« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月21日 (金)

星谷運動公園の彼岸花

定番中の定番の星谷、彼岸花です。花が咲く前に
堤防の草を刈ってくれているので、雑草が目立ちません。
今年は特に綺麗でした。


昨日のブログで紅葉のことを書きましたが、今朝の徳島新聞に
「県内紅葉 今年も鮮やか」と書かれています。「え、今年も?」
って去年どこが鮮やかだった(笑) と思うのです。


Dsc_1321_2
Dsc_4171_2

_dsc2937_2
▲ジロウギュの紅葉 2012年10月初旬




2018年9月20日 (木)

彼岸花ロード

吉野川の堤防道路両サイドに彼岸花が今を盛りに咲いています。
密度のまばらな所もありますが、およそ200mに亘って咲く様は壮観
です。散歩する人、走る人の目の保養になっています。でも、車の人は
見ないでくださいね(笑)


今週から来週にかけてぐずついた天気が続く様です。
今年は日照りが続いたり、雨ばっかりとか極端な日が多く
山の植物に大きなダメージを与えているようです。
紅葉がどうなるか気になります。


Dsc_1238
▲南斜面のほうが多く咲いています。

2018年9月19日 (水)

田んぼの花道

彼岸花が咲く季節になりました。まだ暑い時もありますが、
季節は一段すすみました。彼岸花の赤と熟れた稲穂の黄色が
美しい時をむかえています。


Dsc_1332
▲彼岸花が描く赤い曲線(勝浦町)

2018年9月18日 (火)

霧の鶴林寺

久しぶりに勝浦方面に行くと山の上の方が白っぽく見えたので、
鶴林寺まで行ってみました。狙い通り境内は霧に覆われ、山寺の
荘厳さが際立っていました。


暫くすると小さい子ども二人を連れた若い夫婦が来られたので、
写真を撮らせてもらいました。聞くと千葉から来ているとのこと。
しかも逆打ち。よほどのことだろうと想像しますが、理由を
尋ねるのも憚られたので、心のなかで結願をお祈りしました。


Dsc_1091
▲山門前に30分以上いたけど、お遍路さん誰もこん(笑)。霧でエエ雰囲気なのに。


Dsc_1130
▲霧が晴れて若い夫婦が…。願いよ叶え!!




2018年9月10日 (月)

サーファーがいない海

最近、毎日雨ですね~。今日も降っています。山のほうに
撮影に行きたいと思っていても、スーパー林道はファガスの
森から先は行けないようで困ったものです。


かと言って海も晴れでないと、さっぱりやし…。
家に籠ってばかりではストレス溜まりますね。
先日はグループの写真展を見てきました。ジャンルが
違いますが刺激を受けて、こっちもガンバロ~って
気になりました。


Dsc_3277

2018年9月 6日 (木)

秋の予感

台風21号typhoonの通過で急に秋めいてきました。やっと、涼しくなるのかな?
それにしても21号は大阪で大きな被害を与えました。特に関空は暫く使えないん
じゃないですか。まさか滑走路が水に浸かったり、船が連絡橋にあたって
使えなくなるなんて、想定外と関係者は思っているかも知れませんが、これからの
自然災害はどんなことが起こるか分かりませんね。そう言ってる間にも北海道で
大きな地震が…。日本は災害列島ですね。shock


Dsc_3306


2018年9月 5日 (水)

朝の山霧

牟岐の山々に霧がかかり、なかなか良い景色に。
早朝の清々しさが感じられたので、思わず写真を
撮ってみました。


この景色にプラスしてJRの列車でも通ってくれたらと
思いましたが、時刻表を調べたら、5分ぐらい前に通過した
ばかり。次のはと言えば一時間後。速攻で諦めました(笑)


Dsc_0649
▲夏場、この川で子どもたちがよく泳いでいるのを見ます。(牟岐川)

2018年9月 4日 (火)

台風の通り道か徳島は!?

台風21号が20号の付けた道をなぞるように通り過ぎていきました。
雨風はそれなりに強かったですが、あっと言う間の出来事でした。
テレビ各局は徳島県内からの中継映像を流していましたが、海陽町の
鞆浦漁港はNHKのライブ放送ですっかり有名になりましたね(笑)


台風報道ですぐに名前が思い浮かぶのは、枕崎・足摺岬・桂浜・室戸岬・
串本・尾鷲などですが鞆浦も全国に知れ渡ったかもね。


Dsc_0692
▲荒波が押し寄せる大浜海岸(美波町)



晩夏の出来事

父親の入院、付添などで牟岐の海部病院と、徳島市内を往ったりきたりして
ブログ更新を怠っていました。そのオヤジは8月31日に亡くなり、9月1日に葬式を
執り行いました。享年85歳なので日本人男性の平均寿命より少し長く生きました。


歳の順番で逝ったので、これはしょうがないと思う反面、オヤジの亡くなる
一週間前には自分の従妹が59歳で、両親より早く逝ってしまう不幸が…。
こちらは辛い、悲しい。その人の運命といっても、この不条理は受け入れがたい。


Dsc_6724

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »