« 雨の大久保集落 | トップページ | [番外編②]晩秋の京都散策 »

2016年12月 1日 (木)

[番外編]晩秋の京都散策

外国人が選ぶ日本の観光地№1を3年連続とった伏見稲荷大社を
歩いた。紅葉のシーズンは終盤を向え、人通りは少なくなっていると
踏んだが、ナンバー1観光地の威力は凄まじい。英語・フランス語・
ドイツ語・中国語、なかには何語か分からん言葉が頭の上を飛び交った。
東洋人よりむしろ西欧人が多い印象がしたが、何が彼らの琴線に触れる
のかよく分からんけど…。ともかくエッチらオッチら山頂まで上った。


Dsc_3400
▲人の切れ間を狙ってようやくパチリ。


Dsc_3407
▲あっちもこっちもキツネ、狐。


Dsc_3436
▲いったい幾つの鳥居があるの。


Dsc_3456
▲沢山の茶店がある。有名なのはにしむら亭。







« 雨の大久保集落 | トップページ | [番外編②]晩秋の京都散策 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨の大久保集落 | トップページ | [番外編②]晩秋の京都散策 »