« 吉野川点描:雑草塊 | トップページ | 吉野川点描:カンドリ舟 »

2019年10月16日 (水)

吉野川点描:洪水被害に思うこと

台風19号が全国各地に残した被害で最も大きいのは河川の
決壊によるものと思います。徳島にも吉野川、那賀川など大きな
川があり、万が一決壊すれば広範囲に被害が広がります。
ちょっと前、第十堰を可動堰化する計画がありましたが
住民団体の反対でポシャリました。あの当時に比べ予想がつかない
ほど台風が強力になっており、やっぱり作っておくべきだったと
いうことにならないか心配です。

昔、流域にある藍屋敷は何度も洪水被害にあったので、
石垣を水の流れの方向に向け高く積んだり、軒下に家人を避難させる
平型舟を吊ったりしました。最悪は葦葺き屋根に上り繋いである
ロープを切り離しそれに乗って避難することも考えていたようです。
それぐらい昔の人は備えていたのに、当時の運動は現在起きて
いる自然現象をどうみているのかなと思います。

Dsc_6328

« 吉野川点描:雑草塊 | トップページ | 吉野川点描:カンドリ舟 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 吉野川点描:雑草塊 | トップページ | 吉野川点描:カンドリ舟 »

最近の記事と写真

  • Dsc_31731
  • Dsc_3234
  • Dsc_2854
  • Dsc_0757
  • Dsc_0693
  • Dsc_0575
  • Dsc_2469
  • Dsc_0543
  • Dsc_2484
  • Hime-1
  • Dsc_3775
  • Dsc_3787
  • Dsc_1678
  • Dsc_1682
  • Dsc_3487
  • Dsc_3469
  • Dsc_3470
  • Dsc_1124
  • Dsc_1127
  • Dsc_0875
  • Dsc_9760
  • Dsc_0711_20230503083501
  • Dsc_8906
  • Dsc_8918
  • Dsc_8950
無料ブログはココログ