« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月31日 (土)

花見山のはずが…

コンビニでビールや日本酒、あてなどを買い込んで鳴門
花見山に行こうとしたら、ずいぶん手前から車の渋滞。なんでも
テレビで紹介されていたとか。「こりゃ~、あかん」と言うことで、
急遽場所変更することに。さて、どこ行こう。妙見山がちらっと、
頭に浮かんだが、ここも人一杯の予感。
それならば、内の海総合公園は桜は少なそうだが広々してるので
行ってみた。結果はご覧のとおり。


Dsc_7430
▲花見客は意外に少なく穴場ですぞ(笑)

川口ダムの桜

春は桜、初夏は紫陽花が湖面を彩るダム湖。川口ダムは昭和36年の
竣工と言うから50年以上の歴史があり風格もある。
ダムの中には道があり、対岸に渡ることもできる。50年以上も前に
車が通れる道を作っていたのは正解だった。年間降水量の多い、
那賀奥はいつ土砂崩れが起こり、交通がストップするか分からない。
今でも片側通行の所もあり、通れる道路の確保と維持は続いている。


Dsc_7272
▲なんだかレトロな感じがエエぞー(笑)


Dsc_3503
▲放流してないので水は少なめ。



2018年3月30日 (金)

満開 桜特集

徳島新聞で桜特集してたので、当ブログもやってみた。(笑)
徳島市内だけですが、ご覧ください。(撮影日:3月29日~30日)


Dsc_3308
▲14番札所常楽寺


Dsc_3342
▲西部公園


Dsc_7126
Dsc_3423
▲眉山


Dsc_7179
Dsc_7190
▲徳島中央公園


Dsc_7364
▲日の峰公園












那賀相生の桜

久しぶりに相生に桜の撮影に行きました。日が沈みそうで
急いでいるのに、工事現場で180秒待ち。何年か前、道路片側が
ダム湖に崩落した現場は今も工事が続いていました。


それにしてもダム湖沿いの桜は趣があり、好きな場所のひとつです。
桜の足元にズラッとレンギョウでも植えてくれたらなおGoodなのですが(笑)


Dsc_3516_2
▲ガードレールやら電線やら風景写真に似合わないものが沢山写って
  ますが、ここのバス停の雰囲気好きなのでつい撮ってしまいます。


Dsc_7304
▲相生に春がやってきた。


2018年3月29日 (木)

手倉湾から

牟岐から南下していった星撮影も最後です。
ここは海陽町鞆浦の手倉海岸です。港の出口付近に
あるので外灯の影響を受けて島の色が少し変になって
います。


桜があっという間に咲き初め、満開になっている所が
多くなってきました。さあ、今年はどこで花見で一杯しよう
かな。beer


Dsc_6518ok
▲早朝波止場でウロウロしてるのは釣り師と撮り師のみ(笑)

2018年3月28日 (水)

大砂海岸から

夏は海水浴客でにぎわいます。あ、今はそうでもないか(笑)
真横になっていた天の川が段々、立ち上がってきました。
無数の星野数々。都会では味わえない景色です。


Dsc_6478a
▲穏やかな潮騒を聞きながら。

一足早く満開

勝浦町のかせやま桜園の桜がもう満開です。花のボリュームから
して、ソメイヨシノでは無い気がしますが…。よく分かりません。
個人の方が植えられて管理されているようで、当然道は狭く、対向は
出来ないので麓から歩いて行くことになります。これが意外に
しんどいんだわ(笑)


Dsc_3234
▲ボリューム満点。眼下に勝浦町の街並みが…。


Dsc_3261
▲日陰のツツジが色鮮やかだった。


2018年3月27日 (火)

八坂八浜から

やさかやはま、と読みます。(まんまですね(笑) 美しい響きです)
この響きとは裏腹に牟岐町から海陽町浅川にかけては徳島藩政期には
交通の難所でした。


今は国道55号やJR牟岐線が開通して難なく通行が可能ですが、
自分が記憶のある小さい頃はバスに乗っても坂やカーブの連続で
車酔いしそうな酷道でした。時間も今より大幅に掛かっていたと
思います。しかし便利になった半面、海岸線をのんびり眺める
時間も減ったようです。


Dsc_2692
▲左の島は出羽島。100人足らずの小さな島。

2018年3月26日 (月)

木沢 ミツマタの里

那賀町(旧:木沢村)の西向き斜面にミツマタの群生地があり、
昨年も紹介しましたが、今年は一段と凄いことになっていました。
黄色に染まった花(!?)からは、香しい匂いが漂っていました。


Dsc_2627_2
▲西日をうけて一段と黄色に。


Dsc_6442_2
▲圧倒的な花の量。


Dsc_6379_2
▲こんもりした森のようです。





2018年3月24日 (土)

海老ケ池の天の川

雲のない安定した天気のようなので、地元の海老ケ池に出陣です。
風も無いので、星が池に映り込んでいます。スマホのアプリ、Star Walk2と
コンパスを駆使してイイ位置を探り当てました。こんな時はスマホは便利
ですね。


Dsc_6491abc
▲時おり魚が跳ねる。水面が乱れないかと思ったが、小さい魚のようで
  まったく問題なし(笑)

2018年3月23日 (金)

ミツマタの咲く頃

山道をウロウロしてると、偶然ミツマタの里に辿り着き
ました。田んぼを囲むあぜ道や、道路沿いに多くのミツマタが
植られていました。鹿はミツマタを食べないとのことで、
鹿避けの柵替わりなんでしょうか。


Dsc_2588
▲黄色が目に鮮やか。


Dsc_2595
▲ボリューム満点。


明王寺枝垂れ桜

明王寺枝垂れ桜が咲き初めました。2本のうち角の桜が
7分、も一つが3分咲きといったところです。(3/22現在)
これから桜だけじゃなく、いろんな花が咲き初め活気溢れる
季節の到来となりそうです。


Dsc_6343

2018年3月20日 (火)

落花

助任川沿いの蜂須賀桜が落花さかんです。ちょぼちょぼ
雨が降り、人影もまばらです。
そういえば、ここにはメジロがよく集まって来るのですが、
ことしは見かけませんでした。ヒヨがいつもいるので、
安心できないのかな。


Dsc_6184
Dsc_2373
▲また来年、たのんます。


Dsc_2463
▲モクレンも落花さかん。




2018年3月17日 (土)

光りのショー

シラス漁第2弾。画像を重ねる手法は多重露出と比較明合成が
あると思いますが、この写真は多重露出で撮影したものです。
1枚目をマニュアルフォーカスで背景をぼかして撮り、2枚目は
船が良い位置に来るのを待ってピントを合わせて撮ります。


1枚目を撮ってから船が来るのを待って30秒を過ぎると、自動で
多重露出が解消されます。「あれ、おかしい」と思って調べても、
旧型のD800には撮影間隔を長くする機能は付いてないのです。
永い事使ってますが、きのう初めて知りました(笑)


この撮影間隔を延ばせるのはD810以降のカメラからのようです。
ユーザーから多数の要望があったのかな。


Dsc_2243_2

2018年3月16日 (金)

遅れてやってきたピーク!?

けさ雨がチョロチョロ降る中、シラス漁の撮影に行きました。
吉野川大橋、吉野川橋、しらさぎ大橋付近には結構多くの船が
出ていました。解禁当初は絶不調で今後、鰻の蒲焼は喰えんや言う
話もありましたが船が出てるってことは、少しは獲れているんで
しょうね。
明日も潮は良さそうなので、撮影に行かれる方はどうぞ。


Dsc_2212

蜂須賀桜満開

チャリ漕いで行って来ましたよ。助任川沿いの蜂須賀桜見物に。
ほぼ満開でした。幼稚園!?、保育所!?の子ども達がつぎつぎ訪れ、
賑やかでした。子どもの明るい歓声はイイですね~。元気を
もらえます。ずっーと聞かされると、うざいって思うかもしれませんが(笑)


Dsc_5989
▲川の中の花見もできます。


Dsc_2095
▲蜂須賀桜トンネル


2018年3月14日 (水)

武家屋敷の蜂須賀桜

原田家(武家屋敷)の蜂須賀桜が八分咲きです。
きのうの午前中時間が出来たので行ってきましたが、
平日の割に訪れる人が多かったです。


Dsc_1924
▲母屋と蜂須賀桜


Dsc_1943
▲背景をぼかして


Dsc_1912
▲塀の外から


Dsc_5764
▲青空と蜂須賀桜






2018年3月 5日 (月)

祖谷の集落

先週、仕事で行った祖谷の集落から。東祖谷では路肩にまだ大きな
雪の塊を積み上げてありました。市内に住んでいると、まさかこの時期に
と思いますが徳島も広いですね。そしてこんな山の上に家なんてあるの~って
二度ビックリ。住めば都なんだと思いますが、歳を取ると生活は厳しいで
しょうね。


Dsc_0941
▲小さな集落が点在する。


Dsc_0934
▲古民家の軒先に置いてあった臼と蓑。まだ現役!?(笑)



2018年3月 1日 (木)

穴吹川

なんやかんやでブログの更新怠っていました。ふと気づくと
はや3月。春一番が吹き温かい朝です。


先日穴吹の奥に仕事に行き、久しぶりに潜水橋に寄って橋の
たもとで昼ごはん食べました。透き通った清流を見ながら、カップ
ラーメンすすりましたが、外飯の旨い事(笑) これから段々春
ですねー。出かける機会が増えそうです。


Dsc_4685


« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »