旅行・地域

2016年2月12日 (金)

[番外編]神戸南京町の春節祭

きのう日帰りで南京町の春節祭を見に行ってました。
いわゆる旧正月で数日に亘って正月を祝うイベントが
開催されます。
中国本土からの爆買い観光客が南京町まで流れ込んで
メチャクチャ多いのかと思いましたが、それらしい人たち
には出会いませんでした。


Dsc_0494
▲南京町の入口、長安門。

Dsc_0265
▲中国音楽を奏でる女性。珍しい楽器です。何て言うのかな?


Dsc_0374
Dsc_0313
▲中国舞踊を披露する子どもたち。


Dsc_0506
▲とにかく赤が目立ちます。好きなんですね(笑)









2015年5月 1日 (金)

[番外編]奈良の古刹の花めぐり② 室生寺

写真家、土門拳の愛した寺でシャクナゲで
有名ですが、今年はあいにく裏年のようで花は
数えるぐらいしか咲いてなかったです。まあ、
しょうがないですね。こんな年もあります。

7年か8年前にも訪ねて行ってますが、忘れかけた
記憶も現地にいくと思いだすもので、太鼓橋があって
石段を登ると搭があったと思い起こしました。
女人高野と呼ばれ、高野山に行けない女性を向えてきました。
その割に石段一つ一つが高く、小柄な人は歩きにくい
のではと思いました。


Dsc_7380
▲人通りが途絶えるのを待って撮影。搭を照らす光が印象的。


Dsc_7403
▲シャクナゲの小路


Dsc_7285
▲新緑とシャクナゲ




2015年4月30日 (木)

[番外編]奈良の古刹の花めぐり① 當麻寺

奈良県葛城市の當麻寺(とうまじ)に行ってきました。
歴史あるお寺でお堂はいくつもあります。その中の西南院は
ボタン寺として知られています。赤や紫、白のボタンが
見応えありました。それとここの庭園は見事なものです。
秋、紅葉の季節にまた来たいところです。


Dsc_7234_2
▲ボタンが咲き誇る。豪華で華やかですね。


Dsc_7182_2
▲古都の風情いっぱいの庭園と三重の塔


Dsc_7197_2
▲静かな佇まいの庭園。書院縁側では抹茶がいただける。




2015年4月 6日 (月)

[番外編]広島尾道

文学と映画と造船の町、それにラーメンの町
尾道に行ってきました。
あいにくの雨ですっきりしませんでしたが、桜
咲く千光寺などを楽しんできました。


帰ってから尾道ラーメンを食べましたが、
美味しかったです。汁に麩のようなものが
入ってましたが、あれが特徴!?


Dsc_4350
▲千光寺山から尾道市街、尾道水道を眺める。


Dsc_4340
▲霞と桜、これはこれで風情があります。


Dsc_4397
▲係留中の貨物船。近くで見るとデカい。




2014年12月 1日 (月)

[番外編①]四国霊場82番札所 根香寺の紅葉

ちょっと高松まで遠征してきました。
むかし取材で行ったことあるお寺で、山門を
くぐったところが印象に残っていたので
また行きたいと思っていました。


行ってみると紅葉はほとんどが散って参道はモミジの
絨毯を敷いたような状態でとても綺麗でした。
地元在住のカメラマン氏と少しお話しましたが、
これほどきれいに散リ残ったのは数年ぶりだとおっしゃって
いたので、運が良かったのだと思います。


Dsc_3198
▲一面の落ち葉絨毯。木の種類の違いで落葉の色も変わってた。


_dsc0016
▲若いのに信心深い人も。


Dsc_3179
▲ここは特に落葉が深い(笑)





2014年11月27日 (木)

[番外編最終回 京都の紅葉]

長々、引っ張ってきた京都の紅葉シリーズこれで終わります。
最終回は京都の町中で目についたモノを取り上げてみました。


この時期の京都は移動が大変ですね。歩いても車で動いても
大混雑でした。四条だったかはっきり覚えていませんが、3車線の
道路のうち、2車線を歩道にする工事が始まっているとのことです。
こうなると増々、車の方は動かなくなりますね。そのうち
根本的な対策をしないと、どうにもならなくなる予感がします。


Dsc_2287_3
▲表情の面白い地蔵さんを見っけ。(^_^.)


Dsc_2426_3
▲着物姿で自撮りするお嬢さんたち。最近よく見かけます。


Dsc_2482_2
▲南禅寺境内にある疎水。なかなかレトロです。


Dsc_2505_2
▲西日が寺をオレンジに染める。







2014年11月26日 (水)

[番外編④ 京都の紅葉]南禅寺

南禅寺で有名なのは高さ22mにおよぶ三門で別名「天下龍門」と
呼ばれ、日本三大門の一つらしいです。
日本人は「三大●●」というのが好きですね~。現在の門は大坂夏の
陣に倒れた戦没者を弔うため、藤原高虎が再建したということです。
上に登れるようですが、時間が無かったのでパスしましたが、
あの天下の大泥棒、石川五右衛門が「絶景かな。絶景かな~」と
言ったらしいです。が、五右衛門が活躍していた時代には、まだ三門は
再建されていなかったようです。「なんだ~、嘘かよ」(笑)。


Dsc_2537
▲立派な三門です。上に登っている人の姿が見えます。
   みんな「絶景かな。絶景かな~」と言ってるのかな~(笑)。


Dsc_2458
▲釣り鐘と紅葉。


Dsc_2450
▲西日が当たっていい感じになりました。


Dsc_2464
▲本坊と紅葉。






2014年11月24日 (月)

[番外編② 京都の紅葉]清水寺

誰もが知っている清水寺ですが、紅葉の見所は
意外に少なく感じました。大勢の人の中、あっちこっちと
撮りましたが、やはりこの絵柄に落ち着きました。


Dsc_2327_2
▲写真奥の建物工事中で順路が多少変わっていました。

2014年8月26日 (火)

[番外編②]桔梗の蘆山寺を訪ねる

桔梗の咲く寺で有名な蘆山寺(ろさんじ)を訪ねました。
本堂から源氏庭と言われる桔梗の咲く庭を眺めましたが、
なかなか趣がありました。また、ここの寺は紫式部が源氏物語を
執筆したとも云われています。


_dsc0308
▲白い玉砂利が空を現し、苔の部分が雲を現しています。


_dsc0320
▲秋には見事な紅葉が見られることでしょう。


 

2014年6月 3日 (火)

[番外編]開創1200年の高野山へ

先週日曜に高野山へ行きました。開創1200年で凄い
混雑かと思えば、いつもの静かな高野山でした(笑)。
違う点は気温が6月に入ったばかりというのに、27.5度も
あったことです。薄いジャケット持っていってましたが、
全然必要なしでした。
奥の院のお参りでは灯篭堂地下3mにある弘法大師様の
御身影を初めて拝見しました。薄灯りの向こうの台座に
座られた大師と縁を結ぶことができました。
これって凄いことですよね!
※高野山開創は正式には2015年(平成27年)です。

_dsc9959
▲全国にある高野山真言宗3000寺の総本山、金剛峰寺(こんごうぶじ)。
  檜皮葺(ひわだぶき)の屋根が美しい。雷が落ちませんように…。

_dsc9993
▲大伽藍のなかの一つの寺社。うっそうとした森に光明が。

_dsc0019
▲朱塗りの鮮やかな根本大塔。こんな撮り方したら小さく感じ
  ますが、現物はとてつもなくデカい(笑)




より以前の記事一覧

その他のカテゴリー