« 風車と赤い屋根の家 | トップページ | 海部川河口のサーフィン »

2017年8月 3日 (木)

鳴門大麻町のコウノトリ

巣立ちして、すっかり話題にのぼらなくなったコウノトリを初めて見て
きました。と書こうと思ったら今日の徳新に載ってました(笑) 迷路のような
レンコン畑を抜けると、テレビ・新聞でお馴染みの巣電柱が見えてきました。
その手前の電柱におかあさんコウノトリが1羽だけポツリ。
子がいるかと思って、あたりを探し歩きましたが見つかりません。


場所を変えて探し回っていると、巣からかなり離れた田んぼで
3羽が仲良くエサ取りしていました。そしてオヤジも…(笑)
このオヤジ、子が巣立ちしてからは、あまり子のめんどうを見て無かったと、
よく来る人が話してました。おかあさんコウノトリに、
「あんた、子のめんどうみないんだったら、離婚よ」と脅された
のかも知れません(笑)


Dsc_1220a
3兄弟揃って餌をついばむ。それぞれ食欲は旺盛だが、
右奥の幼鳥は一際大きい。


Dsc_1295b
バイクで田んぼの見回りに来たオジサンに驚いて飛び立った。
オジサンも「お~、を」と声をあげて驚いていた(笑)
巣からかなり離れているので、まさかこんなとこにと思ったのでしょう。


Dsc_1305c
優雅な飛び姿。


Dsc_1152
おかあさんコウノトリ。


Dsc_1319
オヤジと子3羽。どれがオヤジか知りませんが(笑)









« 風車と赤い屋根の家 | トップページ | 海部川河口のサーフィン »

コメント

てっちゃん お早うさんです。
幼鳥3羽はまもなくどこかに行くかもしれません。

確かに、どれがオヤジか解らん!(笑)
成長早いですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 風車と赤い屋根の家 | トップページ | 海部川河口のサーフィン »