそりしていました。(神山町神領)


Dsc_3332
▲そぼふる雨がつづく。


Dsc_3344
▲すっかり葉の落ちた柿が晩秋を感じさせる。



2016年11月26日 (土)

高城山の霧氷②

自然が創りだす美の世界はほんとうに感動をよびます。
いつもいつも巡り合えるとは限りませんが、その場所に
居ることが大切なんだと心に刻み、撮影を続けたいと
思います。


_dsc0008
▲朝の光が創る紅白の競演。

_dsc0028
▲曲がりくねった枝が自然の厳しさを物語る。



2016年11月25日 (金)

高城山の霧氷

スーパー林道の冬季閉鎖前にぜひ高城山に行きたいと
思っていたら、運よく寒波到来で霧氷と巡り合える機会が
できた。


まだ暗い早朝、高城の登山口にはすでに三台の車が待機中。
よく見れば知り合いのカメラマン氏だった(笑) 聞けば深夜
から来ていると言う。「根性あるワ」と感心する。
車の外はそれほど寒さを感じず、霧氷が付いてるかどうか
半信半疑で暗い中を登る。「霧氷できとるでよ~」とファガスの森の
管理人、地下足袋王子の大きな声で一気にテンションが高まった。
日が上るころには霧氷と雲海とブロッケンのおまけ付きまで。
これ以上ないシチュエーションだった。


Dsc_3152
▲夜明け。霧氷の木々が朱に染まる。


_dsc0041
▲一面の白い世界。遠く吉野川が見える。


_dsc0098ab
▲二重に見えるブロッケン。両サイドに二人のカメラマン氏、あれは
  「わしの影や」「いや、違う俺のや」と…もめる。どっちでもエエ話(笑)

Dsc_3269
▲雲海に見とれる。







2016年11月23日 (水)

黄色の絨毯

上板、大山寺のイチョウの葉がすっかり散り、境内一面
黄色の絨毯を敷き詰めたようになっていた。落葉の後はいよいよ
冬の到来か。そういえば今日は朝の気温より、昼の方が寒く
我が家のニャンも背を丸めて一日寝ている。


Dsc_2982
▲朝の境内。


_dsc0006
▲ここの紅葉もボチボチ終わり。また来年。


2016年11月22日 (火)

大山寺の留守番ワンコ

片目が少し潰れていますが、柴犬らしいワンコです。
木と木の間にロープを結び、それに鎖で繋がれています。
だから約10mは自由に動けます。なかなか人懐こくて
かわいいワンコでした。


_dsc0050

2016年11月21日 (月)

大山寺 秋色

上板町の大山寺(たいさんじ)の紅葉や銀杏が色づいて
多くの参拝者やカメラマンが来られていました。
境内には立派な銀杏があり、落葉も間近な感じでした。


年末が近づくにつれてボツボツ喪中ハガキが届くように
なりました。先日は大学時代の友人の子息が無くなり、
新年の挨拶は控えさせていただくと言う悲しい便りも
ありました。電話で近況を尋ねると25歳の男の子で進行の
速い癌で病院に掛かって早い段階で余命宣告された
と言うものでした。親としたら悲しい、辛すぎです。


Dsc_2268
▲行ってから暫く経つので葉は落ちてるかも。


Dsc_2271
▲鮮やかなモミジ。


Dsc_2262
▲山門のモミジ。





2016年11月19日 (土)

紅葉の慈眼寺

上勝の慈眼寺は狭い鍾乳洞をくぐる穴禅定で有名ですが、
その修行をしたことはありません。べつに閉所恐怖症では
ありませんが、体重が150キロもある僕では、はなっから
無理でしょう。(笑)


人里離れた山上の慈眼寺は紅葉・黄葉の隠れ名所でもあります。
境内の大イチョウが色付く頃に再び訪ねたいと思いました。


_dsc0052_3
▲見晴らし良好。


Dsc_2237_3
▲静かで落ち着いた境内。


Dsc_2241_3
▲参拝者もチラホラ。




2016年11月18日 (金)

紅葉すすむ大轟の滝

道路から俯瞰していると真下に水が落ちている感じ
ですが、滝壺左からはなだらかで優しい流れです。
(那賀町:大轟の滝)


Dsc_2413
▲意外と大きい滝壺。


Dsc_2309
▲道路の定番撮影ポイント。


2016年11月17日 (木)

灌頂ケ滝の紅葉

上勝町の灌頂ケ滝紅葉が美しく色づいています。が、肝心の滝の
水はほとんどありません。ちょっとお下品ですが、チョロチョロで
年寄のオシッコみたいです(笑) 最近の自分かも。(笑)


Dsc_2203
▲雨の次の日なんですが…。


_dsc0021
▲ここも訪れる人が増えています。



2016年11月16日 (水)

だるま朝日

久しぶりに海に撮影行きました。それも遠く大浜海岸まで(笑)
朝日に色が付いたのはヨカッタですが、それ以上のドラマはなし。


Dsc_2134
▲久しぶりに朝日の撮影に行くと、とんでもない所で構えていました。
  慌てて場所を移動(笑) 撮影の前にくたびれていました。
  その後、スマホアプリ「日の出日の入り」をダウンロードしましたが、
  役にたつかな!?

2016年11月15日 (火)

姫が色づく

10月27日付の当ブログで紹介した、神山町の「姫の滝」が
美しく色づきました。雑木が取り除かれた上に、綺麗なモミジの
紅葉が見られました。


Dsc_1904
▲真下を覗くように撮影(笑) 


Dsc_1890
▲アップで。ピンクと青のコラボ。


_dsc0031
▲はや、こんな看板を設置していた。仕事が早いな~。(笑)





2016年11月14日 (月)

楓 三態

もし今の時期、孫娘が出来たら息子に言って名前は楓(かえで)に
してくれと頼む…。そしたら「フウ」ちゃんと言って溺愛するのだが…。


あ~、けさ妙な夢みてしもた(笑)


Dsc_1783
▲百花繚乱


Dsc_1801
▲玉石混淆


_dsc0020
▲秀色神采




2016年11月12日 (土)

草紅葉

神山町上分の植物園、岳人の森のヒメシャガ黄葉です。
5月には薄紫の花畑が半年すると園内一面、黄色の絨毯に
様変わりします。


Dsc_1731
▲夕方、西日がちょっとでも当たってくれたら、もっと良かったのですが…。

2016年11月11日 (金)

釜ケ谷渓谷の紅葉美

「今年はアカンぞー」と言う話もありましたが、
この目で確かめようと那賀町の釜ケ谷に行ってきました。
まあ、例年に比べれば多少見劣りしますが木によっては
キレイなのもありました。大釜の滝付近は今週がピークで
大轟は来週中ぐらいが見ごろを向えると思われます。


_dsc0027_2
▲この木はエエ色してました。


Dsc_1647_2
▲山肌を彩る錦の紅葉。


Dsc_1656_2
▲遠めに見れば例年と変わらず!?(笑)





2016年11月10日 (木)

スポットライト浴びて

上勝町から八重地を越えて木沢に向う途中に出合った光景。


Dsc_1599

殿川内渓谷の紅葉美

このところの冷え込みで上勝町の殿川内渓谷もやっと、
紅葉の見ごろになってきました。それに合わせるように
道路に散乱していた落石を除去する工事が始まり、普通に
通れるようになりました。
二週間ぐらい前だと三角形の鋭利な石ころがゴロゴロで
ヒヤヒヤでしたが…。これから紅葉狩りに行かれる方、
「安心してください」→「掃いてますよ」
古いギャグでした(笑)


Dsc_1539
▲赤、青、黄のそろい踏み。


Dsc_1562
▲沢に降りると冷たい風が吹いてきますが、良い景色に見とれます。


Dsc_1577
▲誰か美人モデルが欲しいところです。あ、美人じゃなくても赤い服の
  女性なら誰でも(笑)




2016年11月 9日 (水)

北極星と街灯り

吉野川の南岸から北の空を撮っています。町灯りは
上板町です。画面下のライトは高瀬潜水橋で車が通るのを
待ちました。でも一台も通らず自作自演で光跡を作ることを
考えましたが、テールライトだけを写すためには一旦車で
対岸に渡り、その後徒歩で潜水橋を帰ってこないと
いけない事に気付き止めました。(笑) こんな時には
誰か相棒が欲しいですね。


Dsc0003ab
▲堤防の道路は結構車が通るんですが、潜水橋を通る車は…。

2016年11月 8日 (火)

中谷の滝

ナカタニでは無くナカンダニの滝と言うそうです。
青々していますが、最近撮影したものです。末広がり
の優美な滝で、前には広い滝壺が広がっています。
(那賀町木沢)


Dsc_1158
▲道路からすぐの所に美滝が隠れていた。

2016年11月 7日 (月)

無乗客列車が往く

吉野川の畔に立つと寒い季節になりました。


徳島駅発の始発列車の前に、お客さんを載せていない
列車が通りすぎていきました。撮影の準備中だったので、
ちょっと焦りました(笑)


Dsc_1318
▲夜明け前の星空がクッキリ見えてました。

2016年11月 5日 (土)

にくぶち滝

最近の冷え込みで那賀は木々が色づいていると
思って行ったのですが、まだ少し早いようです。大釜、
大轟の滝はあと4、5日かかりそうです。


Dsc_1138
▲この滝周辺ももう少しかかりそうです。


Dsc_1153
▲にくぶち滝の上流。


2016年11月 1日 (火)

一斉放水

といっても、この時だけ放水してるんじゃなく、
いつもしてるんですが…(笑)
吹き出す水のカタチが面白かったので、撮ってみましたが
とにかく木や枝などの障害物が多い。かろうじて空いて
いた隙間から撮ってみました。


今年もはや11月ですね~。あっと言う間に今年も
終わりそうです。歳を取ってくると、何か励みになる
ものが要りますねー。差し当たって2020年の東京オリンピック
ですかね。今から楽しみにしています。その後は大阪万博
かな。こちらは誘致が決まった訳じゃないですが、
ぜひガンバって誘致に成功してほしいです。


Dsc_1019
▲徳島には色々な形の砂防ダムがあり、人口物ですが面白い。

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »